• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 市長ほっとコーナー > 市長フォト・ライブラリー

ここから本文です。

更新日:2019年3月18日

市長フォト・ライブラリー

市長が市民の皆さんと参加した主な催し物や、市長室を訪れたお客様の様子などを、写真と市長のコメントで紹介する「市長フォト・ライブラリー」。
写真は、随時更新します。どうぞご覧ください。

また、市長が出席・参加する主な会議・催しなどの情報は、「今後の市長の動き」をクリックしてください。

2月22日(金曜日)観光客受入環境充実に向けた連携協定締結式(特別会議室)

無料Wi-Fiスポットの拡充など外国人観光客の受入環境を整えるため、NTTメディアサプライ、西日本電信電話、三井不動産リアルティと連携協定を締結しました。森市長は、「宿泊客らがこれまで以上に安心、快適に観光できるようになる」と感謝を述べました。

観光客受入環境充実に向けた連携協定締結式1 観光客受入環境充実に向けた連携協定締結式2

2月22日(金曜日)”豊かさ実感”都市・かごしま応援寄附金に対する感謝状贈呈式(応接室)

返礼品のない企業版のふるさと納税「かごしま応援寄附金」に寄付をいただいたサンケイ化学株式会社の福谷明社長に、森市長が感謝状を贈呈しました。森市長は、「街づくりに関わる施設に活用したい」と感謝を述べました。

豊かさ実感都市・かごしま応援寄附金に対する感謝状贈呈式1 )”豊かさ実感”都市・かごしま応援寄附金に対する感謝状贈呈式2

2月21日(木曜日)簡易筆談器の寄附に対する感謝状贈呈式(応接室)

かきポンくん(簡易筆談器)を寄附していただいた株式会社アウトソーシングビジネスサービスに、森市長が感謝状を贈呈しました。

簡易筆談器の寄附に伴う感謝状贈呈式1 簡易筆談器の寄附に対する感謝状贈呈式2

2月18日(月曜日)MSCクルーズジャパン社長市長表敬(応接室)

イタリア・ナポリ市のクルーズ船社MSCクルーズの日本法人のモレリ代表取締役社長らが森市長を表敬。引き続きの本市への寄港と、ナポリ市とのさらなる交流が期待されます。

MSCクルーズジャパン社長市長表敬1 MSCクルーズジャパン社長市長表敬2

2月12日(火曜日)松本山雅FC社長らが市長を訪問(応接室)

鹿児島市でキャンプ中の松本山雅FCの神田文之社長らが森市長を訪問し、キャンプの近況や今季の意気込みを伝えました。同チームのキャンプは、今年で7回目となります。

松本山雅FC社長らが市長を訪問1 松本山雅FC社長らが市長を訪問2

2月9日(土曜日)原子力防災訓練(郡山中央構造改善センター)

県内の関係自治体が行う原子力防災訓練にあわせて、本市独自の訓練を実施。郡山地域の住民の避難訓練や避難所運営訓練を森市長が視察し、「地域や関係機関の協力により充実した訓練ができた」と総評しました。

2019原子力防災訓練1 2019原子力防災訓練2

2月8日(金曜日)mark MEIZAN(マークメイザン)完成記念式典(mark MEIZAN)

ソフトプラザかごしまをリニューアルし、デザインや広告といったクリエイティブ産業のための拠点施設「mark MEIZAN」をオープンし完成記念式典を開催しました。

mark MEIZAN(マークメイザン)完成記念式典1 mark MEIZAN(マークメイザン)完成記念式典

2月7日(木曜日)災害時における消防用水の確保に関する協力協定締結式(応接室)

鹿児島生コンクリート協同組合、垂水桜島地区生コンクリート協同組合と、火災や地震、風水害などの災害が発生した際に、コンクリートミキサー車を使用して消防用水を確保する協定を締結しました。

2019災害時における消防用水の確保に関する協力協定締結式1 2019災害時における消防用水の確保に関する協力協定締結式2

2月7日(木曜日)環境管理事業所認定制度における優良事業所表彰式(応接室)

