緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

ホーム > 子育て・教育 > 学校教育 > 新型コロナウイルス感染症関連 > 市立学校の新型コロナ対策に関する情報

更新日:2022年1月27日

ここから本文です。

市立学校の新型コロナ対策に関する情報

市立学校の新型コロナ対策に関する情報はこちらをご覧ください

 大型連休中を含む前後の新型コロナウイルス感染症対策

1.新型コロナウイルス感染症対策の徹底

(1)「3つの密」(特にリスクの高い5つの場面)の回避、マスクの適切な着用、こまめな換気、手洗いなど基本的な感染対策を行う。

(2)毎朝の検温等の健康観察を入念に行い、発熱や体調不良等の場合は、登校・出勤を控え、早めに医療機関を受診する。

(3)臨時休業が決定した際は、児童生徒の学びの保障のため、オンラインを活用した取組を積極的に進めるようにする。

2.部活動等の対応

(1)「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~『学校の新しい生活様式』~(2022年4月1日Ver.8)」(外部サイトへリンク)における学校の行動基準「レベル3」に基づいた対策を徹底する。

  • 部活動前後の児童生徒同士でのマスクを外した会話や食事を控えるよう、特に指導を徹底する。
  • 活動開始前の検温、健康観察を実施する。
  • なるべく個人での活動とし、少人数で実施する場合は十分な距離を空けて活動する。
  • 密集する運動や接触したりする場面が多い活動、向かい合って発声したりする活動は行わないようにする。

(2)練習試合や合宿等を行う際は、必要性を慎重に判断する。また、遠征先の感染状況や感染した際の対応等を検討し、保護者の理解と承諾を得る。また、会場への移動時や飲食時の感染症対策も徹底を図る。

(3)感染不安がある場合は、無料のPCR検査等も活用する。

3.修学旅行等の学校行事

  • 集団での移動や宿泊を伴う学校行事等については、地域の感染状況等を把握の上、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」等を踏まえ、感染防止策の確実な実施や保護者への説明を行った上で実施を検討する。

4.新型コロナウイルス感染症に基づく偏見や差別の防止の徹底

(1)インターネット上や家庭における課題が生じている可能性も踏まえ、悩みを抱える児童生徒の早期発見に努める。
(2)児童生徒が新型コロナウイルス感染症を理由とした、いじめや偏見等に悩んだ場合の相談窓口等の周知を行うとともに、心のケア等に努める。

新年度の学校における新型コロナ感染拡大防止に係る対応

令和4年度の重点的な取組

  • 感染症拡大防止に係る学校への依頼と指導
  • 学校のBCP(事業継続計画)に係る指導
  • やむを得ず学校に登校できない場合の学習の機会の確保

新年度における学校の新型コロナウイルス感染症対策については、下記資料をご確認ください。

  1. 新型コロナ感染症等による出席停止等に係る児童生徒の学習の機会の確保について(PDF:82KB)
  2. 新年度における新型コロナウイルス感染症対策について(PDF:164KB)

令和3年度の取組(継続中)

  • 学級閉鎖期間中のオンライン授業の実施(全小・中学校の9割で実施)
  • 自宅待機児童生徒への学習課題の配布
  • ICT端末を活用した自宅学習課題の配信と回収
  • Wi-Fi環境がない家庭へのSIMカード付きモバイルルータの貸出
  • オンライン授業実施のための説明動画の配信

ICTを活用した授業の様子

令和3年(7月1日から11月30日まで)の市立学校の新型コロナウイルス感染状況

1 令和3年7月1日から11月30日までの感染者数、感染者数発生校数及び臨時休業数とその推移 

 令和3年7月1日から11月30日までの感染者数、感染者発生校数及び臨時休業数とその推移(PDF:379KB)

2 感染の状況

(1)7月1日から11月30日までに学校で確認された感染者は310人だった。

(2)8月は「中学校・高等学校」の区分でクラスターが1校発生した。

(3)8月は第5波の影響により、感染拡大があったことから他の月より感染者数が多かった。

(4)10月中旬以降は第5波の収束に伴い、落ち着いた状況が続いている。

3 感染症対策

(1)文部科学省の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル(2021年11月22日Ver.7)」を踏まえた感染症対策の継続

第6波に備え、変異株であっても基本的な感染予防策は従来株と変わらず、「3つの密」(特にリスクの高い5つの場面)の回避、マスクの適切な着用、こまめな換気、手洗いなどの基本的な感染症対策を行う。

「新たなレベル分類の考え方」(令和3年11月8日新型コロナウイルス感染症対策分科会)を踏まえた学校の行動基準による教育活動を継続し、子供の健やかな学びを保障する。

地域の感染状況に応じた感染症対策を実施し、特に部活動や寮生活における集団感染に気を付ける。

感染者や濃厚接触者になったことによる差別・偏見・いじめ・誹謗中傷などの防止に向けた取組を行う。

(2)家庭との連携

毎日の健康観察や換気など「新しい生活様式」の実践を継続する。

家庭外における状況に応じた感染症対策の実施を継続する。

  夏季休業中(令和3年7月21日から8月31日まで)の市立学校の新型コロナウイルス感染状況

1夏季休業中(令和3年7月21日から8月31日まで)の感染者数、感染者発生校数の推移

夏季休業中(令和3年7月21日から8月31日まで)の感染者数、感染者発生校数の推移(PDF:475KB)Open this document with ReadSpeaker docReader

2感染の状況

(1)7月21日から8月31日までに学校で確認された感染者は243人だった。

(2)8月は「中学校・高等学校」の区分でクラスターが1校発生した。

3「まん延防止等重点措置」期間(9月12日まで)における主な対応

 

