• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 産業・ビジネス > 中央卸売市場 > 青果市場 > 青果市場からのお知らせ > 青果市場による残留農薬自主検査結果

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

青果市場による残留農薬自主検査結果

目的

鹿児島市中央卸売市場青果市場では、保健所の収去検査による残留農薬検査も行われていますが、当市場から流通する青果物は「安心・安全」であるという消費者の信頼を確立するとともに、生産者の農薬適正使用の意識啓蒙を図るため、市場関係者が協力し、自主的に残留農薬検査に取り組んでいます。

目的を達成するために

主に県内産の青果物を対象として、28年度は3回実施しました。

なお、検査機関は県内でも残留農薬検査実績の多い、「JA鹿児島県経済連食品総合研究所」に依頼しております。

平成28年度第1回実施結果

今回の検査では、食品衛生法に定める残留農薬基準を超過するものはありませんでした。

1.検査対象品目、検査成分数、及び基準を超過した成分名

  • (1)チンゲンサイ、360成分、なし
  • (2)いちご、360成分、なし
  • (3)白ねぎ、360成分、なし
  • (4)デコポン、300成分、なし

2.検査依頼日

平成28年12月19日

平成28年度第2回実施結果

今回の検査では、食品衛生法に定める残留農薬基準を超過するものはありませんでした。

1.検査対象品目、検査成分数、及び基準を超過した成分名

  • (1)ほうれんそう、360成分、なし
  • (2)ニンジン、360成分、なし
  • (3)みずな、360成分、なし
  • (4)チンゲンサイ、360成分、なし

2.検査依頼日

平成29年1月23日

平成28年度第3回実施結果

今回の検査では、食品衛生法に定める残留農薬基準を超過するものはありませんでした。

1.検査対象品目、検査成分数、及び基準を超過した成分名

  • (1)ほうれんそう、360成分、なし
  • (2)いちご、360成分、なし
  • (3)たんかん、300成分、なし
  • (4)白ねぎ、360成分、なし

2.検査依頼日

平成29年3月21日

残留農薬基準とは

残留農薬基準とは、その農薬を一生涯に渡って仮に毎日摂取し続けたとしても、危害をおよぼさないとみなせる許容量(農林水産省ホームページより)

お問い合わせ

産業局中央卸売市場青果市場

〒891-0115 鹿児島市東開町11-1

電話番号:099-267-1311

ファクス:099-267-1314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?