• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 市長ほっとコーナー > 市長フォト・ライブラリー

ここから本文です。

更新日:2017年10月20日

市長フォト・ライブラリー

市長が市民の皆さんと参加した主な催し物や、市長室を訪れたお客様の様子などを、写真と市長のコメントで紹介する「市長フォト・ライブラリー」。
写真は、随時更新します。どうぞご覧ください。

また、市長が出席・参加する主な会議・催しなどの情報は、「今後の市長の動き」をクリックしてください。

 

9月29日(金曜日)生誕150年記念 藤島武二展開場式(市立美術館)

市立美術館で、特別企画展「生誕150年記念 藤島武二展」が始まり、エントランスホールで開場式を行いました。

藤島武二展開場式1 藤島武二展開場式2

9月27日(水曜日)災害時における福祉避難所等の人的支援に関する協力協定締結式(本館特別会議室)

災害発生時の福祉避難所等で、要配慮者に対する生活支援・生活相談などを行う専門職の派遣について、県看護協会、県栄養士会、県社会福祉士会、県介護福祉士会、県理学療法士・作業療法士・言語聴覚士連絡協議会、県介護支援専門員協議会、県精神保健福祉士協会、県臨床心理士会と協力協定を締結しました。

災害時における福祉避難所等の人的支援に関する協力協定締結式1 災害時における福祉避難所等の人的支援に関する協力協定締結式2

9月25日(月曜日)福岡県朝倉市への派遣職員出発式(市長室)

平成29年7月九州北部豪雨災害で被災した福岡県朝倉市を支援するために職員を派遣することを決定し、6か月間派遣される2人を森市長が激励しました。

福岡県朝倉市への派遣職員出発式

9月22日(金曜日)マイアミ―鹿児島姉妹都市交流促進委員会委員が市長を訪問(市長室)

青少年の翼事業(アメリカ・マイアミ市派遣)で現地のコーディネート等にご協力いただいているマイアミ―鹿児島姉妹都市交流促進委員会のヨシコ・カールトン委員が森市長を訪問しました。

マイアミ-鹿児島姉妹都市交流促進委員会委員の市長表敬訪問1 マイアミ-鹿児島姉妹都市交流促進委員会委員の市長表敬訪問2

9月14日(木曜日)3×3(スリー・バイ・スリー)バスケットボールチームのエクスプローラーズ鹿児島が市長を訪問(市長室)

バスケットボール3人制プロリーグに鹿児島から初参戦したEXPLORERS KAGOSHIMA.EXE(エクスプローラーズ鹿児島)の山下和紀代表代理や中園隆一郎選手など6人が市長を訪問し、今季の報告などを行いました。

エクスプローラーズ鹿児島市長表敬1 エクスプローラーズ鹿児島市長表敬2

9月8日(金曜日)日中友好交流都市卓球交歓大会帰国報告会(本館特別会議室)

日中国交正常化45周年を記念し北京市で開催された日中友好交流都市中学生卓球交歓大会に長沙市との合同チームを編成し参加した中学生が森市長を訪問し、帰国報告を行いました。

日中友好交流都市卓球交歓大会報告1 日中友好交流都市卓球交歓大会報告2

9月8日(金曜日)敬老訪問(谷山中央一丁目、上福元町)

敬老の日を前に、森市長が満88歳を迎えられた谷山中央一丁目にお住まいの青木孝子さんと上福元町にお住まいの小原純忠さんを訪問し、祝状や記念品などを贈呈しました。

敬老訪問1 敬老訪問2

9月7日(木曜日)高齢者の運転免許自主返納優遇制度認定証交付セレモニー(本館特別会議室)

高齢運転者の交通事故防止対策の一つとして、運転免許証を自主返納した高齢者に対する優遇制度を実施するにあたり、同制度に協賛する12事業者へ認定証を交付しました。

運転免許返納自主返納優遇制度認定証セレモニー1 運転免許返納自主返納優遇制度認定証セレモニー2 

9月5日(火曜日)すこやか長寿まつりグラウンド・ゴルフ大会(かごしま健康の森公園)

高齢者の生きがいづくり、健康づくりを推進するとともに家族や地域とのつながりを実感できるスポーツ・文化のイベント「すこやか長寿まつり」。この日は健康の森公園でグラウンド・ゴルフ大会が開催され、晴天の下、多くの高齢者が競技を行いました。

すこやか長寿まつり1 すこやか長寿まつり2

9月4日(月曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(市長室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付されたアフタープラス2(ツー)株式会社と株式会社江口土木に、森市長が感謝状を贈呈しました。基金は、ひとり親家庭の児童への図書カード贈呈などに充てられます。

0904愛の福祉基金感謝状贈呈式1 0904愛の福祉基金感謝状贈呈式2

8月31日(木曜日)平成29年度市政報告会(東京都)

東京都内で今年度の市政報告会を開催し、森市長が29年度の主要施策について本県出身者約600名の出席者に報告しました。来年の明治維新150年やNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』放送などを契機に、豊かな地域の魅力を生かしながらさらに力強く前進していく本市の姿を紹介しました。

平成29年度市政報告会1 平成29年度市政報告会2

8月31日(木曜日)渋谷区と観光・文化交流協定を締結(東京都)

平成10年から開催している「渋谷・鹿児島おはら祭」が20回の節目を迎えたことを契機に、本市と渋谷区との観光や文化の交流をより促進することを目的として、観光・文化交流協定を締結しました。

渋谷区と観光・文化交流協定締結1 渋谷区と観光・文化交流協定締結2

8月31日(木曜日)明治維新150周年記念鹿児島マラソン2018募集開始イベント(天文館ベルク広場)

平成30年3月4日に開催する「明治維新150周年記念鹿児島マラソン2018」への参加を呼びかけるイベントを開催し、本市出身でバレーボール元日本代表の迫田さおりさんのアンバサダー就任セレモニーや、カウントダウンボードの除幕を行いました。

鹿児島マラソン2018募集開始イベント1 鹿児島マラソン2018募集開始イベント2

8月30日(水曜日)市長とふれあいトーク(ソーホー会議室)

「スポーツ」をテーマに、地域スポーツクラブなど5団体18人の皆さんと懇談しました。参加者からは、鹿児島マラソンでのおもてなしや施設の駐車場増設などについて意見や質問が出されました。

8月30日市長とふれあいトーク1 8月30日市長とふれあいトーク2

8月30日(水曜日)ラグビー桑水流裕策選手が市長を訪問(市長室)