 (1)本市は「まん延防止等重点措置」が適用されていることから、その期間、学校における感染拡大のリスクを可能な限り低減させるために以下のような対応を行う。

 

ア授業時間の短縮(5分間)による手洗い・換気等の時間の確保

イ登校は、原則時差登校を実施

ウ運動会、体育大会等は、実施しない。

エ部活動は、原則中止など

(2)文部科学省の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル(2021年4月28日Ver.6)」を踏まえた感染症対策の継続

(3)家庭との連携

ア家庭では毎日の手洗いや換気、健康観察(検温等)を行い、児童生徒及び同居家族に発熱等の症状がある場合、保護者は、児童生徒の自宅休養や状況に応じた早めの医療機関受診に努めるようにする。

イ会食等については、人と人との間隔を十分に確保するとともに、大人数や長時間、マスクなしでの会話を控えるなど感染症防止策を徹底する。

 学校における新型コロナウイルス感染症の臨時休業等の対応

緊急事態宣言時等における臨時休業

1.学校の臨時休業〔区分:「全部」(学校全体)、「一部」(学級・学年閉鎖)〕

〈学級閉鎖〉

以下のいずれかの状況に該当し、学級内での感染が広がっている可能性が高い場合、学校医等と相談の上、学級閉鎖を実施する。

また、学級閉鎖の期間としては、原則5日間とし、それ以降については、保健所と相談の上、感染の把握状況、感染の拡大状況、児童生徒等への影響等を踏まえて判断する。

(1)同一学級において複数の児童生徒の感染が判明した場合

(2)感染が確認された者が1人であっても、周囲に未診断の風邪等の症状を有する者が複数いる場合

(3)1人の感染者が判明し、複数の濃厚接触者が存在する場合

(4)その他、設置者で必要と判断した場合

〈学年閉鎖又は学校全体の臨時休業〉

複数の学級(学年)を閉鎖するなど、学年内(学校全体)での感染が広がっている可能性が高い場合、学校医等と相談の上、学年閉鎖(学校全体の臨時休業)を実施する。

2.市又は地域の臨時休業

保健所等と相談の上、地域、市全体の区分で臨時休業の要否、対象、期間を判断する。

※まん延防止等重点措置等の適用が終了した場合は、平常時の措置への移行を検討する。

平常時の措置

1.基本的な考え方

児童生徒・学校職員に感染者が発生し、又は濃厚接触者と特定された者がいる場合、保健所と相談の上、臨時休業の要否等を判断する。
また、臨時休業を実施した場合、保健所と相談の上、再開を検討する。
なお、濃厚接触者は、2週間の自宅待機とする。

2.市又は地域の臨時休業

保健所と相談の上、地域、市全体の区分で臨時休業の要否、対象、期間を判断する。

3.偏見や差別の防止

児童生徒、学校職員が、陽性・陰性のいずれの場合にも、偏見や差別などが生じないよう、児童生徒や保護者、学校職員への配慮等を十分に行う。 

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う学校の対策・対応等

鹿児島市内の接客を伴う飲食店における、新型コロナウイルス感染症のクラスターの発生に伴う、現段階(令和2年7月5日)での各学校の対策・対応等です。

(1)新型コロナウイルス感染症対策の徹底について

  1. 3密の場面を避けるとともに、手洗いやうがい、換気などの感染症対策を徹底すること。
  2. 発熱や体調不良等の児童生徒については、登校を控えるようにすること。
  3. 自宅や学校での検温を徹底すること。
  4. マスクの着用について、熱中症対策を講じながら適切に対応すること。
  5. 新型コロナウイルス感染症に関する知識等について、改めて、発達の段階に応じた指導を行うこと。

(2)保護者からの新型コロナウイルス感染症に関する個人情報の取扱いについて

  1. 保護者からの情報については、プライバシーの保護に努めること。
  2. 保護者からの情報に関して、偏見やいじめ等が生じないように十分指導すること。

 

 市立学校の新型コロナウイルス感染状況に係る公表のあり方

(1)公表の観点

  1. 誹謗中傷や差別・偏見等から、児童生徒、学校職員等を守る。
  2. 感染拡大防止に資するため、感染状況の概要と今後の対応策を示す。

(2)公表内容及び時期

  1. 学校が臨時休業(全部又は一部(※1))を実施した場合、原則として、感染者や濃厚接触者の登校が再開された後に、「市立小学校」、
    「市立中・高等学校(※2)」の2区分で、学校数や臨時休業期間について公表する。
    (※1)「全部」は学校全体、「一部」は学年又は学級とする。
    (※2)市立高校は3校のため、中学校と併せた区分とする。
  2. 学校においてクラスターが発生した場合には、保健所と協議の上、検討する。
  3. 別途、上記1に関する一定期間(学期毎等)の全体状況とともに、今後の感染拡大防止策を示す。

 

 新型コロナウイルス感染症発生による市立学校の臨時休業

新型コロナウイルス感染症発生による市立学校の臨時休業にかかる情報は下記の関連リンクをご覧ください

新型コロナウイルス感染症発生による市立学校の臨時休業

 

 

 令和3年(3月から6月末まで)市立学校の新型コロナウイルス感染状況

令和3年(3月から6月末まで)市立学校の新型コロナウイルス感染状況は下記の関連リンクをご覧ください

令和3年(3月から6月末まで)市立学校の新型コロナウイルス感染状況 

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部保健体育課

〒892-0816 鹿児島市山下町6-1

電話番号:099-227-1952

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?