本市では事業活動に伴う環境負荷の低減を図るため、平成17年度から「鹿児島市環境管理指針」に沿って適正に環境管理を実施している事業所を認定しています。そのうち、特に環境管理に熱意をもって取り組み、他の模範となる5事業所を優良事業所として表彰しました。

2019環境管理事業所認定制度における優良事業所表彰式1 2019環境管理事業所認定制度における優良事業所表彰式2

2月7日(木曜日)明治維新150周年記念 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式(本館特別会議室)

市内の9エリア44か所のラリーポイントを巡って応募する「ぐるっとかごしまスタンプラリー」の今年度の賞品贈呈式を行いました。

明治維新150周年記念 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式1 明治維新150周年記念 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式2

2月4日(月曜日)北前船寄港地フォーラム開催市共同記者会見(東京都)

江戸時代から明治にかけて日本海を中心に航行していた商船「北前船」にゆかりのある地域が交流する「北前船寄港地フォーラム」が来年1月に本市で開催されます。2019年度に開催予定の4市の首長らが開いた合同会見で、森市長は「鹿児島は北前船の恩恵を受けた地域。北前船をキーワードに生まれる新たな交流を街の活力に変えたい」と抱負を述べました。

北前船寄港地フォーラム開催共同記者会見1 北前船寄港地フォーラム開催市共同記者会見2

2月1日(金曜日)清水エスパルス社長らが市長を訪問(応接室)

鹿児島市でキャンプ中のJリーグ、清水エスパルスの左伴繁雄社長と杉田壮ホームタウン営業部長が森市長を訪問し、キャンプの近況や今季の意気込みを伝えました。同チームのキャンプは、今年で14回目となります。

2019清水エスパルス社長らが市長を訪問1 2019清水エスパルス社長らが市長を訪問2

2月1日(金曜日)ジュビロ磐田社長らが市長を訪問(応接室)

ヤマハ発動機株式会社の柳弘之会長と、鹿児島市でキャンプ中のJリーグ・ジュビロ磐田の小野勝社長が森市長を訪問しキャンプの近況や今季の意気込みを伝えました。同チームのキャンプは、今年で22回目となります。

2019ジュビロ磐田社長らが市長を訪問1 2019ジュビロ磐田社長らが市長を訪問2

1月30日(水曜日)GMOペパボ株式会社との立地協定締結式(応接室)

個人や法人にインターネットインフラを提供するGMOペパボ株式会社が、本市に事業所を新設するにあたり、立地協定を締結しました。森市長は「本市のIT人材の雇用や、経済活性化に寄与するよう期待しています」とあいさつしました。

GMOペパボ株式会社との立地協定締結式1 GMOペパボ株式会社との立地協定締結式2

1月30日(水曜日)鹿児島ユナイテッドFCキャンプの激励訪問(県立サッカー・ラグビー場)

本市で春季キャンプ中の鹿児島ユナイテッドFCの激励のため、森市長が練習前に訪問しました。森市長は、鹿児島黒牛の肉などを贈呈し「日本一に輝いた縁起のいい鹿児島黒牛を食べて、充実した練習を行ってください」とあいさつしました。

鹿児島ユナイテッドFCキャンプの激励訪問1 30年度ユナイテッド激励

1月29日(火曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付をされた鹿児島電気工事業協同組合と鹿児島リバティライオンズクラブに、森市長が感謝状を贈呈しました。基金は、ひとり親家庭の子どもへの図書カード贈呈などに充てられます。

30年度愛の福祉基金感謝状贈呈式 30年度愛の福祉基金感謝状贈呈式2

1月25日(金曜日)高規格救急車の購入のための寄附に係る感謝状贈呈式(応接室)

平和リース株式会社の代表取締役松田真義氏より、高規格救急車の購入費用として寄附をいただき、森市長が感謝状を贈呈しました。

30年度高規格救急車の購入のための寄附に係る感謝状贈呈式1 30年度高規格救急車の購入のための寄附に係る感謝状贈呈式2

1月19日(土曜日)ストリート陸上 in Kagoshima(天文館アーケード)