9月2日に鹿児島県立鴨池陸上競技場でジャパンラグビートップリーグ第3節が開催されるのに伴い、コカ・コーラレッドスパークス所属の桑水流裕策選手が森市長を訪問し、試合への意気込みを伝えました。森市長は、「鹿児島の多くのファンに素晴らしいプレーを見せて、魅了してほしい」と話しました。

桑水流選手市長表敬1 桑水流選手市長表敬2

8月29日(火曜日)大龍小学校の児童が市長を訪問(本館特別会議室)

市立大龍小学校の児童や学校関係者が、姉妹校盟約を結んでいる鶴岡市立朝暘第二小学校への親善訪問を前に森市長を訪問し、児童代表が交流への期待や抱負を述べました。森市長は、「交流を通して、両市の発展の懸け橋になってほしい」と話しました。

大龍小学校市長表敬1 大龍小学校市長表敬2

8月23日(水曜日)~26日(土曜日)長沙市との友好都市締結35周年に伴う記念訪問(中国)

中国・長沙市との友好都市締結35周年を記念して、森市長を団長とする訪問団が長沙市と上海市を訪問しました。長沙市では、35周年を記念しての植樹や記念式典のほか祝賀会が行われ、交流を深めました。

長沙市との友好都市締結35周年に伴う記念訪問1 長沙市との友好都市締結35周年に伴う記念訪問2

8月19日(土曜日)第17回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会(鹿児島港本港区)

九州初の2尺玉4発同時打ち上げのほか大河ドラマ『西郷(せご)どん』や明治維新150周年をイメージした演出などがあり、約14万人の来場者でにぎわいました。

第17回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会1 第17回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会2

8月17日(木曜日)ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクール表彰式(本館特別会議室)

ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクールの表彰式が行われ、2つの部門で特選に選ばれた児童に森市長が賞状などを贈りました。児童から工夫した点や環境に関する思いを聞いた森市長は、「みんなで一緒に環境にやさしいまちづくりに取り組んでいきましょう」と話しました。

ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクール表彰式1 ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクール表彰式2

8月15日(火曜日)第二次世界大戦戦亡者慰霊祭(城山町)

遺族をはじめ関係者などが参列して探勝園の第二次世界大戦敵味方戦亡者慰霊碑前で厳かに行われました。戦亡者に対し森市長や児童代表などから慰霊のことばが捧げられた後、献花を行いました。

第二次世界大戦戦亡者慰霊祭1 第二次世界大戦戦亡者慰霊祭2

8月10日(木曜日)秋元司国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣を市長が訪問(東京都)

第三次安倍改造内閣の国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣に就任された秋元司衆議院議員(武岡台高校出身)を、森市長が訪問しました。

秋元氏を訪問

8月9日(水曜日)清水エスパルス鹿児島デー(静岡県静岡市)

本市で毎年春季キャンプを行っているJ1クラブチーム清水エスパルスの公式戦で、応援・激励し、さらに鹿児島市をPRするために、観光キャンペーン「鹿児島デー」を開催しました。試合開始前後には、森市長から両チームへ激励品や、逆転勝利を収めた清水エスパルスに最優秀選手賞などの目録を贈呈しました。

清水エスパルス鹿児島デー1 清水エスパルス鹿児島デー2

8月9日(水曜日)桜島火山活動対策協議会の中央府省等への要望活動(東京都)

鹿児島市、垂水市、霧島市、鹿屋市の4市で構成し森市長が会長を務める桜島火山活動対策協議会が、大規模噴火時の軽石・降灰処分の調査研究などに向け、関係省庁に予算確保を求めました。

櫻島火山活動対策協議会要望活動1 櫻島火山活動対策協議会要望活動2

8月9日(水曜日)鹿児島港臨港道路の整備促進に関する要望活動(東京都)

平成29年度新規事業として採択された鹿児島港臨港道路(鴨池中央港区線)について、引き続き地元市として整備促進に向けた取り組みが重要となることから、国土交通省に対し要望活動を行いました。

臨港道路要望活動1 臨港道路要望活動2

8月9日(水曜日)ジャズピアニスト松本圭使氏が市長を訪問(市長室)

本市を中心に活動するジャズピアニストで、昨年度鹿児島市春の新人賞を受賞した松本圭使氏が森市長を訪問しました。

松本圭使氏市長表敬1 松本圭使氏市長表敬2

8月8日(火曜日)市長とふれあいトーク(郡山公民館)

郡山地域のコミュニティ協議会や商工会など7団体56人の皆さんと懇談しました。参加者からは、公園の活用や避難所の環境改善、国際教育などについて多くの意見や質問が出されました。

8月8日市長とふれあいトーク1 8月8日市長とふれあいトーク2

8月8日(火曜日)アーチェリー競技全国大会優勝を市長へ報告(市長室)

第12回全日本小学生中学生アーチェリー選手権大会で、本県で初優勝した玉江小学校6年の泉華蓮選手が、森市長へ優勝報告を行いました。森市長は、「素晴らしい活躍。2020年のかごしま国体でも活躍を期待しています」とエールを送りました。

アーチェリー全国大会優勝報告1 アーチェリー全国大会優勝報告2

8月2日(水曜日)九州市長会会長として九州北部豪雨被災地を激励訪問(朝倉市・日田市)

森市長は、九州市長会の会長として、平成29年7月九州北部豪雨で大きな被害が生じた朝倉市と日田市を訪れ、両市の住民の皆さんへのお見舞いと激励の気持ちを伝えました。また、被災地の視察も行い、朝倉市・日田市の両市長とそれぞれ災害対策に関する意見交換を行いました。

九州北部豪雨被災地視察1 九州北部豪雨被災地視察2

8月1日(火曜日)鹿児島レブナイズが市長を訪問(市長室)

本市をホームタウンとするプロバスケットボールクラブ、鹿児島レブナイズの小牧正英代表取締役と松崎圭介選手が、B3リーグ加盟の報告などのため森市長を訪問しました。森市長は、「強いレブナイズになって、市外・県外からも多くの人を呼び込んでほしい」と激励しました。
レブナイズ市長表敬1 レブナイズ市長表敬2

7月25日(火曜日)~28日(金曜日)インドネシア大規模噴火対策現地調査(インドネシア)

