ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

市民とともに・平成28年12月号

この一年を振り返って

今年も残すところあとわずかとなりました。この1年、さまざまな出来事がありました。3月6日、記念すべき第1回大会となる「鹿児島マラソン2016」を開催し、県内外から1万2000人のランナーが早春の薩摩路を駆け抜け、数々のドラマを私たちに届けてくれました。

また、オリンピックイヤーの今年、本市出身としては最多の6人の代表選手が世界の大舞台で活躍する姿に感動するとともに、パラリンピックでは障害に負けない素晴らしいプレーに勇気と元気をもらいました。

そして、今年一番衝撃的な出来事が4月に発生した熊本地震です。熊本でまさかあのような大地震が起こるとは思っていませんでした。本市では、地震発生直後に緊急消防援助隊や保健師などを派遣したほか、現在も復興支援を行う職員を派遣しています。今後とも、あらゆる事態を想定した総合的な危機管理や防災力の強化・充実を図るとともに、国際認証を取得したセーフコミュニティの推進などにより、市民の皆さんの生命と財産を守るため、安全で安心なまちづくりを進めてまいります。

先般発表された国勢調査で国内の人口減が明らかになり、本市も初めて人口が減少する結果となりました。このような中、新たな少子化対策として、出会いの場を提供する企業対抗運動会の開催、保育士・保育所支援センターの設置など、結婚支援や子育て環境の充実に取り組みました。

また、各地区で魅力ある都市空間づくりが進み、まちの風景も大きく変わりつつあります。3月には谷山地区の鉄道の高架化に合わせて、JR谷山駅・慈眼寺駅が新しくなりました。そして、10月には上町地区に交流・にぎわいの場として「かんまちあ」がオープンしました。これからも都市の機能性や利便性の向上を図ってまいりたいと思います。

今後も「市民が主役の鹿児島市の実現」に、持てる力と情熱のすべてを傾注し、愛するかごしまのために全力投球いたします。真に豊かさを実感できる鹿児島市のまちづくりに一緒になって取り組んでまいりましょう。

よくある質問

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?