ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

市民とともに・平成26年5月号

自然遊歩道を散策

本市は桜島や錦江湾など雄大な自然に囲まれ、5000種以上のさまざまな動植物が生息する恵み豊かな環境を先祖から受け継いできました。これらの自然環境は私たちの大切な財産であり、未来へしっかりと引き継ぐことが私たちの責務であると思います。
自然の魅力を再発見し、自然との共生を体感してもらうため、市内には城山や慈眼寺など7箇所の自然遊歩道を設けており、2キロから15キロのコースがあります。
新緑の美しいこの季節、自然遊歩道を歩くと、初夏の訪れを告げるホトトギスの声が聞こえてきます。また、ウグイスやシジュウカラなど多くの野鳥を観察することができます。
5月10日から16日までは愛鳥週間です。鳥のさえずりを聴きながら自然遊歩道を散策して、鹿児島の豊かな恵みを満喫してみませんか。

一人一人の心掛け

5月30日はごみゼロの日です。本市では平成10年から「缶・びん」の分別収集を開始し、現在では15種類のごみ分別を行っています。
「ごみ」として出す前に資源になるものはないか少し考えてみる、生ごみの水分をよく切ってから捨てるなど、日頃の心掛けでごみを減らせる工夫はたくさんあります。
また、PTAや町内会が中心となって行っている資源物回収活動や民間会社、団体が主催する清掃活動などさまざまな環境活動が行われています。これらの活動に参加することは、地域の環境や資源の有効活用について考える貴重な機会となり、環境保全やリサイクルに対する意識の向上につながります。
地域で朝夕に犬の散歩をしながらごみを拾い、登下校中の子どもたちを見守る姿も見られます。
一人一人のちょっとした思いや行い、心掛けが美しいまちや温かい地域づくりの大きな力につながると思います。

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?