• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 鹿児島市主催イベント等の取扱い(9月13日から適用)

ここから本文です。

更新日:2021年9月10日

鹿児島市主催イベント等の取扱い(9月13日から適用)

【本市のイベント等の取扱指針について(令和3年9月13日から適用)】
 
 新型コロナウイルス感染症対策における本市主催のイベント及び本市施設等を利用するイベントの取扱指針は、まん延防止等重点措置の適用が決定されたことを踏まえ、次のとおりとし、本指針に記載のない事項は、県の取扱いに準じるものとする。なお、期間は令和3年9月30日までとする。


1 イベントは、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長による令和2年11月12日付事務連絡(以下、「事務連絡」という。)にある「イベント開催時の必要な感染防止策」(以下、「必要な感染防止策」という。)に留意して開催すること。

2 全国的又は広域的な人の移動が見込まれるイベントは、中止を含めて慎重に検討すること。なお、必要な感染防止策に加え、事務連絡にある「野外フェス等における感染防止策」の具体的な条件がすべて担保される場合には、開催可能とする。

3 全国的な移動を伴うイベント又はイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントについては、事務連絡にある「イベントの大規模化に伴い高まるリスクへの対策」にある対策を検討するとともに、県に事前相談を行うこと。また、収容率上限
100%を適用したイベントについては、結果報告等を適切に行うこと。

4 イベント参加者が1,000人以下で収容率上限100%を適用したイベントについては、結果報告資料等をホームページで公表するなど、適切に対応すること。

5 イベントは県内の感染状況に留意しつつ開催するものとし、必要に応じて中止又は延期等を再検討すること。

6 イベントを開催するにあたっては、参加者に「新しい生活様式」に基づく行動を促すとともに、屋内での十分な換気や手指消毒、マスク着用、参加者の連絡先把握、発熱等の症状がある人には参加自粛を呼びかけるなどの基本的な感染防止策を徹底すること。

7 本市の施設等を利用する民間主催のイベントについては、イベント主催者や出演者は、本指針及び業種別ガイドラインに基づく対策を遵守すること。また、3及び4に該当する場合は、主催者は県に事前相談や結果報告等を適切に行うこと。

8 イベントにおける人数上限の目安は次のとおりとする。

(1)大声での歓声、声援等がないイベント(観客間のクラスター等が発生していないことが確認された催物の形態であることを前提とする。)
 
 ア 使用する施設等に収容定員が設定されている、又は座席が固定されている場合
 収容率100%以内又は5,000人のいずれか小さい方を限度とする。
 
 イ 使用する施設等に収容定員が設定されていない場合
  密が発生しない程度の間隔(最低限、人と人が接触しない程度の間隔)を確保することとする。

(2)大声での歓声、声援等が想定されるイベント
 ア 使用する施設等に収容定員が設定されている、又は座席が固定されている場合
 収容率50%以内又は5,000人のいずれか小さい方を限度とする。ただし、次に該当するときは50%を超える場合がある。
 ・参加者で異なるグループ間又は個人間では座席を一席空けることとしつつ、同一グループ(5人以内に限る。)では座席の間隔を空ける必要はない。

 イ 使用する施設等に収容定員が設定されていない場合
  十分な人と人との間隔(1m)を確保することとする。

 ウ 飲食を伴うイベント
  飲食を伴うイベントは、(1)に該当しないものとして取り扱う。ただし、イベント中の発声がないことを前提とするものについては、事務連絡にある「映画館等(飲食を伴うものの発声がないもの)における感染防止策」に記載された条件がすべて担保される場合に限り、イベント中に飲食を伴っても(1)に該当するものとして扱うことができることとする。

【参考】
ア 大声での歓声、声援等がないイベント等の例
・クラシック音楽や歌劇、合唱、吹奏楽等コンサートの音楽
・現代演劇、児童演劇、人形劇、ミュージカル等の演劇等
・バレエ、現代舞踊等の舞踊
・雅楽、能楽、文楽等の伝統芸能
・講談、落語、漫才等の芸能・演芸
・各種講演会、説明会、ワークショップ、入学式、卒業式等の公演・式典
・各種展示会、商談会等の展示会など

イ 大声での歓声、声援等が想定されるイベント等の例
・ロックコンサート、ポップコンサート、ライブ等の音楽
・サッカー、野球等のスポーツイベント
・キャラクターショー、親子会公演等の公演など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。