ここから本文です。

更新日:2015年5月1日

市民とともに・平成27年4月号

地方創生へ力強い一歩を

平成27年度がスタートしました。街角で、真新しいスーツに身を包む新社会人の初々しい姿や、子どもたちが新入生を囲みながら楽しそうに登校する微笑ましい様子を目にします。また、色とりどりの花が咲き誇り、木々も芽吹くなど、人も自然も新しい動きが始まる季節です。
さて、我が国は、今後急速に進む人口減少を克服し、活力ある地域社会をつくるため、地方創生に総力を挙げて取り組むこととしています。本市においても1月には、私を本部長とする推進本部を立ち上げ、このたび新たな組織も設けました。地方にとって難しい課題ではありますが、本市の将来を見据え、挑戦する気き概がいを持って、総合戦略の策定・推進に積極的に取り組んでいきたいと考えています。
このような中、地方創生の実質的なスタートとなる今年度、限られた財源の中で、健全財政の維持と地域活性化のバランスに配慮しながら、一般会計で過去最高となる2419億円の予算を編成しました。
”ひと〞の暮らしを「ささえる」、”まち〞の魅力を「みがく」、”しごと〞で活力を「つくる」の3つを地方創生の扉を開くキーワードに掲げ、本市の未来に明るく確かな展望が拓けるよう、予算に反映したところです。
具体的には、マニフェストで市民の皆さんと約束した7つの基本政策に基づいて、高齢者福祉センター伊敷(仮称)や西部親子つどいの広場(仮称)の建築工事に着手するほか、国民文化祭や鹿児島マラソン(仮称)を開催するなど、本市の特性を生かした取り組みを積極的に展開しながら、「人・まち・みどり みんなで創る”豊かさ〞実感都市・かごしま」の実現を目指し、全力を傾けてまいります。
今月号の特集では、この予算の概要を紹介しています。誇りうる鹿児島のまちを、次の世代に責任を持って引き継いでいけるよう、地方創生への力強い一歩を踏み出す年として、市民の皆さんとともに”市政をもっと前へ〞進めてまいりますので、一層のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

よくある質問

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?