ここから本文です。

更新日:2016年2月1日

市民とともに・平成28年2月号

薩長同盟から150年

幕末の1866年、日本の行く末を案じ新たな時代を築こうと、薩摩藩と長州藩の間で「薩長同盟」が結ばれました。この同盟が明治維新の契機となり、その後の我が国の発展へとつながっていきました。その縁で先月21日、本市は、山口県萩市と友好交流に関する盟約を締結しました。すでに民間での交流も始まっており、今後、新しい時代に向けて官民一体となって交流の輪を広げていきたいと思っています。
この薩長同盟の仲介役を果たしたとされる坂本龍馬が、妻のお龍を伴い鹿児島を訪れたのも同じ頃です。日本で初めての新婚旅行だといわれています。龍馬をはじめ当時の人々にとって、鹿児島のまちはどのように映っていたのでしょうか。
それから150年、明治、大正、昭和とさまざまな歴史の変遷を経て、現在、本市は南九州の中核都市として発展を続けています。
薩長同盟の実現に向けて奔走した先人たちが夢見た新しい時代を生きる私たちは、今後も時代の流れと変化を体感しながら、住む人も訪れる人も魅了するまちの一員として、これからも輝き続けるよう努力していきたいものです。

障害のある人にやさしいまちづくり

”みんなちがって、みんないい”これは、童謡詩人金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」という詩の一節です。誰でも得意、不得意がありますが、この詩はそれをひとつの個性ととらえて、思いやりとやさしさに満ちたまなざしで、読む者を温かい気持ちにさせてくれます。
本市では、障害の有無にかかわらず、全ての人がお互いを尊重し、支え合いながら、地域の中でともに生活する社会の実現を目指して、障害者福祉の充実・向上に努めているところです。
今年4月には「障害者差別解消法」が施行されるなど、障害のある人を取り巻く環境の整備が一層進むことになります。このような中、今回は障害者福祉について理解を深めていただきたいと思い、特集で取り上げました。
障害のある人にやさしいまちは、子どもから高齢者まで全ての人にやさしいまちといえます。それぞれが個性を生かしながら、住み慣れた地域で生き生きと健やかに暮らせるまちづくりに取り組んでまいりますので、事業者や市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

よくある質問

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?