緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 肥料価格高騰対策

更新日:2022年10月21日

ここから本文です。

肥料価格高騰対策

国は、肥料価格の高騰による農業経営への影響緩和のため、化学肥料の低減に向けて取り組む農業者を対象に、肥料コスト上昇分の7割を支援する「肥料価格高騰対策事業」を創設しました。

また、鹿児島県・鹿児島市では、国の措置に合わせて肥料コスト上昇分の1.5割をそれぞれ支援することとしております。

鹿児島県・鹿児島市分はそれぞれ在住者のみ対象
注)鹿児島市分はR4.6月からR4.10月に購入した肥料(本年秋肥)が対象

農業者向けパンフレット(PDF:606KB)

 

支援の対象となる肥料

令和4年6月から令和5年5月に購入した肥料
(本年の秋肥と来年の春肥として使用する肥料)が対象です。

 

支援内容

化学肥料低減の取組を行った上で前年度から増加した肥料費を、支援金として交付します。

支援金=【当年の肥料費ー[当年の肥料費÷価格上昇率(1.4)÷使用量低減率(0.9)]

支援割合(国:70/100鹿児島県:15/100鹿児島市:15/100)
注)鹿児島県・鹿児島市分はそれぞれ在住者のみ対象
注)鹿児島市分はR4.6月からR4.10月に購入した肥料(本年秋肥)が対象

 

 

申請に必要なもの

1.対象となる肥料に関する以下の書類

  • 注文票など(対象となる肥料を発注したことがわかるもの)
  • 領収書または請求書など(対象となる肥料の代金を支払ったこと・支払うことがわかるもの)

いずれも肥料の種類、数量、購入費が記載されているものに限ります
※本年秋肥と来年春肥は、それぞれをまとめて、別々に申請してください。

2.化学肥料低減に向けた取組に2つ以上取り組むこと

  • チェックシート(化学肥料低減計画書)にて申告していただきます。

チェックシート(化学肥料低減計画書)(エクセル:17KB)

チェックシート(化学肥料低減計画書)(PDF:110KB)

チェックシート(化学肥料低減計画書)記入例(PDF:169KB)

上記以外にも、農産物の販売伝票など販売実績の証明書等を求められる場合があります

申請方法

農協や肥料販売店などでとりまとめ、5戸以上のグループで申請していただくことを想定していますので、肥料を購入する農協、肥料販売店、または鹿児島県・鹿児島市にお問い合わせください。

その他

事業の詳細や申請関係の様式については、国及び鹿児島県のHPをご確認ください。

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業局農林水産部生産流通課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1340

ファクス:099-216-1336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?