• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建築関連 > 建築物省エネ法に基づく説明義務

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

建築物省エネ法に基づく説明義務

建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)により、300平方メートル未満の戸建て住宅や小規模なオフィスビル・店舗等の建築を行う場合は、建築士は建築物のエネルギー消費性能基準への適合性について確認を行うとともに、建築主に対し、評価の結果について説明を行う必要があります。

説明義務制度について

小規模な建築物に対しても省エネ対策が求められております。令和3年4月1日から、10平方メートルを超える新築・増改築を行う場合は、建築士は、建築物エネルギー消費性能基準への適合性について評価を行うとともに、建築主に対し評価の結果について書面を交付し説明しなければなりません。ただし、建築物省エネ法に基づく適合性判定又は届出を要する建築の場合、若しくは建築主より評価および説明を要しない意思表明があった場合は必要ありません。

法律や政省令、告示等については、国土交通省「建築物省エネ法のページ」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

リーフレット:快適・安心に暮らす省エネ住宅のススメ(外部サイトへリンク)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1359

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?