• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 税金 > 個人住民税(市民税・県民税) > イベントの中止等によるチケット払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2021年1月22日

イベントの中止等によるチケット払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模縮小が行われた文化芸術・スポーツイベントについて、チケットの払戻しを受けない(放棄する)場合に、その金額分を寄附とみなして、寄附金税額控除を受けることができます。

払戻しを受けた場合であっても、改めて主催者に払戻しを受けた金額以下の金額を寄附するなど一定の要件を満たした場合には、この寄附金税額控除の対象となります。

対象となるイベント(以下の要件をすべて満たすイベント)

  • 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに日本国内で開催または開催予定の不特定かつ多数の者を対象とする文化芸術・スポーツイベント
  • 政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模の縮小が行われたイベント
  • 主催者が申請により文化庁またはスポーツ庁の指定を受けたイベント

対象のイベントについては、文化庁・スポーツ庁のホームページをご確認ください。

文化庁ホームページ(外部サイトへリンク)

スポーツ庁ホームページ(外部サイトへリンク)

手続きの流れ

  1. 文化庁・スポーツ庁の指定イベントであるかを確認してください。
  2. 対象イベントの主催者へ払戻しを受けないことを連絡し、主催者から「指定行事証明書」と「払戻請求権放棄証明書」の交付を受けてください。
  3. 確定申告の際に、上記2点の証明書を添付して申告してください。なお、所得税額がない方などで、住民税の寄附金税額控除の適用のみを受けようとする方は、市民税・県民税の申告書を提出してください。

対象となる課税年度

令和3年度または令和4年度

控除対象上限額

年間の合計額が20万円

なお、他の寄附金税額控除対象額も合わせて総所得金額等の合計額の30%が上限になります。

個人住民税(市民税・県民税)における寄附金税制

問い合わせ先

市民税課099-216-1174~5
谷山税務課099-269-8421
伊敷税務課099-229-9736
吉野税務課099-244-7392
吉田税務課099-294-1213
桜島税務課099-293-2348
喜入税務課099-345-3759
松元税務課099-278-5416
郡山税務課099-298-2115
東桜島税務係099-221-2112

よくある質問

お問い合わせ

総務局税務部市民税課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1174~1175(賦課第1・2係)

ファクス:099-216-1177

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?