• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > シティプロモーション > 火山の妖精”さつマグニョン” > さつマグニョン…この生き物は一体なに?

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2019年8月23日

さつマグニョン…この生き物は一体なに?

さつマグニョンは、「桜島」から生まれた“火山の妖精”
はるか昔から鹿児島の地で、コミュニティを作って暮らしていました。

性格は、熱く、温情にあふれ、陽気で元気。
みんなで子育てし、挑戦する者だれにでも温かく、失敗しても元気と勇気を与えてくれる。

そしてこの妖精は、今もカタチを変えて、現代の鹿児島市民の心の中に息づいているのだそう。
ときおり桜島から舞い落ちる火山灰の一粒一粒にさつマグニョンが宿っているのかもしれません。

市民の温かい笑顔や行動のそばではいつも、さつマグニョンがそっと微笑んでいます。

アニメ~未来のタマゴ篇(2分15秒)

桜島の噴火で飛んでくる黒い物体…それは?

実はさつマグニョンのタマゴ桜島から飛んでくる黒い物体

タマゴが飛んでくると、大人たちはすぐに察知し、一斉に立ち上がる。
懸命に落下ポイントに走り込み、みんなで協力してキャッチします。

この地の希望となる”未来のタマゴ”一つ一つを大切にしているのです。

きっとそれは現代の鹿児島市でも同じですね。

一人ひとりに違いがある!?

さつマグニョンは、みんな似たようなフォルムをしているけれども、がっちりしていたり、丸かったり、メガネ(?)をかけていたり、一人ひとりに違いがあります。

さつマグニョンファーストカット

共通しているのは、桜島のような蒸気の出る頭を持っていること。
よく見ると、頭から出てくる蒸気の形もそれぞれ違います
どうやら性格がその形に表れるようです。

さつマグニョン(おとなA)

このさつマグニョンは、たくましい腕と足を持ち、力持ちで怖いものなし!頭の蒸気は、小さく小刻みに出てきます。

さつマグニョン(大人A)

さつマグニョン(おとなB)

このさつマグニョンは、まん丸のフォルムでほっぺが赤く、のんびり屋です。いつも笑顔で頭の蒸気は、ほわほわとおだやかに出てきます。

さつマグニョン(大人B)

さつマグニョン(おとなC)

このさつマグニョンは、何やらメガネのようなものをつけていて、いかにも賢そう。

もの知りでまとめ役でもあり、頭の蒸気は、落ち着いた感じで真上に出ていきます。

さつマグニョン(大人C)

さつマグニョン(赤ちゃん)

さつマグニョンの赤ちゃんは、まだ頭の上の火山ができていません。ほっぺが赤く、なぜか下の歯が2本見えています。

好奇心がつよく、よく泣きますが、おとなたちにあやされると涙を流しながらもすぐ笑顔になります。

頭の蒸気は、気持ちが高まると、ひとつだけぽっと出ます。

さつマグニョン(赤ちゃん)

名前はまだない

さつマグニョンたちの一人ひとりに名前があったかどうかは不明です。

でも、さつマグニョンたちは、独自の言葉で会話をしているようなので、きっと名前もあったはず!

いつか名前が分かる日が来るかもしれません。

第二弾動画もまもなく公開

第二弾のアニメ「全力応援編」を9月に公開予定です。

さつマグニョン(おとなC)が登場します。お楽しみに!

(エキストラ出演者の皆さま、長らくお待たせいたしました。)

全力応援篇

シンボルマーク「マグマシティ」とは兄弟のような関係です

シンボルマーク「マグマシティ」鹿児島市が新たに作ったシンボルマーク「マグマシティ」と「火山の妖精”さつマグニョン”」は、実は同じコンセプトから生まれた兄弟のような関係にあります。

どちらにも、鹿児島人の心のよりどころである桜島をモチーフに、鹿児島市民の温かい気質と、人と人の交流で”わくわくする未来”を育んでいこうとするメッセージが込められています。

 

さつマグニョン関連のお知らせ

 

お問い合わせ

総務局市長室広報戦略室

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-9547

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?