国内では近年事例のない現代都市への大量降灰対策について調査するため、インドネシアにおける大規模噴火の被災自治体等を、京都大学防災研究所の井口正人教授らとともに訪問しました。観測所や被災地、火山の視察のほか、火山防災に関する意見交換などを行いました。

インドネシア視察1 インドネシア視察2

7月21日(金曜日)鶴岡市・大垣市派遣中学生親善使節団激励式(市教育総合センター)

兄弟都市である山形県鶴岡市と、薩摩義士による木曽三川治水工事を縁として都市交流が始まった岐阜県大垣市に親善使節団として派遣される中学生たちの激励式を行いました。

鶴岡市・大垣市派遣中学生親善使節団激励式1 鶴岡市・大垣市派遣中学生親善使節団激励式2

7月21日(金曜日)バーナデット・ワッツ画業50年展オープニングセレモニー(かごしまメルヘン館)

「バーナデット・ワッツ画業50年展 アンデルセンとグリムの世界」の開催を記念して、オープニングセレモニーを行いました。

バーナデット・ワッツ画業50年展セレモニー1 バーナデット・ワッツ画業50年展セレモニー2

7月20日(木曜日)災害協定締結式(市長室)

ゼンリン、ミドリ安全鹿児島、NPO法人コメリ災害対策センター、損保保険ジャパン日本興亜の4者と、災害時の地図利用や復旧作業に必要な資材の供給のほか、人形劇団による防災講座の実施や危機管理に詳しい人材の派遣などについて協定を締結しました。森市長は「災害に対する態勢強化に協力いただきありがたい」とあいさつしました。

災害協定締結式1 災害協定締結式2

災害協定締結式3 災害協定締結式4

7月19日(水曜日)日中友好交流都市卓球交歓大会結団式(本館特別会議室)

日中国交正常化45周年を記念して中国・北京市で開催される「日中友好交流都市中学生卓球大会」に出場する訪問団の結団式を行い、選手として参加する松元中2年の長谷川さんと鴨池中2年の池上さんらを森市長が「多くの友達をつくって交流を深めてほしい」と激励しました。

日中友好交流都市卓球交歓大会結団式1 日中友好交流都市卓球交歓大会結団式2

7月19日(水曜日)西上太鼓踊り保存会が市長を訪問(市長室)

長野県松本市との文化・観光交流協定締結5周年を記念して7月末の「国宝松本城太鼓まつり」に本市から派遣する「西上太鼓踊り保存会」(郡山地区)の方々が森市長を訪問しました。

西上太鼓踊り保存会1 西上太鼓踊り保存会2

7月18日(火曜日)市優良工事等表彰式(本館特別会議室)

本市では、建設技術の進歩向上と公共工事の品質の確保を図るため、より良い施工技術や創意工夫、優れた施工管理により完成した優良な工事の施工者や技術者を表彰しています。今回、平成28年度に完成した約900件の工事の中から3部門11件(土木5件、建築3件、設備3件)を選定し、表彰式を行いました。

優良工事等表彰式

7月14日(金曜日)フレンドシップパートナー委嘱式(本館特別会議室)

本市に在住した外国人に、帰国後も本市と母国の懸け橋として交流を続けてもらうため、フレンドシップパートナーに委嘱しました。森市長が6人に委嘱状を手渡し、「いつまでも鹿児島市を愛して」とお願いしました。

フレンドシップパートナー委嘱式1 フレンドシップパートナー委嘱式2

7月13日(木曜日)鹿児島湾直下地震の現地確認(喜入町ほか)

7月11日に喜入沖を震源とする震度5強の地震が発生したことを受け、森市長が石油基地やがけ崩れ現場の状況確認を行いました。

喜入視察1 鹿児島湾直下地震の現地確認2

7月10日(月曜日)外国人留学生への図書カード・共通乗車カード等贈呈式(本館特別会議室)

外国人留学生の学業の充実や鹿児島への理解促進を図るため、図書カードや共通乗車カードなどを贈呈しました。森市長は、「学業をより充実させるとともに、市電やバスで市内各地を散策しながら歴史や文化に触れ、鹿児島への理解をより一層深めていただきたい」とあいさつしました。

外国人留学生への図書カード贈呈式1 外国人留学生への図書カード贈呈式2

7月10日(月曜日)愛の福祉基金への寄付に対する紺綬褒章伝達式(市長室)

公益のため私財を寄付した個人や団体に国から授与される紺綬褒章を、建設業の渡辺組が本市の「愛の福祉基金」へ寄付を行ったことにより受章し、この日、伝達式を行いました。

愛の福祉基金への寄付に対する紺綬褒章伝達式1 愛の福祉基金への寄付に対する紺綬褒章伝達式2

7月7日(金曜日)かごしまの夕べで鹿児島市をPR(神戸市)

神戸鹿児島県人会連合会会員などの参加のもと神戸市で開催された「かごしまの夕べ」で、森市長が本市の観光や明治維新150年・大河ドラマ「西郷どん」に向けた取り組みをPRしました。また、同日、神戸市長を表敬訪問したほか、「阪神・淡路大震災 鹿児島県出身犠牲者慰霊碑」への献花を行いました。

かごしまの夕べ(神戸)1 かごしまの夕べ(神戸)2

7月5日(水曜日)市長とふれあいトーク(市教育総合センター)

「観光」をテーマに、業界団体やNPOなど6団体31人の皆さんと懇談しました。参加者からは、観光案内所や各交通機関、バリアフリーの推進などについて多くの意見や質問が出されました。

7月5日市長とふれあいトーク1 7月5日市長とふれあいトーク2

7月5日(水曜日)鹿児島商業・鹿児島女子高校の全国大会出場市長報告(本館特別会議室)

今年度、全国高等学校総合体育大会等に出場することになった鹿児島商業高校と鹿児島女子高校の29人が報告のため訪問し、森市長は、「健闘を心から祈っている」と激励の言葉を掛けました。

鹿商・女子高の全国大会出場市長報告1 鹿商・女子高の全国大会出場市長報告2

7月5日(水曜日)災害対策本部設置訓練(災害対策本部室)

南海トラフを震源とするマグニチュード9.1の地震が発生したことを想定した、災害対策本部設置訓練を実施しました。訓練では、対策部ごとに被害状況や今後の対応方針を報告・共有し、本部長である森市長から今後の対応に関する指示を行うまでの流れを確認しました。

災害対策本部設置訓練1 災害対策本部設置訓練2

6月30日(金曜日)フィギュアスケーター プルシェンコ氏が市長を訪問(市長室)

