• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 戸籍・住民の手続き > 除票・改製原住民票の保存期間

ここから本文です。

更新日:2016年12月19日

除票・改製原住民票の保存期間

平成28年12月19日から新住民記録システムが稼働いたしました。

新しい住民記録システムの稼働に伴い、転出、死亡等による除票と改製による改製前の住民票(改製原住民票)については、消除・改製の日から10年間を保存期間とします。保存期間を経過したものについては証明の交付ができませんのでご注意ください。

保存期間を経過したことにより住民票の交付を受けられない場合、「住民票廃棄済証明」(手数料300円)を交付することができます。なお、昭和61年11月22日の住民記録システム電算化以前の除票については、住民票廃棄済証明の交付を行なっておりませんのでご了承ください。

よくある質問

お問い合わせ

市民局市民文化部市民課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1216

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?