ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

市民とともに・平成26年11月号

市制125周年・新生鹿児島市10周年を迎えて

鹿児島市は本年、明治22年の市制施行から125周年、平成16年の合併により新生鹿児島市が誕生してから10周年という節目を迎えました。
日本で最初の市の一つとして人口約5万8千人で誕生した本市は、桜島の大正噴火や第二次世界大戦、8・6水害など幾多の困難を乗り越え、今や60万人を超える南九州の中核都市として大きく発展しています。
また、合併から10年の時を経て、新市まちづくり計画の推進や市民相互の交流などの取り組みにより、市域全体の一体化と各地域の特性や資源を生かした魅力づくりが進んでいます。
昨今の我が国の状況は、少子高齢化の進行や人口減少局面への移行に加え、国境を越えた人やモノ、文化、情報などの移動の活発化など、時代の大きな転換期を迎えていますが、本市においては、これらの課題解決の鍵となる「環境」、「子育て」、「教育」、「健康」、「経済」、「観光」、「協働」の7つの重点施策を中心に取り組んでおり、本市の魅力や特性を国内外に積極的に発信しながら都市の活力を高めるとともに、市民が安心して安全に暮らせるまちづくりを推進しています。
市制の節目にあたり、私は、市制施行から125年の長い年月の間、本市発展の礎を築いてこられた先人たちの英知と努力に感謝しつつ、これまでのあゆみを振り返り、未来への飛躍を展望しながら、市政をもっと前へ進める決意を新たにしております。
そのためにも、ふるさと鹿児島を愛する市民の皆さまの情熱や知恵、行動力を結集し、共に考え、共に行動しながら、「人・まち・みどりみんなで創る”豊かさ〞実感都市・かごしま」の実現に向け、力強くまい進してまいります。

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?