ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

ユハイザッド・ビン・ユソフYushaizad Bin Yusof

Please tell us a bit about your home country/area, or the place you are living now?

あなたの母国や地域について教えてください。

Malaysia is a well-known country all around the world nowadays. Malaysia is situated in the middle of the South East Asia region and is peaceful, beautiful and fascinating. Blessed with natural resources, and in my opinion, she is a best place to live in terms of climate and her multi races lived happily and in harmony. This year, our government is promoting ‘Visit Malaysia 2006’ to encourage tourists throughout the world, to come and visit such beautiful beaches, islands, highlands, tropical jungles, shopping centres, and celebrates multiracial festivals and so on to offer.
My hometown, Kajang is very famous with a dish called ‘sate’. ‘Sate’ is a stewed and grilled meat or chicken in small pieces, pricked by a small bamboo stick. It is eaten with peanuts sauce, cucumber, and cooked rice in a cubic shape and sometimes with onion. Its so delicious, tasty and quite sweet. ‘Sate Kajang’ is very popular to Malaysian and foreigners who work here. I remember, during my study at Kagoshima University, we (Malaysian students) used to sell ‘sate’ during ‘University Open Days’. It is very much liked by customers and we sold it out in a few hours after we started the business. What a nice memories?

現在では、マレーシアは世界中で知られている国です。マレーシアは東南アジアの真ん中にあり、穏やかで、綺麗な、素晴らしい国です。天然資源に恵まれ、僕は、気候的には非常に住みやすい場所だと感じています。多民族のマレーシアの人々は皆幸せに、仲良く住んでいます。今年、マレーシア政府は「ビジットマレーシア2006」を促進していて、世界中からの観光客が綺麗な海辺、諸島、台地、熱帯ジャングル、ショッピングセンターなどを訪れることを推進し、様々な人種のお祭りなどを開催する等のプロモーションを行っています。
僕の故郷はカジャングで名物は「サーテ」と言う食べ物です。「サーテ」は細かく切った肉や鶏肉を煮込んだり焼いたりして、間に小さな竹の串を刺したものです。ピーナッツ・ソースやきゅうり、四角い形に調理されたご飯や時には玉ねぎなどと一緒に食べます。とても美味しくて、かなり甘いです。「カジャング・サーテ」はマレーシア人やここで働いている外国人にとても人気があります。鹿児島大学で勉強していた頃、僕達マレーシア人学生は、「オープンキャンパスの日」に「サーテ」を売っていたことを思い出します。お客様には大人気、開店から数時間で売れ切れました。良い思い出です......

Where would you recommend to visit within Kagoshima City?

鹿児島市滞在中に見つけた、あなたのお勧めの場所を教えてください。

Of course, it is Kagoshima University. Why do I suggest my university? It is because the university is a place for me and many other foreign students to gain knowledge and life experiences. I always thought that Kagoshima University constitutes the biggest portion of foreigners who lived in the city. Therefore, other than it’s core business, the university also is the centre of multiculture and to understand foreign languages, lifestyle, traditional costumes and opportunity to learn something from them. I’ve made a lot of friends there, such as students from Latin America, Africa, Europe and mainly from Asian countries. Furthermore, many of the distiguished friends are Kagoshima University’s ex-students.
The other place, where I would like to recommend is the infamous Sakurajima. Although she is a semiactive volcanoe, but still one of the main attraction of Kagoshima-ken. All my friends from other parts of Japan that came to visit me, wanted to go Sakurajima. I’ve experienced Sakurajima’s black ashes, whereby during her active days, I could hear the explosion and could see black smoke coming out from Ryugakusei Kaikan. The panorama was so fantastic and scenic, and I’ve not missed a chance to snap several photos. When a windy day, if the direction of the wind is towards the city, many places in the city will be covered by the dirty ashes. That day would become the busiest day in my life in the city because I was so busy cleaning and tidying my room and vehicle. Even though it seems annoying, I loved it since I would never experience such things in my country.

もちろん、鹿児島大学です。なぜかって?それは大学は僕や他の外国人学生が知識や人生経験を得る所だからです。僕は鹿児島市に住んでいる外国人に鹿児島大学は非常に大きな影響を与えているといつも考えていました。だから学問の場であるということ以外にも、鹿児島大学は、多文化や、外国の言語、生活様式、習慣等を理解し、それらから学習するための中心でもあります。そこで大勢の友達を作りました。例えば南米、アフリカ、欧米等の出身者がいましたが、主にはアジア人の学生でした。更に、フレンドシップパートナーの大半は元鹿児島大学生でもあります。
もう一つお勧めしたい場所は有名な桜島です。桜島は今でも準活火山ですが、鹿児島県では主要な観光地です。友達が遊びに来た時、鹿児島以外に住んでいる友達は、全員桜島に行きたがっていました。私は桜島の黒灰を経験したことがあります。桜島が活発な時には、留学生会館から爆発音が聞こえ、黒い煙が見えました。全景がとても素晴らしく、眺めが非常に良かったので、何枚か写真を撮りました。風の強い日には、風の方向が市街地の方に向くと、市内の至る所まで汚い灰で汚れます。そんな日は、僕にとって鹿児島市で一番忙しい日となりました。自分の部屋と自動車を綺麗に掃除しなければならなかったからです。掃除が大変でも、こんな経験は母国では経験することはできないので、逆に大好きでした。

What are you up to now?

あなたの最近の状況について紹介してください。

I am working as a lecturer at Universiti Kebangsaan Malaysia, Bangi. Three months after I left Kagoshima, I got the job. Working as a lecturer is very interesting, it is not only delivering a lecture to students, but also doing other tasks such as supervision, researching, a lot of opportunities to involve in social and welfare activities and sometimes managing the department activities. Now I am busy to prepare for my doctorate degree at University Malaya, Kuala Lumpur. I’ve a plan to collaborate my research with my Japanese counterpart, especially with lecturers from Kagoshima University.
Sometimes, when Kagoshima memories come across my mind, I always wish, hopefully one day, I have a chance to come back to Kagoshima City, together with my family. I would like to show to my children, the city who taught me a lot of things to become a matured man.

マレーシアバンギ地方のケバンサン大学で講師として仕事をしています。鹿児島を発って三ヵ月後、この仕事に就けました。講師としての仕事はとても面白いです。生徒に講義をするだけではなく、例えば生徒の監督や研究、社会的活動や福祉活動への参加、時には課の活動の管理などの、他の仕事に関わることもあります。今はクワラルンプールのマレア大学での博士号の取得準備で忙しいです。いつかは、日本人、特に鹿児島大学の同業研究者と共同研究をしたいと思っています。
時々、鹿児島の思い出が頭に浮かぶのですが、そんな時はいつも、いつかは家族と一緒に鹿児島市へ戻る機会があればいいなぁと考えます。僕に多くの事を教えてくれ、成熟した大人へと成長させてくれた場所でもある鹿児島を、自分の子供にも見せたいです。

お問い合わせ

総務局市長室国際交流課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1131

ファクス:099-224-8900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?