ここから本文です。

更新日:2019年4月23日

高齢者交通事故の現状

本市の高齢者交通事故の現状

平成30年の鹿児島市における交通事故死者17人(高速道路での事故を含まない)中、11人が65歳以上の高齢者でした。

また、今後、高齢者人口、高齢免許保有者数ともに増加することから、高齢者が被害者となる交通事故や、高齢運転者が第1当事者(交通事故の主な原因を発生させた方の当事者)となる交通事故も増加することが懸念されます。

高齢者交通事故の特徴

  • 高齢者の死亡事故は運転中に約5割発生しています!
  • 歩行中の死亡事故は自宅から500m以内に発生している件数が7割!
  • 歩行中の高齢者の死亡事故は薄暮時間に発生!
  • 夜間歩行中の高齢者の死亡事故では6割の方が黒っぽい服を着用!
  • 高齢運転者の死亡事故の原因は運転ミスなどの操作不適の割合が高い!

高齢者の交通事故の推移

全事故における高齢者の事故件数及び割合

区分

平成24年

平成25年

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

全事故の発生件数

3,981

3,939

3,707

3,507

3,297

2,920

2,564

うち、高齢者の事故

1,107

1,191

1,160

1,160

1,093

1,057

898

高齢者の事故の割合

28%

30%

31%

33%

33%

36%

35%

全事故の死者数

21

18

27

8

15

16

17

うち、高齢者の事故

14

9

15

3

4

11

11

高齢者の事故の割合

67%

50%

56%

38%

27%

69%

65%

全事故の負傷者数

4,592

4,497

4,230

3,991

3,756

3,259

2,885

うち、高齢者の事故

619

685

657

673

585

558

466

高齢者の事故の割合

13%

15%

16%

17%

16%

17%

16%

(注)全事故の件数は、高速道路を含まない市内の数値

(注)高齢者の件数は、市内三署の計

高齢者の免許保有者状況

 

区分

平成24年

平成25年

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

免許保有者数

62,756

68,303

73,710

77,862

81,882

85,558

88,712

自主返納者数

626

873

839

896

1,118

1,464

1,581

 

 


 

%.

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理局 安心安全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1209

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?