• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2019年3月18日

消防車両の紹介

消防署には、いろいろな火事や災害から市民を守るために、消防ポンプ自動車をはじめとして、はしご車、救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)、救急車(きゅうきゅうしゃ)などのたくさんの消防車などがあります。
(下のなまえをクリックしてみよう!)

泡原液搬送車(あわげんえきはんそうしゃ)

 泡原液搬送車

石油(せきゆ)タンク火災(かさい)のときに化学車(かがくしゃ)に泡原液(あわげんえき)(泡(あわ)を作(つく)る薬(くすり))を送(おく)る車(くるま)です。タンクに4000リットルの泡原液(あわげんえき)を積(つ)んでいます。

 

ミニ車(みにしゃ)

ミニ車

小型動力(こがたどうりょく)ポンプ(小さな消防(しょうぼう)ポンプ)を積(つ)んでいて、ポンプ車(しゃ)などが入(はい)れないせまい道路(どうろ)などで活躍(かつやく)します。

  

高規格救急車(こうきかくきゅうきゅうしゃ)

高規格救急車

救急車(きゅうきゅうしゃ)は、火災現場(かさいげんば)や交通事故(こうつうじこ)でけがをした人(ひと)や急病(きゅうびょう)の人(ひと)を病院(びょういん)にはこびます。
高規格救急車(こうきかくきゅうきゅうしゃ)は、救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし)が乗(の)っていて,病院(びょういん)の医師(いし)と電話(でんわ)で連絡(れんらく)をとり、高度(こうど)な応急手当(おうきゅうてあて)をします。

小型動力ポンプ積載車(こがたどうりょくぽんぷせきさいしゃ)

積載車

小型動力(こがたどうりょく)ポンプ(小(ちい)さな消防(しょうぼう)ポンプ)を積(つ)んだ車(くるま)で、消防分団(しょうぼうぶんだん)に置(お)いてあります。

  

水源車(すいげんしゃ)

水源車

タンクに5000リットルの水(みず)を積(つ)んでおり、近(ちか)くに消火栓(しょうかせん)などがない火災現場(かさいげんば)で使(つか)います。

防災車(ぼうさいしゃ)

防災車

桜島地区(さくらじまちく)に配置(はいち)しており、桜島爆発時等(さくらじまばくはつじなど)に、住民(じゅうみん)への広報(こうほう)や避難時(ひなんじ)の搬送手段(はんそうしゅだん)として使(つか)います。

  

資機材搬送車(しきざいはんそうしゃ)

資機材搬送車

災害現場(さいがいげんば)に救命(きゅうめい)ボートや多(おお)くの資機材(しきざい)を搬送(はんそう)するためのトラックです。

災害用二輪車(さいがいようにりんしゃ)(通称(つうしょう):赤(あか)バイ)

災害用二輪車(赤バイ)

大(おお)きな災害(さいがい)で車(くるま)が通(とお)ることができない道(みち)など、消防車(しょうぼうしゃ)より先(さき)に現場(げんば)で情報(じょうほう)を集(あつ)めたりする緊急用(きんきゅうよう)のバイクで、通称赤バイとして親しまれています。

 

ドクターカー(どくたーかー)

 ドクターカー

医師・看護師・救急救命士(いし・かんごし・きゅうきゅうきゅうめいし)が乗車(じょうしゃ)し、医療行為(いりょうこうい)や高度救命処置(こうどきゅうめいしょち)を行(おこな)う車両(しゃりょう)で、鹿児島市立病院(かごしましりつびょういん)に待機(たいき)しています。

 

大型化学高所放水車(おおがたかがくこうしょほうすいしゃ)

大型化学高所放水車

化学車(かがくしゃ)の機能(きのう)を併(あわ)せ持(も)つ車両(しゃりょう)で、石油(せきゆ)コンビナート火災等(かさいなど)において、高所(こうしょ)から化学泡(かがくあわ)による消火(しょうか)を行(おこな)うことができます。

  

救援車(きゅうえんしゃ)

 大規模災害発生時(だいきぼさいがいはっせいじ)、隊員搬送(たいいんはんそう)や軽傷者搬送等(けいしょうしゃはんそうなど)を行う車両です。

救援車

  

大型放水砲車(おおがたほうすいほうしゃ)

 ホースを1,000m分(ぶん)積載(せきさい)し、走行(そうこう)しながらホース延長(えんちょう)をする車両(しゃりょう)です。また、放水砲(ほうすいほう)を搭載(とうさい)し、100m先(さき)の火点(かてん)に毎分(まいふん)8,000ℓの放水(ほうすい)が可能(かのう)です。

 大型放水砲車

 

大容量送水車(だいようりょうそうすいしゃ)

 水中(すいちゅう)ポンプで海水等を(かいすいなど)を取水(しゅすい)し、1,000m先(さき)でも、毎分(まいふん)4,000ℓの送水(そうすい)が可能(かのう)な車両(しゃりょう)で、石油(せきゆ)コンビナート火災等(かさいなど)に対応(たいおう)します。

daiyouryousousuisha

  

無線中継車(むせんちゅうけいしゃ)

 車載型積載(しゃさいがたせきさい)アンテナを装備(そうび)し、現場(げんば)での無線通信(むせんつうしん)などの機能(きのう)を強化(きょうか)します。

無線中継車

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?