文字サイズ変更

MENU

鹿児島市職人等魅力発信サイト > 事業所訪問 > 創業100年。歴史を刻む石材屋さん

創業100年。歴史を刻む石材屋さん

創業100年。歴史を刻む石材屋さん

概要

[企業名] 有限会社 飯田石材店
[業  種] 石工品製造業
[エリア] 鹿児島市山下町

鹿児島市の中心部、山下町にある飯田石材店さんを訪問しました。お話をしてくださったのは、3代目の飯田隆一郎さんと4代目の雄介さん。約100年前(!)に撮られた創業当時の貴重な写真とあわせてレポートします。

創業100年。歴史を刻む石材屋さん

会社の歴史

「1913年(大正2年)に初代・飯田清三が香川県で創業、1915年『島津三公銅像』台座工事(鹿児島市照国町)のため鹿児島に移り、山下町で飯田石材店を開いたのが当社のはじまりです。」

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
照国町の『島津三公銅像』の前で、香川県から同行した職人たちとともに

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
ボサド桟橋から照国町まで石材を運搬

「大正・昭和・平成にわたって事業を営み、『国際児童年記念モニュメント碑』(1979年、鹿児島市吉野公園)や『西南の役戦歿者慰霊碑』(2001年、鹿児島市南州神社内)などを手掛けてきました。2003年に有限会社飯田石材店を設立し法人化、2011年に4代目が30歳で代表取締役に就任し、今に至ります。」

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
手掛けてきた石碑など

事業の概要

「お墓関連の仕事を中心としており、最近はお墓のリフォームにも力を入れています。お墓以外に、記念碑、各種灯篭(とうろう)、石造品などのデザイン・施工も行っています。」

仕事の流れ

「お墓づくりは、1.伝統的な考え方や予算など顧客の相談への対応・墓石のイメージ作り → 2.墓地の計測 → 3.設計・見積 → 4.契約 → 5.工期の決定 → 6.墓地の清め → 6.着工 → 7.完成・引き渡しといった流れです。」

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
工程:鉄筋組み → 耐震金具設置

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
工程:完成

仕事の醍醐味

「お客様の顔が見えて、提案から施工・完成まで一貫して仕事をすることができることですかね。お客様の思いを形にする仕事です。大変なことは、なんだろうなあ。現場仕事なので、重労働なことと、夏は暑く冬は寒いことですかね。」

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
工場内

創業100年。歴史を刻む石材屋さん
墓石への文字彫り機械での作業

今後について

「お墓の仕事を中心として、石碑などの仕事も声がかかればやっていきたいと思います。需要の増減はありますが、無くなることはない仕事です。中国産石材の価格上昇により国産石材活用の動きが出てくるかどうか、お墓と納骨堂のどちらが多く選ばれていくのかなど、先を見通す目が重要になると思います。小さい会社としていかに市民の要望に応えていくか、しっかり考えて事業を継続していきたいと思います。」

創業100年。歴史を刻む石材屋さん

求められる人材像

3代目「4代目が継いでくれたので、後継者の問題はありませんが、4代目の相棒となるようなスタッフは必要になってくると思います。」

もの職スタッフ「4代目、どんな人がいいですか?」

4代目「普通の人(笑)。」

もの職スタッフ「もう少し詳しく(笑)」

4代目「うーん。まずは健康。何の仕事でもそうですが健康が大事ですよね。あとは、バランスよく能力のある人。お墓の基礎作りは重労働なので、ある程度体力が必要。一方、文字彫りはとても細かい作業で、緻密さが要求されます。どちらもできる人が向いていると思います。」

鹿児島市内の有名な石碑や銅像の台座なども手掛けてこられたとのこと。石だから、作ったものが100年後も200年後もずっと残るんですね。過去を刻んで未来につなぐ、感動的なお仕事です。

(2013.6.19アップ)

企業概要

企業名 有限会社 飯田石材店
エリア 鹿児島市山下町
代表者 代表取締役 飯田 雄介
設立 2003年(創業1913年)
従業員数 3人
業種 石工品製造業
事業内容 新規墓石納骨堂建立・建て替え、お墓のリフォーム、銘碑建立
銘碑の文字追加彫刻、改葬(お墓の移設)、返地(お墓の解体・撤去)
記念碑、各種灯篭(とうろう)、石造品 等

最終更新日:2016年4月1日

動画で見る職人の魅力

※再生リストでその他の動画がご覧頂けます。

  • 事業所訪問
  • 鹿児島市職人等魅力発信サイト Faceookページ
  • 鹿児島市