• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 消費生活 > 消費者注意報・トラブル情報 > 消費者への注意喚起(新型コロナウイルス関連)

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2020年3月13日

消費者への注意喚起(新型コロナウイルス関連)

根拠のない情報が拡散したり、新たな手口が発生する可能性があります。
不安を感じたらすぐに消費生活センターにご相談ください。

 怪しいメールや悪質商法等にご注意!

新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、「マスクを無料で送付する」などのタイトルでメールを送って関心を惹き、フィッシングサイトに誘導するような手口が確認されています。
また「○○の相場が上がる」など、怪しい投資の勧誘などにも十分注意が必要です。
・心当たりのない不審な送信元からのメールは絶対にアクセスしない。
・少しでも怪しい話はきっぱり断ることが大切。

 トイレットペーパーは不足していません!

SNSなどで、トイレットペーパーなどの紙製品が不足するという情報が広がったため、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙製品が店頭で品薄になっている状況がみられますが、経済産業省や業界団体からも、これらの製品はほとんどが国内生産されており、需要を満たす十分な供給量と在庫を確保しているとの情報提供がされています。
情報の正確性を確認し、落ち着いた行動をとりましょう。

経済産業省からのメッセージ

メッセージのポイント

  • トイレットペーパーの原料の供給には全く問題はありません。
  • 現在、トイレットペーパーの輸送量を2倍に増強しています。
  • トイレットペーパーの在庫も日本国民全体で3週間分に相当する量があります。
  • 通常どおり落ち着いてトイレットペーパーの購入をしていただくようお願いします。

 新型コロナウイルスに関連した感染症の発症に伴うマスクの転売防止について

マスクについて、インターネットなどで転売が散見されていることも踏まえ、政府がマスクの転売行為を禁止する措置を講じました。

これにより、小売事業者等から個人や事業者が購入したマスクを、店舗、フリーマーケットや露店、インターネット(SNS含む)等を通じた不特定又は多数の者へ取得価格を超える価格での販売行為が禁止されます。

  • 対象は家庭用や医療用などの衛生マスク
  • 違反者に対しては懲役一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金
  • 3月15日に施行

必要な方に届けるためにも、買い占めなどをせず、冷静で落ち着いた行動をお願いします。

 「新型コロナウイルス予防に効果あり」等の広告表示に注意!!

消費者庁は、新型コロナウイルスの予防効果をうたう商品等の不当表示に対する監視指導を実施しています。
現時点で、健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤等の商品については、当該ウイルスに対する効果を裏付ける根拠は認められていませんので御注意ください。
手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう。

ご相談は

鹿児島市消費生活センター

Tel:099-808-7500(相談専用)

消費者ホットライン

Tel:188

警察相談専用電話

Tel:♯9110

関連情報へのリンク

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局市民文化部消費生活センター

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-808-7512

ファクス:099-808-7501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?