やさしいにほんご > こうれいしゃ・しょうがいしゃ > 介護保険制度(かいご ほけん せいど)

ここから本文です。

介護保険制度(かいご ほけん せいど)

高齢者(こうれいしゃ)などが、介護(かいご)を 必要(ひつよう)とする 状態(じょうたい)になっても、できるだけ 自分(じぶん)の 力(ちから)で 生活(せいかつ)できるように、 社会全体(しゃかい ぜんたい)で ささえあう 制度(せいど)です。

介護保険(かいご ほけん)の 被保険者(ひほけんしゃ)(入(はい)ることが できる人(ひと))

鹿児島市(かごしまし)に 住(す)む 40才(さい)以上(いじょう)の 人(ひと)

  • 第1号被保険者(だい いち ごう ひ ほけんしゃ)(65才(さい)以上(いじょう)の 人(ひと))
  • 第2号被保険者(だい に ごう ひ ほけんしゃ)(40才(さい)から 64才(さい)の 医療保険加入者(いりょう ほけん かにゅうしゃ))

サービス(さーびす)を 利用(りよう)できる人(ひと)(要介護(よう かいご)・要支援認定(よう しえん にんてい)を うけた人(ひと))

  • 第1号被保険者(だい いち ごう ひ ほけんしゃ)(65才(さい)以上(いじょう)の 人(ひと))
    ねたきりや 認知症(にんちしょう)などで、食事(しょくじ)、入浴(にゅうよく)、排(はい)せつなどの 日常(にちじょう)の 生活動作(せいかつ どうさ)に つねに介護(かいご)が 必要(ひつよう)な人(ひと)
    家事(かじ)や 身支度(みじたく:きがえなど)などの 日常生活(にちじょう せいかつ)に 支援(しえん)が 必要(ひつよう)な人(ひと)
  • 第2号被保険者(だい に ごう ひ ほけんしゃ)(40才(さい)から 64才(さい)の 医療保険加入者(いりょう ほけん かにゅうしゃ))
    初老期(しょろうき)の 認知症(にんちしょう)や 脳血管疾患(のうけっかん しっかん)などで 介護(かいご)や 支援(しえん)が 必要(ひつよう)な人(ひと)

サービス(さーびす)の 自己負担(じこ ふたん)

自己負担額(じこ ふたん がく:じぶんで はらう おかね)は 原則1割(げんそく いちわり)です。ただし、2割(にわり)の場合(ばあい)もあります。

保険料(ほけんりょう)

  1. 第1号被保険者(だい いち ごう ひ ほけんしゃ)(65才(さい)以上(いじょう)の 人(ひと))
    保険料額(ほけんりょう がく)は、3年(ねん)ごとに 見(み)なおされます。
  2. 第2号被保険者(だい に ごう ひ ほけんしゃ)(40才(さい)から 64才(さい)の 医療保険加入者(いりょう ほけん かにゅうしゃ))
    保険料額(ほけんりょう がく)は、入(はい)っている 医療保険(いりょう ほけん)ごとに きめられます。

サービス内容(さーびす ないよう)

  1. 在宅サービス(ざいたく さーびす)(要支援・要介護(よう しえん・よう かいご))・・・
    訪問介護(ほうもん かいご)、通所介護(つうしょ かいご)、訪問リハビリテーション(ほうもん りはびりてーしょん)、通所リハビリテーション(つうしょ りはびりてーしょん)、訪問入浴介護(ほうもん にゅうよく かいご)、福祉用具貸与(ふくし ようぐ たいよ)、住宅改修費(じゅうたく かいしゅう ひ)など
  2. 施設サービス(しせつ さーびす)(要介護(よう かいご))・・・
    介護老人福祉施設(かいご ろうじん ふくし しせつ)、介護老人保健施設(かいご ろうじん ほけん しせつ)、介護療養型医療施設(かいご りょうようがた いりょう しせつ)
  3. 地域密着型サービス(ちいき みっちゃくがた さーびす)・・・
    認知症対応型共同生活介護(にんちしょう たいおうがた きょうどう せいかつ かいご)(グループホーム(ぐるーぷ ほーむ))、小規模多機能型居宅介護(しょうきぼ たきのうがた きょたく かいご)など

問い合わせ(といあわせ)

介護保険課(かいご ほけんか)
TEL 099-216-1277
FAX 099-219-4559