ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 特別企画展「明治維新150年 日本洋画の夜明け―山岡コレクションを中心に」

特別企画展「明治維新150周年 日本洋画の夜明け―山岡コレクションを中心に」                                2018年9月28日(金曜日)~11月4日(日曜日)

日本洋画の夜明け_タイトル                                   

 

 

幕末騒乱の後、明治維新を境に新しい時代が到来しました。時代が大きく揺れ動いた幕末から明治にかけ、国を挙げて西洋文明に追いつこうと積極的に西洋文化を取り入れ、日本人はこれまでの生活様式を大きく変えることとなりました。
本展覧会では、幕末から維新、そして明治を生きた芸術家たちに焦点を当て、画家たちによって描かれた人物、風景、風俗などの作品や、時代に翻弄されながらもたくましく生き抜いた人たちの生き方を示す資料から、近代化への道を歩む当時の日本の姿を紹介します。
初期洋画の宝庫「山岡コレクション」を中心に、江戸末期、西洋からもたらされた油彩画習得のために試行錯誤を繰り返した高橋由一や鹿児島が輩出した床次正精、曽山幸彦などの日本近代洋画草創期の作品から、維新前後に生まれ、ヨーロッパで学んだ黒田清輝や藤島武二ら近代洋画の巨匠たちの作品までを一堂に展示します。さらに常設展の特集展示において、明治維新を興した西郷隆盛や大久保利通ら薩摩の志士の書画や当時の錦絵等の資料からも往年を振り返ります。激動の時代を生きた彼らの作品と資料を通じて、150年前の時代の空気にふれることのできる絶好の機会です。 

 

 

    sakezu     ningyonokimono_yoshimatsu  ryokuin_yuasa  shikoku_soyama

 1.高橋由一《鮭図》1879-80年   2.五姓田義松《人形の着物》1883年     3.湯浅一郎《緑陰》1900年             4.曽山幸彦《試鵠》1890年 東京国立博物館

        ※1~3は、笠間日動美術館蔵の山岡コレクション                                         Image:TNM Image Archives                                                                                                       ★展覧会チラシ★(PDF:2,019KB)

★出品作品リスト★(PDF:420KB)

★関連イベント★

 

会期

2018年9月28日(金曜日)~11月4日(日曜日)
※休館日10月1日(月曜日)、10月9日(火曜日)、10月15日(月曜日)、10月22日(月曜日)

会場

鹿児島市立美術館

観覧料

一般:1,000円(前売り700円) /高校・大学生:800円(前売り500円) /小・中学生:600円(前売り300円)

チケット販売所

ファミリーマート(e+〈イープラス〉http://eplus.jp)

セブンイレブン・サンクス(チケットぴあ〈Pコード769-271〉)

ローソン(ローソンチケット〈Lコード84273〉)
鹿児島市内プレイガイド(山形屋・生協コープかごしま各店舗・鹿児島市民文化ホール・各画材店)

主催

鹿児島市立美術館、南日本新聞社、KYT鹿児島読売テレビ

協力

公益財団法人日動美術財団

助成

一般財団法人自治総合センター(※本展は宝くじの助成を受けて実施しています。)

問合せ

鹿児島市立美術館
電話:099-224-3400 

お知らせ

会場内の温湿度と明るさは、作品所蔵者の意向により作品の保存に適した値まで下げています。                  ご理解のうえ体温調節ができる服装でのご来館をお勧めいたします。

関連イベント情報  

記念講演会「時代とともに歩んだ明治洋画の魅力」   

※応募不要、聴講無料(詳細                     

「洋画って何?」「いつから描かれているの?」「明治時代に日本にはどんな作家がいたの?」「展覧会の出品作についてもっと知りたい!

 など皆さんの疑問にお答えします。

  • 開催日:10月14日(日曜日)
  • 時間:14時~15時30分
  • 講師:角田 拓郎 氏(神奈川県立歴史博物館主任学芸員)
  • 場所:美術館地下講堂  

記念フィールドワーク「『天保年間鹿児島城下絵図』を手に、幕末の町を歩こう」

当館所蔵資料『天保年間鹿児島城下絵図』の複製(A0判、税込み500円)を見ながら、講師の先生とともに美術館周辺を散策します♪

※募集は終了しました。

  • 開催日:10月7日(日曜日) ※台風のため開催日を変更しました。少雨決行。荒天時は、地下会議室にて講話。 
  • 場所:美術館地下会議室に集合後、美術館周辺を散策
  • 時間:10時~12時
  • 講師:肥後 秀昭 氏(鹿児島市維新ふるさと館歴史解説員)
  • 対象:どなたでも(約1時間半、歩行ができる方)
  • 定員:30名(超えたら抽選)
  • 参加費:550円(絵図代500円〈購入済みの方は不要〉、保険料50円)
  • 持参:絵図(すでにお持ちの方のみ)、町歩きができる服装

学芸講座「画家たちの明治維新」

作品画像をスライドで紹介しながら、テーマに沿ってお話しします。

※聴講無料・要応募(詳細・応募方法

  • 開催日:10月28日(日曜日)
  • 時間:14時~15時30分
  • 講師:林 裕一郎(当館学芸員)
  • 定員:24名(超えたら抽選)
  • 場所:美術館地下会議室

ギャラリートーク(当館学芸員による作品解説)

展覧会場で作品を鑑賞しながら、ツアー形式で見どころを解説します。

※応募不要、要観覧券

  • 開催日:9月29日、10月13日、10月27日(各土曜日)
  • 時間:14時~15時
  • 場所:展覧会場

「明治維新150周年 日本洋画の夜明け―山岡コレクションを中心に」 出品作品リスト

「明治維新150周年  日本洋画の夜明け―山岡コレクションを中心に」展でご覧いただける作品リストです。

113点の作品から画家たちが描いた幕末から明治の日本の姿をご紹介しています。

※展覧会場入口でも配布しています。

・出品作品リスト(PDF:1,829KB)

学校のための特別割引制度

学校のための特別割引制度のご案内・申込書

・ワード版(ワード:36KB)

・PDF版(PDF:480KB)

学校のための特別展課題設定の例

・PDF版(PDF:566KB)

学校のための特別展割引制度Q&A

・PDF版(PDF:246KB)

展覧会鑑賞のマナー(鑑賞の事前指導等にご活用ください)

・PDF版(PDF:672KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上へ