ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

市民とともに・平成27年9月号

国勢調査が始まります!

今年は5年に1度実施される国勢調査の年です。今回は、大正9年の第1回調査から数えて20回目に当たり、95年の歴史を有することになります。10月1日を基準日として、国内に住んでいる全ての人を対象とする国の最も重要な統計調査で、その結果は、福祉施策や防災計画、生活環境をはじめ、日本の未来をつくるために必要な政策の計画づくりの基礎になっています。
本市でも保育所の整備計画や介護保険の事業計画策定などに活用し、子どもから高齢者まで健やかに暮らせる安全で安心なまちづくりなど、将来を見据えた施策の推進に役立てています。
また、これまでの調査結果から、日本の人口が昭和45年には初めて1億人を超えたこと、また、前回の国勢調査では単身世帯が最も多くなっていることなど、社会情勢の推移や動向なども見えてきます。
今回から、調査票への記入以外に、パソコンやスマートフォンにも対応したインターネット回答もできるようになりましたので、ぜひご活用ください。市民の皆さん一人一人の調査が日本の未来につながっていく国勢調査です。ご協力をよろしくお願いします。

行楽の秋

2学期に入り、運動会の練習がそろそろ始まる頃となりました。日中はまだ残暑が厳しいですが、ひと雨ごとに涼しさが増し、市内各地では、ぶどう狩りや栗拾いなど、実りの秋を楽しめる時季を迎えました。
7月には、8県11市にわたる「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録され、本市の構成資産である「旧集成館」「寺山炭窯跡」「関吉の疎水溝」も大きく注目を浴びるこ
ととなりました。
世界文化遺産をはじめとした本市の多彩な魅力を市民の皆さんにもっと知っていただくために、今月の特集では、同遺産の3つの資産をバスで巡るツアーなどを紹介しています。
南北約51キロメートル、東西約33キロメートルに広がる風光明媚なわがまち鹿児島市の魅力再発見めぐりに出かけてみませんか。

よくある質問

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?