ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 小企画展「旅の記憶-日本の旅、世界の旅」

小企画展「旅の記憶 -日本の旅、世界の旅」

 旅の目的は、人それぞれで違います。また、その場所に立ったときの感じ方も、人それぞれ違ってきます。
 旅とは、自分の住んでいる所を離れ、よその土地を訪ねることです。人は旅することで、普段の生活とは異なる環境に身を置き、そこで人やものと出会い、その土地特有の空気に触れることができます。その場所では、新しい価値観や視点を得ることができるかもしれませんし、これまでの自分を振り返り、これからの自分への活力となるきっかけを与えてくれるかもしれません。
画家たちが旅して描く風景は、旅する者の目線でその土地の風光美とそこに営まれる人々の暮しぶりを伝えてくれます。画家たちが旅先の記憶をとどめた世界のあの地、日本のこの地。画家たちの研ぎ澄まされた感性で、これらの風景は、さらに鮮やかに、温かく、眩しく、その場所の光や音、匂い、空気感までも私たちの五感に訴えてきます。絵の前に立って、見知らぬ土地へ旅してみませんか。                                                                               

1.パリの屋根  2.シャルトルの河  

3.尾道小春日和    4.日本平眺望

  1.海江田豊光《パリの屋根》1977年 2.西薗和生《シャルトルの河》1965年 

  3.上石田哲夫《尾道小春日和》1990年 4.和田香苗《日本平眺望》1960年   ※すべて鹿児島市立美術館蔵

 

 

★展覧会チラシ(PDF:1,205KB)

 

会期

 2019年2月13日(水)~2019年3月28日(木) 

会場

 鹿児島市立美術館 2階 企画展示室

関連イベント

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

 ○日時:2月16日(土)、3月2日(土)、3月16日(土) 各日回 14時~15時

 ○場所:展覧会場

  ※申込不要・ご参加には展覧会観覧券が必要です。

同時開催(観覧料共通・2階 常設展示室)

早春の所蔵品展 特集:マチスの新境地 ≪ジャズ≫

 ○会期:2019年1月22日(火)~3月17日(日)

春の所蔵品展 特集:日本画のあじわい~郷土作家の戦後の作品から

 ○会期:2019年3月19日(火)~2019年5月19日(日)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2019年1月13日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料
      ※毎月第3日曜日は小・中学生常設展示観覧料無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会