• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 地方創生 > 鹿児島市「生涯活躍のまち」構想・基本計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

鹿児島市「生涯活躍のまち」構想・基本計画を策定しました

策定日

平成29年2月27日

計画期間

6年間(平成28年度~33年度)

「生涯活躍のまち」とは

東京圏をはじめとする地域の中高年齢者等が希望に応じ、地方やまちなかに移り住み、多世代の地域住民と交流しながら健康でアクティブな生活を送るとともに、医療、介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくりの実現・普及を目指すものです。

「生涯活躍のまち」における中高年齢者の生活(イメージ)
「生涯活躍のまち」構想における高齢者の生活のイメージ図(出展:国「生涯活躍のまち構想に関する手引き(第3版))
図の出典:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局「『生涯活躍のまち構想』に関する手引き(第3版)」

本市が目指す「生涯活躍のまち」の基本コンセプト:「健"高"医"良"都市・かごしま」

  1. 移住される中高年齢者等が、多様な主体・世代として地域住民等と一体的な交流の促進を図り、地域社会に溶け込みながら、生き生きと輝くことができるコミュニティの形成を実現します。
  2. 良好な医療・介護サービスを受けるための基盤となる「医療・福祉業」等の活性化による雇用を創出します。

具体像

基本コンセプトの実現に向けて、4つの観点から具体化します。

入居者

  1. 年齢
    50代以上を中心とし、幅広い年齢構成についても想定します。
  2. 住み替えの形態
    主たる対象は、大都市圏からの移住者を対象とする「広域移住型」とします。
  3. 所得、属性
    入居者の所得に制限は設けず、幅広い対象者を想定します。

立地・居住環境

  1. 地域社会との交流・協働
    地域住民や多世代が交流できる「地域交流拠点」を事業主体が整備します。
  2. 生活全般のコーディネート
    運営を総合的に調整する「コーディネーター」を事業主体が配置します。
  3. 立地環境
    立地適正化計画における「居住誘導区域」を対象に設置する「まちなか型」とします。
  4. 居住環境
    「タウン型」「エリア型」どちらの選択も可能とします。

サービスの提供

本市の地域特性を生かした特徴あるプログラムを事業主体が提供します。

事業運営

  • 事業主体が自立し、持続可能な事業運営を展開します。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局企画部地方創生推進室

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1507

ファクス:099-216-1108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?