ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

市民とともに・平成26年3月号

街角で春を感じて

厳しかった寒さも徐々に和らぎ始め、街のあちらこちらで、かわいらしい花やほころぶ新芽を目にするようになりました。今月15日からは、甲突川河畔で春の風物詩木市も始まり、桜並木も出番を待っています。
さて、本市では、これまで花と緑があふれるまちづくりを積極的に進めてまいりました。公園や交差点にある56カ所・約5800平方メートルに及ぶ花壇をはじめ、緑の芝生が敷き詰められた市電の軌道敷などのポピーやパンジーは、心を軽やかにし、春の訪れを感じさせてくれます。これからの季節、鹿児島中央駅前の立体花壇に咲く花や、ナポリ通りからパース通りに咲き誇る色鮮やかなツツジは、南国鹿児島の春の魅力を演出し、多くの観光客を魅了することでしょう。また、本市では、町内会や通り会など、市民の皆さんと一緒になった”花いっぱい運動”も進めています。
心に潤いや安らぎを与える、街角の花や公園の木々を眺め、春の息吹を感じてみてはいかがでしょうか。

国際交流で心を一つに

4年に一度の冬季オリンピック・ソチ大会は、世界各国の人々に多くの感動を与え、スポーツを通して心を一つに結びつけてくれました。
現在、本市では、国際交流を一層進めるため、米国、韓国、中国出身の国際交流アドバイザー(CIR)が活動しており、国際交流イベントの企画などのほか、世界各地に、本市の”旬”の情報をお届けしています。
市内での活動の一つとして、児童クラブや保育園、お達者クラブなどに出向いて交流する取り組みも行っております。平成25年度は、既に50回・600人を超える皆さんが、CIRと一緒に歌やゲーム、会話を楽しみながら、海外の生活や文化の一端に触れています。参加者からは、「風習や生活習慣の違いに驚いた」、「外国を身近に感じた」などの感想が寄せられています。
一方、3人のCIRからも、市民の皆さんと接して「日本の良さがより分かってきた」という話も聞いています。国際交流を深め合い、もっと世界を身近にするため、CIRの皆さんと一つになってみませんか。

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?