ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 令和2年度冬の所蔵品展

令和2年度 冬の所蔵品展

ミニ特集:子から丑へ~干支をモチーフにした作品たち

 12月末から始まる今回のミニ特集では、干支(えと)を取り上げ、ネズミとウシをモチーフとした作品をご紹介します。
 民話「十二支のはじまり」によると、ネズミはネコをあざむいた上に、ウシの背中に乗ってこっそり一番乗りをし、十二支のトップとなります。かなり狡猾な存在ですが、その機敏な行動力は認めざるをえません。一方、ウシは誰より早くスタートしましたが、ネズミにしてやられても怒ることさえなく、二番手に甘んじています。努力や誠実さを表す穏やかな存在といえます。

 さて、美術の世界で両者を比較してみると、多く描かれてきたのは圧倒的にウシの方でしょう。ウシは伝統的にウマとならぶ代表的な家畜であり、さらに西洋ではその肉や乳は食材として欠かせないものだったからです。バルビゾン派のトロワイヨンなどは牛の専門画家として知られていますし、東洋でも、例えば禅画の十牛(じゅうぎゅう)図は伝統的な画題として描かれ続けてきました。一方、同じく人々の身近にありながらも、ネズミはその生活を乱すいわば害獣でした。それでも、しばしば愛嬌のある存在として捉えられてきました。『本朝画史』によると、修行中の雪舟が足で描いた涙の絵はネズミでしたし、ウォルト・ディズニーはネズミを今や世界で最も有名なキャラクターに育て上げました。最近では、覆面画家バンクシーが神出鬼没のネズミをモチーフにしています。
 所蔵品の中から選んだ、ネズミとウシの作品のいくつかをお楽しみください。皆さまにとって、ネズミがシンボルの2020年は果たしてどのような年だったでしょうか?そしてウシがシンボルの2021年はどのような年になるのでしょうか?

 

■会期

2020年12月22日(火曜日)~ 2021年3月7日(日曜日)

 

■会場

2階常設展示室

 

特集の主な展示作品

 warhol micky

 アンディ・ウォーホル《ミッキー・マウス》1981年(寄託品)

 niiro usi

 新納忠之介《牛の像》制作年不詳

 tokitou usi

 時任鵰熊《臥仔牛》1907年

 

その他、所蔵品展の展示作品

  

  黒田の自画像

 黒田清輝《自画像》1889年 

 マチス

 アンリ・マチス《窓辺の婦人》1919年(※およそ9か月ぶりの展示となります)

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2020年12月19日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料
      ※毎月第3日曜日は小・中学生常設展示観覧料無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会