• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > シティプロモーション > ラッピング電車「さつマグ電」出発!

ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

ラッピング電車「さつマグ電」出発!

市内の大学・短大・専門学校の学生さん達による「“マグマシティ”市電デザインプロジェクト」でデザインした、シンボルマーク「マグマシティ」と「火山の妖精・さつマグニョン」のラッピング電車が運行を開始しました。

車両デザイン

車体の色

マグマシティ・レッドとマグマシティ・ブルーを基調に、2色の間にマグマシティ・ブラウンとホワイトのラインを入れ、コントラストが美しく映えるよう配慮しています。

右側面

さつマグニョンの子どもたちが桜島の火口から生まれて空を舞う様子や、その子どもたちを笑顔で迎え入れる大人のさつマグニョンたちを描き、新しい世代が生まれ、育ち、ともにわくわくする未来を紡いでいこうとする姿を、鹿児島市の未来と重ね合わせて表現しています。

空を舞うさつマグニョンや桜島の麓に立つさつマグニョンは、プロジェクトメンバーが独自に考案した新しいさつマグニョンたちです。

さつマグ電の右側面

左側面

鹿児島市のブランドメッセージ「あなたとわくわくマグマシティ」と「さつマグ電」の文字、マグマシティのシンボルマークを配置し、メッセージをシンプルに表現しています。
入口ドアには、乗客を笑顔で歓迎するさつマグニョンを配置しました。

さつマグ電の左側面

学生の発案で車内ジャックも!

プロジェクトメンバーの発案により、車内も広告ジャックを行い、さつマグニョンの世界観や鹿児島市の魅力などを紹介しています。

これによって、車両全体で鹿児島市のブランドメッセージを表現しています。

車内ジャック広告1

車内ジャック広告2

車内ジャック広告3

車内ジャック広告4

学生たちがデザイン!みんなの「さつマグ電」

市内の大学・短大・専門学校の学生18名が参画した「“マグマシティ”市電デザインプロジェクト」。令和元年6月から7月にかけて3回にわたりワークショップを重ね、デザイン制作や愛称の検討などを行いました。

ワークショップでは、メンバー同士和気あいあいと意見交換を重ねる中で、柔軟でみずみずしい発想によるアイデアが次々と生まれ、見ているだけでわくわくするような、素晴らしいデザインに仕上がりました。

プロジェクトメンバーの皆さん、本当におつかれさまでした!

ワークショップの様子1

ワークショップの様子2

ワークショップの様子3

ワークショップの様子4

ワークショップの様子5

ワークショップの様子6

ワークショップの様子7

ワークショップの様子8

プロジェクトメンバー

「さつマグ電」出発式

令和元年9月2日(月曜日)、交通局で「さつマグ電」のお披露目と出発式を行いました。

式には、プロジェクトメンバーの皆さんも参加。市長やシティプロモーションアドバイザー、市議会議長、交通局長と一緒にテープカット。同時にくす玉も割って、笑顔で出発を祝いました。

テープカット後、みんなで記念撮影

さつマグ電、出発!

「さつマグ電」で、「あなたとわくわくマグマシティ」

こうして、学生さんたちの手で生み出された「さつマグ電」。

この電車がまちなかを颯爽と走るたびに、「あなたとわくわくマグマシティ」という鹿児島市のブランドメッセージが、市民の皆さんや、鹿児島市を訪れるたくさんの方々のもとへと届き、まちの風景も一層わくわくするものへと変わっていくでしょう。

まちなかで「さつマグ電」を見つけたら、あなたもきっと、わくわくするはず。

軌道敷の芝生に映える「さつマグ電」


よくある質問

お問い合わせ

総務局市長室広報戦略室

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-9547

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?