ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 平成28年度の展覧会スケジュール > 特別企画展「松本市美術館名品展」

特別企画展「文化・観光交流都市 松本市美術館名品展ー西郷孤月、田村一男から草間彌生まで」

松本市美展タイトル

  • 会場内の温湿度と明るさは、作品の保存に適した値まで下げています。
  • 体温調節のできる服装でのご来館をお勧めいたします。

概要

長野県松本市と鹿児島市は、平成24年に文化・観光交流協定を結びました。国宝松本城下に発展した歴史を持ち、北アルプスなどの美しい自然に恵まれる松本市は、近年最注目される幻の日本画家 西郷孤月や、世界的に活躍する現代アーティスト 草間彌生に代表される多くの芸術家を輩出しています。

本展は、松本市の文化芸術の拠点として平成14年に開館した松本市美術館の全面的なご協力のもと、その充実したコレクションを鹿児島で初めて本格的にご覧いただく展覧会です。信州・松本ゆかりの作家を中心に、日本画、洋画、彫刻、書、工芸まで、多彩な作品の数々全77点が一堂に揃います。

1950年代から近年に到る草間彌生の作品25点は見どころのひとつです。また、信州の山々とともに桜島を描いた田村一男など、美術の視点から見つめた鹿児島とのつながりもご紹介します。

 

     草間「果てしない」                       根岸                      大津「やまびこ」   

         草間彌生《果てしない人間の一生》2010年                             根岸芳郎《8-6-17》2008年                                      大津英敏《やまびこ》2002年 
            © YAYOI KUSAMA

                                           

          西郷「孔雀」            田村「おんらけしろく」                     荻原「坑夫」

     西郷孤月《孔雀》明治30年代中頃                         田村一男《おんたけしろく》1975年                          荻原碌山《坑夫》1907年
                             

 

                                                                                  

会期

2016年9月30日(金曜日)~11月6日(日曜日)

休館日:10月3日(月曜日)、11日(火曜日)、17日(月曜日)、24日(月曜日)

会場

鹿児島市立美術館

主催者等

主催:鹿児島市立美術館、南日本新聞社、MBC南日本放送
協賛:株式会社フジドリームエアラインズ
助成:一般材法人自治総合センター
特別協力:松本市美術館

観覧料

一般:1,000円(前売り700円)

高校・大学生:800円(前売り500円、学校特割400円

小・中学生:600円(前売り300円、学校特割200円

  • 20名以上の団体、年間パスポート提示者、障害者手帳提示者は、前売り料金でご覧いただけます。
  • 本展の観覧券で、同時開催の「秋の所蔵品展 特集:もの読む人びと」もご覧いただけます。

チケット販売所(販売は8月30日から)

山形屋、生協コープかごしま各店舗、鹿児島市民文化ホール、各画材店
セブンイレブン・サンクス/チケットぴあ(Pコード767-788)

ローソン(Lコード84577)

ファミリーマート/e+(イープラス)http://eplus.jp

割引券等

プレゼント・キャンペーン「メッセージを送って、松本へ旅しよう!」は10月25日で募集を締切ました。
たくさんのご応募ありがとうございました。お寄せいただいたメッセージの一部をご紹介しています。

関連イベント

記念講演会「松本と近代美術」※終了しました

  • 内容:松本市美術館 館長の小川 稔 氏をお招きし、松本における近代美術について、分かりやすくお話しいただきます。
  • 日時:10月16日(日曜日)14時00分~15時30分
  • 講師:小川 稔 氏(松本市美術館 館長)
  • 場所:地下講堂

記念ワークショップ「はじめてのペタルアート~花びらで描く秋の風景~」※要応募

  • 内容:松本市は「花いっぱい運動」の発祥地!また、松本市出身のアーティスト 草間彌生は花をモチーフにした作品を多く制作しています。「花」をテーマとしたこのワークショップでは、乾燥させた花びらを絵具に見立てたペタルアートで、秋の風景を描いてみましょう。 
  • 日時:10月30日(日曜日)13時30分~15時30分 
  •  講師:ミヤギタケオ氏(ペタルアート主宰)
  • 会場:市民アトリエ(1)
  • 定員:20名(定員を超えた場合は抽選を行います)
  • 応募方法:10月19日(水曜日)〈必着〉までに、【講座名、希望日、住所(郵便番号)、電話番号、氏名(フリガナ)、年齢】をハガキかFAX、Eメールで、下記のお問い合わせ先までお送り下さい。

学芸講座「信州・松本と鹿児島―美術におけるつながり」※終了しました

  • 内容:信州・松本と鹿児島、異なる風土で育まれてきた両地の美術から浮かび上がるつながりや、作家たちの交流 をご紹介します。
  • 日時:10月23日(日曜日)14時00分~15時30分
  • 講師:稲葉麻里子(当館学芸員)
  • 会場:地下会議室
  • 定員:24名(定員を超えた場合は抽選を行います)
  • 応募方法:10月12日(水曜日)〈必着〉までに、【講座名、住所(郵便番号)、電話番号、氏名(フリガナ)、年齢】をハガキかFAX、Eメールで、下記のお問い合わせ先までお送り下さい。

ギャラリートーク(当館学芸員による作品解説)※応募不要・要観覧券

  • 内容:展覧会出品作について、実際の作品の前で分り易く解説します。ご参加には観覧券が必要です。
  • 日時:10月8日(土曜日)、10月22日(土曜日)、11月5日(土曜日)、各日14時00分~15時00分
  • 講師:稲葉麻里子(当館学芸員)
  • 場所:展示会場

交通アクセス

交通アクセスは詳細をご覧ください

学校のための特別展割引制度

授業や課外学習の一環として本展覧会をご観覧いただく場合は、「学校のための特別展割引制度」をご利用いただけます。

詳細は以下のファイルをご参照ください。

制度のご案内・申請書式 (PDF:487KB) 

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

住所:〒892-0853鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409

e-mail

(迷惑メール防止のためメールアドレスを画像化しています)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上へ