2020年開催の「かごしま国体・かごしま大会」をPRするカウントダウンイベントを開催。北京五輪メダリストの朝原宣治さんや昨年の福井国体成年男子100メートル6位の白石黄良々さん、公募で選ばれた小学生らが仮設の陸上トラックを駆け抜け、会場を盛り上げました。

ストリート陸上inKagoshima1 ストリート陸上inKagoshima2

1月14日(月曜日)西郷どん大河ドラマ館閉館セレモニー(西郷どん 大河ドラマ館)

昨年1月13日に開館し、55万3052人が訪れた「西郷どん 大河ドラマ館」の閉館セレモニーを行いました。森市長は「鹿児島を盛り上げ、郷土に愛着を持つ良いきっかけになりました」とあいさつしました。

西郷どん大河ドラマ館閉館セレモニー1 西郷どん大河ドラマ館閉館セレモニー2

1月13日(日曜日)新成人のつどい(市民文化ホール)、手をつなぐ育成会成人式(知的障害者福祉センター)

新成人のつどいと手をつなぐ育成会の成人式を開催し、それぞれの会場に合わせて約5000人の新成人が集まりました。色鮮やかな振り袖やスーツに身を包み、久しぶりに会う友人と写真撮影をしたり、思い出話に花を咲かせたりしていました。

31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式1 31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式2

31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式3 31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式4

1月13日(日曜日)消防出初式(消防総合訓練研修センター)

新春恒例の鹿児島市消防出初式を開催しました。消防演技や初参加の女性分団による小隊訓練などを通じ、防火・防災に対する意識を高めるとともに、今年1年が災害や事故のない平穏な1年であることを願いました。

31年出初式1 31年消防出初式2

31年消防出初式3

1月12日(土曜日)桜島火山爆発総合防災訓練(桜島溶岩グラウンドほか)

大正3年1月12日の桜島大噴火を教訓に、昭和46年から開始し、今回で49回目となる桜島火山爆発総合防災訓練を実施しました。新たに周辺自治体などと連携し、島内から市街地の避難所(長田中学校)へフェリーやバスで複数地区を経由して避難する訓練を行いました。

30年度桜島火山爆発総合防災訓練1 30年度桜島火山爆発総合防災訓練5

30年度桜島火山爆発総合防災訓練2 30年度桜島火山爆発総合防災訓練3 

30年度桜島火山爆発総合防災訓練4

1月11日(金曜日)吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に(本館特別会議室)

各界で活躍している方を通して、本市の魅力を広く全国に紹介する「鹿児島市ふるさと大使」を、吉俣良氏(作曲・編曲家)に委嘱しました。吉俣氏は、「鹿児島愛が人一倍強いと言われている。大使としての責任を果たしていきたい」と抱負を語りました。また同日、市役所みなと大通り別館であったランチタイムコンサートにも急遽出演し会場を沸かせました。

吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に1 吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に2

吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に3 吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に4

1月11日(金曜日)大規模災害時における相談業務等に関する協定締結式(本館特別会議室)

大規模災害時の相談業務や家屋被害認定調査、平時の消防活動などについて、県弁護士会、県司法書士会、県建築士事務所協会、県解体工事業協会、南九州解体工事協力会と協定を締結しました。森市長は「各分野の専門家が相談に応じていただけることは、行政や市民の大きな助けになる」とお礼を述べました。

30年度大規模災害時における相談業務等に関する協定締結式1 30年度大規模災害時における相談業務等に関する協定締結式2

1月5日(土曜日)魚類市場・青果市場初競り(各市場)

鹿児島市中央卸売市場の魚類市場と青果市場で、新春恒例の初競りが行われました。両市場で森市長が力強く振鈴を鳴り響かせ、威勢のよい競り人のかけ声とともに、数多くの新鮮な魚や青果が次々と競り落とされ、活気あるスタートとなりました。

31年魚類市場・青果市場初競り1 31年魚類市場・青果市場初競り2

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?