ここから本文です。

更新日:2016年7月1日

市民とともに・平成28年7月号

扇子でひとときの涼しさを

連日、蒸し暑い日が続いています。熱中症などに気を付けて万全の体調管理をしてください。この暑い夏を乗り切っていただくため、少しでも”涼”をお届けしたいと思い、扇子を取り上げてみました。

まず、扇子の起源ですが、その歴史は古く、平安時代に発明されたといわれています。涼を取ることはもちろん、昔から、落語や日本舞踊、お茶席など、日本文化には欠かせないものとなっています。

ジリジリと照りつける日差しの中、日陰に入ってバッグや上着から細長い扇子を取り出し、パタパタとあおぐことで、つかの間の涼に浸ることができます。また、いろいろな絵柄もあり、用と美を兼ね備えた扇子は、日本人の生活に根付き、うちわとは一味違った真夏の必需品となっています。

コンパクトにたためて、いつでもどこでも涼めるお気に入りの扇子で、ひとときの涼を感じてみてください。

六月灯の思い出

梅雨明けが待ち遠しい夏の夜、灯籠や夜店の明かり、行き交う浴衣姿がまちをにぎわす「六月灯」が市内各地で始まりました。

六月灯は、第二代薩摩藩主の島津光久が、現在の新照院町にあった上山寺の観音堂を建立したときに、沿道に灯籠をつけさせたのが始まりとも、また、牛馬の疫病はらいや田の害虫駆除を祈る民間行事が転じたのが始まりともいわれており、長い間、地域の皆さんに支えられ愛されている、鹿児島の夏の風物詩となっています。

この時期、毎日のように開催されている六月灯に、胸を躍らせながら向かう子どもたちや家族連れの姿を見ていると、私も子どもの頃の情景がよみがえってきます。

六月灯をはじめ、さまざまな地域の行事を、いつまでも心に残る思い出として、世代を超えてこれからも引き継いでいってほしいと願っています。

よくある質問

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?