• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 環境保全 > 公害防止 > 大気保全 > 12月は大気汚染防止推進月間です

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

12月は大気汚染防止推進月間です

大気汚染の防止についてみんなで考えましょう

例年、12月は自動車交通量の増加、ビルや家庭の暖房のほか、気象条件の影響などにより、大気汚染物質濃度が高くなる傾向があり、毎年12月を大気汚染防止推進月間として、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。

自転車や公共交通機関の使用を心掛けましょう

冬に空気が汚れる理由のひとつに、自動車交通量の増加があります。天気のよい日は、自転車ででかけるなど、自転車や公共交通機関の使用を心掛けましょう。

コミュニティサイクル「かごりん」

暖房は適度な温度で管理しましょう

過度の暖房使用は空気が汚れる原因となります。重ね着などの工夫で、暖房の室温は20度を目安に管理しましょう。

ウォームビズ(環境省)(外部サイトへリンク)

エコドライブを実践しましょう

自動車に乗っていても環境のために出来ることがあります。普通の発進を少し緩やかにし、不要なアイドリングを行わないなど、エコドライブを実践しましょう。

PM2.5などの大気環境の状況を確認しましょう

PM2.5に関する測定結果や予報は、市ホームページのほか、データ放送や新聞などでも提供されていますので、大気環境の状況を確認しましょう。PM2.5や光化学オキシダントについては、高濃度になると鹿児島県が注意喚起を行うことがありますので、次のことに気をつけましょう。

鹿児島市の大気の状況について

(PM2.5の注意情報が発表された場合)

PM2.5について(鹿児島県ホームページ)(外部サイトへリンク)

不要不急の外出はできるだけ減らす。
・屋外での長時間の激しい運動はできるだけ減らす。
・換気や窓の開閉は必要最小限にすることにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくする。
・呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者の方々は、体調に応じてより慎重に行動する。

(光化学オキシダント注意報が発令された場合)

光化学オキシダントについて(鹿児島県ホームページ)(外部サイトへリンク)

屋外での運動は避ける。
・できるだけ外出は控え屋内に入る。
・換気や窓の家の閉開は必要最小限にすることにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくする。
・目がチカチカしたり、のどに痛みを感じた場合は、目を洗う、うがいをするなどの処置を行い、安静にする。

(症状が回復しないとき、手足のしびれ、呼吸困難などの症状が生じたときは、早めに医師の診察をうけてください)

よくある質問

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1297

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?