フィギュアスケーターでトリノオリンピック金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏が森市長を訪問しました。森市長は、「鹿児島のおいしい焼酎なども堪能を」と歓迎しました。

プルシェンコ氏1 プルシェンコ氏2

6月29日(木曜日)七ツ島サンライフプール優待券目録贈呈式(市長室)

本坊商店グループより、鹿児島市内の小・中学生約52,000人に、七ツ島サンライフプール優待券が贈呈されることとなり、会長の本坊松一郎氏から森市長へ、目録が贈呈されました。

サンライフプール優待券贈呈式1 サンライフプール優待券贈呈式2

6月27日(火曜日)資源物回収活動実施優良団体表彰式(本館特別会議室)

資源物回収活動を通じてごみ減量運動の推進に積極的に協力していただいた町内会やPTAなどの6団体を、優良団体として表彰しました。

資源物回収活動表彰式1 資源物回収活動表彰式2

6月22日(木曜日)駐日ベトナム特命全権大使が市長を訪問(市長室)

グエン・クオック・クオン駐日ベトナム特命全権大使が森市長を訪問しました。

駐日ベトナム特命全権大使1 駐日ベトナム特命全権大使2

6月16日(金曜日)マイアミ市の高校生が市長を訪問(本館特別会議室)

本市の姉妹都市であるアメリカ・マイアミ市から、ホームステイや学校交流などのために来鹿している高校生3人が、森市長を訪問しました。森市長は、「食や桜島など鹿児島の魅力を楽しんで」と歓迎しました。

マイアミ高校生1 マイアミ高校生2

6月15日(木曜日)サッポロビール株式会社九州本部長が市長を訪問(市長室)

サッポロビール株式会社が、本市の「明治維新150年維新のふるさと鹿児島市」のロゴマークを取り入れた商品を発売するにあたり、森市長を訪問しました。森市長は、「薩摩の人がサッポロビールを作り、交流が続いている。その足跡を伝えていきたい」とあいさつしました。

サッポロビール1 サッポロビール2

6月12日(月曜日)株式会社Wiz(ワイズ)と立地協定を締結(市長室)

インターネット回線など通信インフラを提供するIT通信事業をはじめ、広告事業、ヘルスケア事業など多角的に事業を展開している株式会社Wiz(ワイズ)が中心市街地にコールセンターを新設するにあたり、立地協定を締結しました。

Wizとの立地協定締結式1 Wizとの立地協定締結式2

6月12日(月曜日)災害時における福祉用具等の供給協定を締結(市長室)

災害発生時に避難所などで要配慮者が必要とする介護用品・衛生用品等の福祉用具等物資の供給等について迅速に対応してもらえるよう、日本福祉用具供給協会と協力協定を締結しました。

災害福祉用具等供給協定締結式1 災害福祉用具等供給協定締結式2

6月9日(金曜日)ドイツの高校生が市長を訪問(市長室)

鹿児島南ロータリークラブが受け入れているドイツの高校生3人が森市長を訪問しました。森市長は、「鹿児島で多くの友達を作って交流を深め、ドイツの日本の交流促進にお手伝いをしてほしい」と歓迎しました。

ドイツ高校生1 ドイツ高校生2

6月9日(金曜日)魚霊祭・優良出荷者表彰式(魚類市場)

日常の食生活に欠かせない魚介類に感謝の気持ちを込めて、供養及び稚魚の放流を行う魚霊祭と、優良出荷者表彰式が行われ、森市長が子どもたちと一緒にマダイの放流などを行いました。

魚霊祭1 魚霊祭2

6月4日(日曜日)松本市・鹿児島市 文化・交流都市デー(長野県松本市)

本市と文化・観光交流協定を結ぶ長野県松本市の松本平広域公園総合球技場(アルウィン)でのJリーグ松本山雅FCの試合において、「協定締結5周年記念 松本市・鹿児島市 文化・観光交流都市デー」を開催しました。森市長は特産品の配布やキックインなどを行い、本市をPRしました。

松本市鹿児島デー1 松本市鹿児島デー2

6月2日(金曜日)イタリア共和国ナショナルデーレセプションに出席(東京都港区)

イタリア共和国建国記念日であるこの日、東京都港区の駐日イタリア大使館でナショナルデーレセプションが開催され、招待を受けた森市長が出席しました。政界や国会議員、文化、報道など、各界から約800人が参加し、ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使より歓迎のあいさつをいただきました。

イタリアナショナルデーレセプション1 イタリアナショナルデーレセプション2

6月2日(金曜日)女性活躍アドバイザーを初めて委嘱(市長室)

女性の職業生活における活躍を推進するために新たに設置した「女性活躍アドバイザー」を、県内外の企業で役員を務める玉川惠さんに委嘱しました。森市長は、「経営者としての豊富な経験に基づいた深い見識で、実践的な助言をしていただきたい」と述べました。

女性活躍アドバイザー1 女性活躍アドバイザー2

 

5月30日(火曜日)福岡ソフトバンクホークス鹿児島デー(福岡市)

明治維新150年へ向けた取り組みや桜島・錦江湾ジオパーク、旧集成館などの世界文化遺産に加え、2018年に放送が決まった大河ドラマ"西郷どん"をPRし、さらなる誘客を図るため、福岡ソフトバンクホークス「鹿児島デー」を福岡ヤフオク!ドームで開催しました。森市長は始球式を行ったほか、球場内PRブースでは薩摩観光維新隊、かごしま親善大使とともにかごしま茶を配布し、本市の観光と特産品のPRを行いました。

ソフトバンク鹿児島デー1 ソフトバンク鹿児島デー2

ソフトバンク鹿児島デー3 ソフトバンク鹿児島デー4

5月29日(月曜日)長沙市国際小学生サッカー大会帰国報告会(本館特別会議室)

中国で3か国12チームが競う「魯能・徳馨(ろのう・とくけい)杯」国際小学生サッカー大会に参加した鹿児島市選抜チームの選手14人が、森市長を訪問し、帰国報告しました。本市選抜チームは、白熱した試合を勝ち抜き、見事準優勝に輝きました。

「魯能・徳馨杯」国際小学生サッカー大会派遣帰国報告会1 「魯能・徳馨杯」国際小学生サッカー大会派遣帰国報告会2

5月25日(木曜日)薩摩義士頌徳慰霊祭(平之町)

