文字サイズ変更

MENU

鹿児島市職人等魅力発信サイト > 事業所訪問 > お客様の要望以上のかばんを作る

お客様の要望以上のかばんを作る

お客様の要望以上のかばんを作る

概要

[企業名] 丸山革具店
[業  種] 革製品等製造業
[エリア] 鹿児島市東谷山

2013年4月、鹿児島市東谷山の丸山革具店に伺ってきました。

同店には仕事体験イベントをきっかけに村田さんと今和泉さんの2人が就職、約1年が経過しました。代表の橋口さんのもと、修行に励んでいます。

お客様の要望以上のかばんを作る

電力会社・電鉄会社等の業務用かばん製造に加え、業務用かばんのノウハウを生かした一般用かばんも売れており、製造が追いつかないほどの忙しさとのこと。去年就職した2人も、重要な戦力として第一線で活躍している様子でした。

橋口さん「2年ぐらいしたら僕を追い抜くんじゃない?」

村田さん「いえいえまだまだ。社長(橋口さん)の技術とスピードには追い付かないですよ。」

そんなやりとりがありましたが、同店の70代の職人さんはさらに作業が速いとの話。「現状に満足せず、『もっとうまく、もっといいものを』という意識で仕事を続けている限り、いくつになっても技術は向上し続ける」との言葉に、この仕事の奥の深さと、ゆるぎない技術を持った職人の強さを垣間見た思いでした。

お客様の要望以上のかばんを作る 

丸山革具店の概要(丸山革具店WEBサイトより)

1947年(昭和22年)、旧谷山市(現 鹿児島市・谷山)において皮革製品製造修理屋として開業。当時は馬具及び馬飾り等を製作していましたが、都市の近代化とともに馬具の需要が減り、鞄・袋物の製造に転向します。また、皮革禁制の時代にはズック(帆布・キャンバス)で学生鞄やランドセル等を製作。それらの製品は丈夫で長持ちすると好評を得ます。皮革禁制が解除されると、丈夫さを必要とする工具挿しの製作を開始。電力、通信、鉄道、銀行業などを中心に様々な企業からの特注品も手掛けるようになります。そして近年は、個人向け商品や、素材と丈夫さにこだわった新商品の開発にも力を入れています。

丸山革具店WEBサイト: http://kawagu.com

代表・橋口さんのキャリア

サラリーマンを経て、18年前に職人の世界に飛び込みました。先輩の仕事を見て、技を盗んだ修行時代。試行錯誤を重ね、時には徹夜もいとわず、製作に没頭したと言います。そんな努力が先代に認められ、2代目店主として工房を受け継ぎました。

(2013.4.22アップ)

企業概要

企業名 丸山革具店
エリア 鹿児島市東谷山
代表者 橋口 康隆
設立 1947年
従業員数 5人
業種 革製品等製造業
事業内容 業務用鞄の製作、個人向け鞄(帆布製トートバッグ)の製作
鞄・袋物全般の修理

最終更新日:2016年4月1日

動画で見る職人の魅力

※再生リストでその他の動画がご覧頂けます。

  • 事業所訪問
  • 鹿児島市職人等魅力発信サイト Faceookページ
  • 鹿児島市