• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 文化・スポーツ > 文化振興・文化財 > 募集・案内 > 第46回鹿児島市春の新人賞受賞者

ここから本文です。

更新日:2020年12月1日

第46回鹿児島市春の新人賞受賞者

鹿児島市芸術文化協会が主催し、鹿児島市、鹿児島市教育委員会が共催で実施している「鹿児島市春の新人賞」は、文化芸術の将来を担う人材の育成と鹿児島市における文化芸術活動の向上発展を目的として、本市を中心に優れた芸術活動を行っている若い芸術家を顕彰し、今後の活躍を期待して贈られるものです。

第46回鹿児島市春の新人賞は、令和2年10、11月に選考委員会が開催され、次の3名の方々が受賞されました。

川野 貴之(かわの たかゆき)(声楽)

かわのたかゆきしゃしん

鹿児島市出身大津市在住・フリーランス

テノール歌手として、国内では数少ないプロの声楽アンサンブルであるびわ湖ホール声楽アンサンブルに2014年から5年間所属し、国内各地で研鑽を重ねてきた。鹿児島においても、テノール歌手としての力量が問われるソロリサイタルを定期的に開催しており、その意欲的な企画と豊かな表現力が高い評価を受けている稀有な存在である。今後は鹿児島での幅広い活躍が期待されている。

繁昌 絵美(はんじょう えみ)(美術)

はんじょうえみしゃしん

鹿児島市出身鹿屋市在住・鹿児島県立鹿屋高等学校勤務

羊を自身に重ねた心象画は、確かなデッサン力と構成力に裏打ちされて、独自の世界を創り上げている。自己と向き合う真摯さと表現への貪欲な姿勢が高く評価され、2018年南日本美術展吉井賞、2020年南日本女流美術展女流賞と立て続けに大きな賞に輝くなど、充実した画力を示している。教育者としても、自らの創造活動を教育に活かすことに努力しており、今後のさらなる飛躍が期待される。

宮田 晃志(みやた こうし)(演劇)

みやたこうししゃしん

鹿児島市在住・会社員・演劇集団宇宙水槽主宰

劇作・演出家として透明感のあるファンタジー作品が若い世代を中心に大きな支持を得ている。また、舞台美術でも照明を巧みに取り込んだ空間構成は観る者を魅了している。2019年12月には主宰劇団が第1回九州若手劇団アワードを受賞するなど、その活動は鹿児島にとどまらず広く注目されている。鹿児島のこれからの演劇界をけん引する人材として益々の活躍が期待されている。

過去の受賞者

過去の受賞者一覧(PDF:67KB)

問い合わせ先

鹿児島市芸術文化協会事務局

099-248-7780

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局市民文化部文化振興課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1501

ファクス:099-216-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?