江戸時代、木曽三川の治水工事を行った薩摩義士の遺徳をしのび、その偉業をたたえる「薩摩義士頌徳慰霊祭」が平田公園で開催されました。

薩摩義士頌徳慰霊祭1 薩摩義士頌徳慰霊祭2
 

5月24日(水曜日)鹿児島レブナイズが市長を訪問(市長室)

鹿児島レブナイズの大山亮平代表や鮫島和人選手など6人が、今季のBリーグでの成績の報告に森市長を訪問されました。森市長は、「これからもファンに夢を与える試合をしていただきたいです。引き続きサポートしていきます。」とあいさつしました。

鹿児島レブナイズが市長を訪問1 鹿児島レブナイズが市長を訪問2

5月21日(日曜日)渋谷・鹿児島おはら祭(東京都渋谷区)

今年で20回目となる渋谷・鹿児島おはら祭を開催しました。全国から参加した約2500人が、おはら節や渋谷音頭にあわせて道玄坂・文化村通りを練り踊りました。本市からも森市長をはじめ、約人が参加し、鹿児島パワーで沿道を大いに沸かせました。

渋谷・鹿児島おはら祭1 渋谷・鹿児島おはら祭2

渋谷・鹿児島おはら祭3 渋谷・鹿児島おはら祭4

5月17日(水曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(市長室)

「鹿児島市愛の福祉基金」は篤志家(とくしか)からの寄附により運用しており、ひとり親家庭などの児童が中学校に入学するときに図書カードを贈呈しています。この日、基金へ寄附されたそうしん武岡ブレーン21、市勤労女性センター友の会の2団体に、森市長が感謝状を贈呈しました。

愛の福祉基金感謝状贈呈1 愛の福祉基金感謝状贈呈2

5月15日(月曜日)平成29年防災点検(中山町ほか)

梅雨時期や台風シーズンの前に、この時期、毎年、整備現場や災害危険個所等の防災点検を行っています。今年は、京都大学防災研究所の井口正人教授とヘリコプターから桜島の火口などの視察を行い、その後、支援物資を集積拠点とした中山町の鹿児島ふれあいスポーツランドで物資の仕分け作業の点検・確認を行いました。

防災点検1 防災点検2

5月14日(日曜日)農林水産春まつり(都市農業センター)

本市で生産された牛肉や野菜などの豊富な農林水産物などをPRし、消費拡大と本市の農林水産業への理解を深めていただくため、農林水産春まつりを開催。会場は親子連れなど多くの来場者でにぎわいました。

農林水産春祭り1 農林水産春祭り2 

4月26日(水曜日)交通遺児見舞積立基金寄附者への感謝状贈呈式(市長室)

この日、交通遺児見舞積立基金に寄附した鹿児島「橋の日」推進協議会、そうしん荒田ブレーン21、株式会社荒川、市交通安全施設工事業会の4団体に森市長が感謝状を贈呈しました。同積立金は、市交通安全市民運動推進協議会が運用しており、交通事故で親を亡くした市内の小中学生への図書カードなどに活用されます。

交通遺児見舞積立基金感謝状贈呈式1 交通遺児見舞積立基金感謝状贈呈式2

4月21日(金曜日)ふるさと考古歴史館リニューアル(下福元町)

ふるさと考古歴史館が鹿児島の歴史を楽しく学べる場としてリニューアルオープンしました!発掘体験コーナーやハンズオン体験コーナーなどの体験型展示が充実し、鹿児島市の地形テーブル、明治日本の産業革命遺産コーナーなど、さらにふるさとの歴史を感じられる施設となりました。

ふるさと考古歴史館リニューアルセレモニー1 ふるさと考古歴史館リニューアルセレモニー2

4月20日(木曜日)女優の松原 智恵子さんが森市長を訪問(市長室)

映画「ゆずの葉ゆれて」でソチ国際映画祭主演女優賞を受賞された松原智恵子さんが、森市長を訪問し、受賞の喜びや映画への思いを伝えました。森市長は、「今回の受賞で映画が世界に広まり、喜入が鹿児島市の新しい名所になりました」と喜びを伝えました。

松原智恵子さんが市長を訪問1 松原智恵子さんが市長を訪問2

4月20日(木曜日)姉妹都市パース市の高校生が市長を訪問(本館特別会議室)

姉妹都市であるオーストラリア・パース市の高校マター・デイ・カレッジの生徒9人がホームステイや学校交流のため、本市を訪れ、森市長を訪問しました。同校は、鹿児島玉流高校と姉妹校となっています。

パース市高校生が市長を訪問1 パース市高校生が市長を訪問2

4月20日(木曜日)かごしま水族館開館20周年記念式典を開催(かごしま水族館)

5月に開館20周年を迎えるかごしま水族館で記念式典を開催。関係者や名山小学校の児童など約100人が出席のもと、この20年間の歩みの紹介やご協力をいただいてきた漁協の皆さんなどへの感謝状の贈呈を行いました。森市長は、「これからも多くの人に夢と感動を与えられる施設であるように努めていきます」とあいさつしました。

水族館開館20周年記念式典1 水族館開館20周年記念式典2

4月16日(日曜日)第13回関西かごしまファンデーでPR(大阪市)

13回目を迎える関西かごしまファンデーが、京セラドーム大阪(大阪市)で開催されました。特産品ブースでは、県内の各市町村や企業などが出展し、本市からも出展。会場では、森市長と薩摩観光維新隊が本市のPRを行い、会場は3万1千人の来場者で大いににぎわいました。

関西ファンデー1 関西ファンデー2

関西ファンデー3 関西ファンデー4

4月14日(金曜日)災害時におけるテント等資機材の供給等の協力に関する協定を締結(本館特別会議室)

株式会社ニシムラ、株式会社フタバ、平和リース株式会社より、避難所における避難生活を少しでも快適に送られるよう、災害時のテント及びその他避難生活支援に必要な資機材の供給、設営、共用及び撤収に関する協力申し出があり、熊本地震から1年になるこの日、協定を締結しました。「熊本地震の事例を教訓とした対策も進めている中、本協定により避難生活者の支援体制や物資集積拠点の強化に向けて大きく前進できたことは大変心強い」と森市長はあいさつしました。

テント等資機材の供給等の協力締結式1 テント等資機材の供給等の協力締結式2

4月7日(金曜日)宇宿商店街が中小企業庁「はばたく商店街30選」受賞を報告(市長室)

