ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

市民とともに・平成26年10月号

鹿児島商業高等学校・鹿児島女子高等学校創立120周年

先月、鹿児島商業高等学校と鹿児島女子高等学校の生徒さんが、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の結果報告に訪れてくれました。ご存じのとおり、両校のバレーボール部が3位、陸上では倉岡奈々さんが女子1500メートルで1位という成績を収めるなど、目覚ましい活躍ぶりに私自身大変うれしく、市民の皆さんにも大きな感動を与えてくれたのではないかと思っています。

両校は、明治27年10月1日、易居町に鹿児島簡易商業学校、鹿児島女子実業補習学校として創立され、このたび120周年を迎えました。長い歴史の中で校舎移転、合併分離を経てきましたが、創立以来の礼儀と品格を重んじる校風のもと、巣立った卒業生は各界で活躍しておられます。
商業高校の校章は桜の花で、女子高校の校章は梅の花です。これは、それぞれの生徒が目標に向かって努力し、人生で花開いてほしいという思いも込められているのではないでしょうか。これからも両校の一層の躍進を期待しています。

黄金色に輝く八重の棚田

郡山地域の八重山から市街地へ流れ出す甲突川の源流域に位置する八重地区には、先人の知恵と努力により築かれ、代々大切に受け継がれてきた美しい石積みの棚田が約240枚広がっています。この棚田を守るために、本市はここを平成25年10月に景観形成重点地区に指定しました。
また、地元の方々も「八重地区棚田保全委員会」を設立し、農業体験イベントなどを通じて、棚田の保全に取り組んでおられます。米作り体験では、6月の田植えに始まり、7月に田の草取り、そして、今月末には、鎌を使う昔ながらの稲刈りが行われます。豊かに実った稲を慣れない手つきながら一生懸命刈り取って束ねる子どもたちの汗と笑顔が輝きます。子どもたちにとって、自分で育てた新米は何よりのご馳走だと思います。
今の時期は稲穂が実り一面黄金色になる、一年で最も美しい田園風景を楽しめます。皆さんも涼風吹き渡る八重の棚田を訪ねてみませんか。

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?