ここから本文です。

更新日:2020年12月15日

原子力防災訓練(令和2年2月9日)

県の原子力防災訓練にあわせて、本市は地域防災計画や避難計画に基づき、関係機関との連携強化や地域住民の防災意識の向上を図るため、防災訓練を実施しました。

原子力災害対策重点区域となる郡山の一部地域では、住民の方々は自家用車とバス(自治会ごとの集合場所から)で、避難退域時検査場所(郡山総合運動公園)を経由後、模擬避難所である郡山中央構造改善センターへ移動する避難訓練を実施しました。このほか、郡山中学校の生徒の方々も参加する中で、炊き出し訓練や避難所運営訓練なども行いました。

訓練の概要

1.日時

令和2年2月9日(日曜日)8時00分~15時15分

2.実施場所

鹿児島市災害対策本部室、県原子力防災センター(オフサイトセンター)、郡山支所、

郡山地域のUPZ(原子力災害対策重点区域)内地域、UPZ内の各自治会集会所等(バス避難時集合場所)、

郡山総合運動公園(避難退域時検査場所)、郡山中央構造改善センター(模擬避難所)など

3.訓練参加機関

災害対策本部員、消防局、交通局、県警(西警察署)、地元住民、郡山中学校生徒など

genntihonnbu

現地災害対策本部会議

 sharyoukennsa juuminnkennsa

避難退域時検査訓練

basuhinann

バスによる避難

uketuke

バーコードを使用した受付

takidasi hinannjuumin

地元の郡山中学校生徒による炊き出し訓練

kennkousoudann

保健師による健康相談

taisou hinannjounneikunnrenn

避難所運営訓練(エコノミークラス症候群予防体操)・避難所運営訓練(避難所のレイアウト案検討)

よくある質問

お問い合わせ

危機管理局 危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?