宇宿商店街振興組合が、地域の特性・ニーズを把握し、創意工夫を凝らした取り組みにより、商店街の活性化や地域の発展に貢献している商店街として、中小企業庁より2017年の「はばたく商店街30選」に選定され、同商店街振興組合の皆さんが森市長に報告に訪れました。

はばたく商店街30選受賞報告1 はばたく商店街30選受賞報告2

4月6日(木曜日)地域貢献協定を締結(市長室)

大和情報サービス株式会社が鹿児島市内に大規模小売店舗(アクロスプラザ与次郎)を新設するにあたり、店舗設置者が地域との共存を図ることにより、活力ある地域経済及び地域社会の実現に寄与するよう、地域貢献協定を締結しました。今回の締結は6社目となります。

地域貢献協定締結式1 地域貢献協定締結式2 

4月1日(土曜日)高齢者福祉センター伊敷・西部親子つどいの広場がオープン(下伊敷)

高齢者福祉センター伊敷と西部親子つどいのひろば「いしきらら」が下伊敷にオープンしました。高齢者福祉センターと子育て支援施設の複合施設は本市で初めてとなります。森市長は、「共用スペースで子育ての知恵を伝承してほしい」とあいさつしました。

高福センター伊敷・いしきらら開所式1 高福センター伊敷・いしきらら開所式2

3月30日(木曜日)新型電車運行開始式・路面電車発祥地記念碑除幕式(高麗町ほか)

本市の市電にとって9年ぶりの新型車両「ユートラム3(スリー)の運行開始に伴い、交通局で新型電車運行開始式を行いました。テープカットなどを行ったあと、鹿児島大学附属小学校児童の「出発進行」の掛け声を合図に出発しました。また同日、高麗町の新武之橋変電所前に「鹿児島市路面電車発祥の地 高麗町交通局跡地」記念碑建立を記念し、除幕式を行いました。

新型電車運行開始式 路面電車発祥の地高麗町交通局跡地記念碑除幕式

3月29日(水曜日)災害時における特設公衆電話の設置利用協定締結式(市長室)

西日本電信電話株式会社鹿児島支店と相互連携、協力のもと、災害時に指定避難所に特設公衆電話を設置し、大規模災害時に避難所における被災者等の通信手段を確保することを目的として協定を締結しました。

災害時における特設公衆電話の設置・利用に関する協定締結式1 災害時における特設公衆電話の設置・利用に関する協定締結式2

3月29日(水曜日)桜島島民への防災ヘルメット提供式(講堂)

桜島の大規模噴火に備え、桜島の全住民への防災ヘルメット提供に協力いただいた14企業・団体に感謝状を贈呈しました。森市長は、「いつ桜島が大爆発して危険な状況になるかもしれないので、配布できてうれしく思います」とあいさつしました。

桜島住民用防災ヘルメット企業等協賛に係る感謝状贈呈式1 桜島住民用防災ヘルメット企業等協賛に係る感謝状贈呈式2

3月28日(火曜日)タイ・ラグビー協会顧問他市長表敬(市長室)

鹿児島とラグビーで交流のあるタイ・ラグビー協会の顧問アディサック・ヘムユー氏が、鹿児島市を訪れ、森市長を訪問しました。森市長は、ラグビーを通して鹿児島の選手や経済人が交流できたことなど、感謝の気持ちを伝えました。

タイ・ラグビー協会顧問市長を訪問1 タイ・ラグビー協会顧問市長を訪問2

3月28日(火曜日)災害時における福祉避難所設置協力協定締結式(本館特別会議室)

障害者など、避難所生活の際に何らかの配慮が必要な要配慮者の避難支援体制を強化するため、身体障害者(児)支援施設を有する社会福祉法人6法人と協定を締結しました。森市長は、「障害を持つ方などが、避難のときに不安が軽減できるので心強い」とあいさつしました。

災害時における福祉避難所設置に関する協力協定締結式1 災害時における福祉避難所設置に関する協力協定締結式2

3月28日(火曜日)コントラバス奏者・森田良平氏が市長を訪問(市長室)

本市出身のコントラバス奏者 森田良平氏が、姉妹都市・マイアミ市で開かれるマーリンズ・イチロー選手の3千本安打記念式典で「君が代」を独奏するにあたり、森市長を訪問しました。森市長は、「感動させる音楽で国際交流を」と激励しました。

森田良平さんが市長訪問1 森田良平さんが市長訪問2

3月28日(火曜日)稲盛和夫京セラ名誉会長への紺綬褒章伝達式(県庁)

国際交流センターの建設費用として本市と県に寄付をされた京セラ名誉会長に、公益のため私財を寄付した個人や団体に国から与えられる紺綬褒章が授与され、県庁で伝達式が行われました。森市長は、「鹿児島に対する熱い思いに感謝いたします」と感謝を伝えました。

稲盛会長紺綬表彰授賞式1 稲盛会長紺綬表彰授賞式2

3月24日(金曜日)災害時における物資集積拠点運営及び物資輸送の協力に関する協定を締結(本館特別会議室)

昨年4月の熊本地震で物資の仕分けなどが災害対策の課題の一つとされてきたことから、物資集積拠点における物資の輸送の協力を得ることについて、県トラック協会や物流事業者6社と協定を締結しました。森市長は、「流通のプロの皆さんと協定を結ぶことができ心強い。災害に強いまちづくりに協力をお願いしたい」とあいさつしました。

災害時支援物資集積拠点協定締結式1 災害時支援物資集積拠点協定締結式2

3月16日(木曜日)ブラジル鹿児島県人会会長市長表敬(市長室)

来年、ブラジル鹿児島県人会が創立105周年を迎えることから、記念式典への出席の要請のためブラジル鹿児島県人会会長の松村滋樹氏が森市長を訪問されました。

ブラジル鹿児島県人会会長が市長を訪問1 ブラジル鹿児島県人会会長が市長を訪問2

3月15日(水曜日)旧改新小学校施設の無償貸付に係る契約締結式(市長室)

平成26年4月1日に廃校となった桜島の旧改新小学校の施設を地域活性化の拠点にするため、校舎などを利用して事業を行う一般社団法人 鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab、特定営利活動法人フードバンクかごしま、株式会社ecommitの3団体に無償貸与する契約を締結しました。森市長は、「事業が地域の活性化につながり、桜島全体の活性化に結びついていくことを期待しています」とあいさつしました。

旧改新小学校施設無償貸付契約締結式1 旧改新小学校施設無償貸付契約締結式2

3月5日(日曜日)鹿児島マラソン2017開催(鹿児島市~姶良市)

