• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 地域福祉 > 第十一回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の支給についてのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

第十一回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の支給についてのお知らせ

【特別弔慰金の趣旨】
今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族の代表者お一人に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

支給対象者

戦没者等の死亡当時のご遺族で、令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける人(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族の代表者お一人に支給。

  1. 弔慰金の受給権者
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
    (注)戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件により順番が入れ替わります。
  4. 上記1から3以外の戦没者唐の三親等内の親族(甥、姪等)
    (注)戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の戦没者等と生計関係を同じくしていた人に限ります。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで
(請求期間を過ぎると、第十一回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。)

申請の流れ

  1. 申請者の状況によりご提出書類が変わるため、窓口にて説明を行います。
  2. 必要書類を揃えて、ご請求の申請をしていただきます。
    (書類審査及び国債発行の期間:申請より約1年程度)
  3. 記名国債発行が完了後、請求者のご住所に通知し、請求窓口にてお受け取りいただきます。
    (注)計3回程度、窓口においでいただくことになりますので、ご承知おきください。

請求に必要な主な書類等

  1. 請求書類等(上記の請求窓口に備え付けています)
    (1)特別弔慰金請求書
    (2)特別弔慰金国庫債券印鑑等届出書
    (3)戦没者等の遺族の現況等についての申立書
  2. 本人確認資料(運転免許証、運転履歴証明書、旅券、公的医療保険の保険証、年金手帳等)
  3. 印鑑(印影が鮮明かつ、劣化しない材質のもの)
  4. 戸籍書類等
    「令和2年4月1日(基準日)現在の請求者の戸籍抄本」等、必要な書類がありますが、請求者が過去に特別弔慰金の請求をしたことがあるか等の状況により、提出していただく書類が異なりますので、詳しくは請求窓口へお問い合わせください。

お問い合せ・請求窓口

請求書の受付窓口は、請求者の居住地を所轄する市町村です。

【鹿児島市居住者の請求場所及び問合せ先】

鹿児島市役所

  • 本庁
    地域福祉課Tel:099-216-1244
    (注)本庁は令和2年4月1日~令和3年3月31日まで本館2階202会議室に受付会場を設置します。
  • 谷山支所
    福祉課Tel:099-269-8472
  • 伊敷支所
    伊敷福祉課Tel:099-229-2113
  • 吉野支所
    吉野福祉課Tel:099-244-7379
  • 吉田支所
    吉田保健福祉課Tel:099-294-1214
  • 桜島支所
    桜島保健福祉課Tel:099-293-2360
  • 桜島支所
    東桜島総務市民課Tel:099-221-2111
  • 喜入支所
    喜入保健福祉課Tel:099-345-3755
  • 松元支所
    松元保健福祉課Tel:099-278-5417
  • 郡山支所
    郡山保健福祉課Tel:099-298-2114

よくある質問

お問い合わせ

健康福祉局福祉部地域福祉課 地域福祉係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1244

ファクス:099-223-3413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?