2回目となる鹿児島マラソン2017を開催。スタート後にあいにくの雨に見舞われましたが、県内外から集まった1万2,242人のランナーたちは、力強く鹿児島路を駆け抜けました。
沿道では厳しい状況の中、走るランナーたちを応援しようと、多くのグループがダンスや太鼓演奏を披露したほか、多くの市民が声援を送りました。

大会の様子は「鹿児島マラソン2017ダイジェスト」のページで紹介しています。

鹿児島マラソン2017の様子3 鹿児島マラソン2017の様子1

鹿児島マラソン2017の様子2 鹿児島マラソン2017の様子4

3月2日(木曜日)鹿児島ユナイテッドFC代表らが市長を訪問(市長室)

Jリーグ・J3の開幕を前に、鹿児島ユナイテッドFCの徳重剛代表や三浦泰年監督らが森市長を訪問し、新シーズンに向けた意気込みを伝えました。森市長は、「鹿児島ユナイテッドFCが勝利していけば、市民や県民の夢が広がる。J2昇格をかける大事なシーズンなのでできる限り応援する」と激励しました。

鹿児島ユナイテッドFCの皆さんが市長を訪問1 鹿児島ユナイテッドFCの皆さんが市長を訪問2

 2月24日(金曜日)WBC中国代表を激励訪問(鴨池ドーム)

WBC中国代表の鹿児島キャンプが、2月23日から鴨池ドームでスタートしました。同チームの鹿児島キャンプは、今回が初めてであり、本格的な練習を開始するこの日、森市長が激励に訪れ、県産黒牛や桜島大根などの激励品を贈呈しました。

WBC中国代表激励訪問1 WBC中国代表激励訪問2

2月23日(木曜日)在福岡米国領事館首席領事が市長を訪問(市長室)

昨年8月に在福岡米国領事館に着任したジョイ・ミチコ・サクライ首席領事が、この日、森市長を訪問しました。森市長は、「青少年交流を軸に、米国の都市と友好を築きたい」と都市交流の促進について思いを伝え、サクライ氏も「交流を結び付けられるようお手伝いしたい」とお答えいただきました。

在福岡米国領事館首席領事が市長を訪問1 在福岡米国領事館首席領事が市長を訪問2

2月23日(木曜日)NTT西日本鹿児島支店より「電話お願い手帳」が寄贈(市長室)

この日、NTT西日本鹿児島支店より、耳の不自由な人が用件や連絡先を周囲に示して協力を求める「電話お願い手帳」430冊が森市長に寄贈されました。毎年、寄贈いただいており、森市長は感謝の意を伝えました。

290223NTTお願い手帳贈呈式1 290223NTTお願い手帳贈呈式2

2月23日(木曜日)市シルバー人材センターと「空家等の適正管理の推進に関する協定」を締結(市長室)

市シルバー人材センターは会員による空家管理業務及び空家管理に関する相談業務を行っていますが、本協定により、本市と同センターとが空家管理に関して協力・支援できる体制が整い、本市の空家等の適正管理が推進されるとともに、安心安全なまちづくりの推進が図られます。

市シルバー人材センターとの協定締結1 市シルバー人材センターとの協定締結2

2月20日(月曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(市長室)

「鹿児島市愛の福祉基金」は篤志家(とくしか)からの寄付により運用しており、ひとり親家庭などの児童が中学校に入学するときに図書カードを贈呈しています。この日、基金へ寄付された九州商事、アフタープラス2(ツー)株式会社、塗親会の3団体に、森市長が感謝状を贈呈しました。

愛の福祉基金感謝状贈呈式1 愛の福祉基金感謝状贈呈式2

2月18日(土曜日)鹿児島フェア2017で鹿児島市をPR(埼玉県)

2月17日から埼玉県のイオンレイクタウンmoriで開催された鹿児島フェア2017で森市長がトップセールスを行いました。桜島大根を始めとする本市の食や文化、観光の魅力を、かごしま親善大使や薩摩観光維新隊とともにPRしました。

イオンレイクタウン鹿児島フェア1 イオンレイクタウン鹿児島フェア2

2月8日(水曜日)臨時災害放送局開設に関する協定締結式(市長室)

この日、本市と鹿児島シティエフエム株式会社は、「臨時災害放送局開設に関する協定」を締結しました。大規模災害で本市が臨時災害放送局の開設が必要と判断した場合に、同社への委託により各種災害関連情報の放送を行っていただきます。森市長は、「台風や桜島火山災害などの恐れがある本市にとって、今回の協定は意義深く、市民にとっても大変心強い」とあいさつしました。

臨時災害放送局の開設に関する協定締結1 臨時災害放送局の開設に関する協定締結2

2月3日(金曜日)株式会社プライムアシスタンスと立地協定を締結(市長室)

平成26年4月に本市に大型コールセンターを開設し、全国的にロードアシスタンスサービスなどを提供するSOMPOホールディングスグループの株式会社プライムアシスタンスが、保険金支払支援業務等に関する事務を行うセンターを本市で拡大するにあたり、立地協定を締結ました。

立地協定1 立地協定2

2月3日(金曜日)清水エスパルス社長が市長を訪問(市長室)

鹿児島市でキャンプ中のJリーグ清水エスパルスの左伴繁雄社長と杉田壮ホームタウン担当部長が森市長を訪問し、キャンプ中の近況や今季の意気込みを伝えました。同チームは、鹿児島市で12年連続でキャンプを行っています。

清水エスパルス社長が市長を訪問1 清水エスパルス社長が市長を訪問2

2月2日(木曜日)市長とふれあいトーク(鹿児島大学)

今回は、鹿児島大学の市政出前講座「まちづくり論」の受講者17名と懇談しました。参加者からは、本市の子育て施策や交通、広報に関することなど、講座を受講して考えた市政に対する提言や質問が多く出され、学生の市政に対する関心の高さが伝わってきました。

ふれあいトーク2 ふれあいトーク1

1月30日(月曜日)株式会社クローバーシステムと立地協定を締結(市長室)

平成21年からソフトプラザかごしまで、地元ITベンダーなどと医療情報システム協業開発等を行い、事業を拡大してきた株式会社クローバーシステムが、移転・増設をするにあたり、立地協定を締結しました。

立地協定1 立地協定2

1月30日(月曜日)ジュビロ磐田代表取締役社長が市長を訪問(市長室)

1月26日から春季キャンプで鹿児島市を訪れているJリーグ・ジュビロ磐田の木村稔代表取締役社長がキャンプの報告と今季の意気込みを伝えに森市長を訪問しました。同チームのキャンプは、今年で20回目となります。

ジュビロ磐田社長が森市長を訪問1 ジュビロ磐田社長が森市長を訪問2

1月28日(土曜日)マイアミ・マーリンズ球団社長が市長を訪問(市長室)

本市の姉妹都市・アメリカのマイアミ市を本拠地とするメジャーリーグのマイアミ・マーリンズの球団社長ら4人が、森市長を訪問しました。森市長は昨年7月にマイアミ市を訪問した際、マーリンズ戦の始球式を務めたことがきっかけで今回の訪問が実現。サムソン社長は、「鹿児島は緑が多くて街並みもきれいだ」と来鹿の感想を述べられました。

マーリンズ社長が市長を訪問1 マーリンズ社長が市長を訪問2

1月28日(土曜日)原子力防災訓練(郡山町、吉野町)

鹿児島県の原子力防災訓練に合わせて、本市も原子力防災計画や避難計画に基づき、関係機関との連携強化や地域住民の防災意識の向上を図るため、防災訓練を実施しました。今回は、UPZ内の住民の吉野中学校への避難訓練を実施したほか、要支援者への支援を想定した訓練や、熊本地震を踏まえ、地震等によるがけ崩れに対応した避難経路の変更の訓練を行いました。

原子力防災訓練1 原子力防災訓練2

原子力防災訓練3 原子力防災訓練4

1月27日(金曜日)桜島の小学生が育てた桜島大根を森市長に贈呈(市長室)

桜島の桜洲小学校と東桜島小学校の児童4人が、鹿児島の食文化や伝統、地域について学習の一環で育てた桜島大根を森市長に贈呈しました。森市長は、「愛情いっぱいの桜島大根ですのでおいしくいただきます」とお礼を伝えました。

桜島大根の贈呈1 桜島大根の贈呈2

1月26日(木曜日)2017年本場大島紬クイーンが市長を訪問(市長室)

本場大島紬織物協同組合の「2017年本場大島紬クィーン」に就任した3人が森市長を訪問しました。森市長は、「来年は明治維新150年で鹿児島が注目される年なので、ぜひ活躍してほしい」と伝えました。

本場大島紬クイーンが市長訪問1 本場大島紬クイーンが市長訪問2

1月19日(木曜日)鹿児島女子高等学校生徒が全日本バレーボール高校選手権大会の結果を報告(市長室)

鹿児島女子高等学校の女子バレーボール部が、1月4日~8日に東京で開催された全日本バレーボール高校選手権大会(春の高校バレー)において、3位の成績を収め、その結果報告に森市長を訪問しました。

鹿女高バレー部全国大会結果報告1 鹿女高バレー部全国大会結果報告2

1月19日(木曜日)近隣3市と「かごしま連携中枢都市圏連携協約」を締結(城山観光ホテル)

この日、本市と日置市、いちき串木野市、姶良市の4市は、「かごしま連携中枢都市圏連携協約」を締結しました。本協定に基づき、地域を活性化し経済を持続可能なものとし、安心して快適な暮らしを営んでいけるようにするため、経済成長や生活サービスの向上に向けた取り組みを4月から開始します。 

連携中枢都市圏形成に係る連携協約締結1 連携中枢都市圏形成に係る連携協約締結2

1月17日(火曜日)第4回景観まちづくり賞表彰式(本館特別会議室)

同賞は、鹿児島の良好な景観を創り、守り、育てていき、地域性豊かで風格があり、市民誰もが愛着と誇りを持てる美しいまちづくりを進めていきたいという願いを込めて実施しています。第4回となる今回は、応募のあった建築部門30件、景観部門2件の中から、建築部門3件、景観部門2件を決定しました。

景観まちづくり賞表彰式1 景観まちづくり賞表彰式2

1月12日(木曜日)桜島火山爆発総合防災訓練(桜島溶岩グラウンドほか)

大正3年1月12日の桜島大噴火を教訓に、昭和46年から開始し、今回で47回目となる桜島火山爆発総合防災訓練を実施しました。市、県をはじめ、自衛隊や医療機関、住民が参加する中、今回は、台風などの悪天候でフェリーが運航できない場合に備え、バスで垂水市に向かう島外避難も実施したほか、住民による避難所の運営も初めて行いました。

桜島火山爆発総合防災訓練1 桜島火山爆発総合防災訓練2

桜島火山爆発総合防災訓練3 桜島火山爆発総合防災訓練4

1月8日(日曜日)消防出初式(消防総合訓練研修センター)

市消防局の平成29年鹿児島市消防出初式を開催しました。消防演技等を通じ、防火・防災に対する認識を高めるとともに、今年1年が災害や事故のない平穏な1年であることを願いました。

消防出初式1 消防出初式2

1月8日(日曜日)新成人のつどい(市民文化ホール)、手をつなぐ育成会成人式(知的障害者福祉センター

成人の日の前日のこの日、新成人のつどいと手をつなぐ育成会の成人式を開催しました。色鮮やかな振り袖やスーツに身を包んだ約5800人の新成人が集まり、久しぶりに会う友人と写真撮影をしたり、思い出話に花を咲かせたりしていました。

新成人のつどい1 新成人のつどい2

手をつなぐ育成会成人式1 手をつなぐ育成会成人式2

1月6日(金曜日)天文館ミリオネーション2017点灯式(天文館公園)

この日、県内最大のイルミネーション「天文館ミリオネーション2017」の点灯式を行いました。森市長とかごしま親善大使の上水流花鈴さん、会場設営に協力した鹿児島工学院専門学校生徒が点灯ボタンを押し、天文館公園が、幻想的な光に包まれました。

天文館ミリオネーション1 天文館ミリオネーション2 

1月5日(木曜日)魚類市場・青果市場 初競り(城南町、東開町)

鹿児島市中央卸売市場の魚類市場(城南町)と青果市場(東開町)で、新春恒例の初競りが行われました。魚類市場では森市長が、青果市場では松木園副市長が力強く振鈴を鳴り響かせ、威勢のよい競り人のかけ声とともに、数多くの新鮮な魚や青果が次々と競り落とされ、活気あるスタートとなりました。

魚類市場初せり1 青果市場初競り

 

過去の情報

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?