ここから本文です。

地震じしん

地震発生じしんはっせいの 行動マニュアルこうどうまにゅある

日本にほんは 地震じしんが おおい くにです。いつ どこで 地震じしんが こっても 不思議ふしぎでは ありません。
また、地震じしんが こると、 津波つなみも こることが あります。
地震じしんが きたときの 被害ひがいを ちいさく するために、 防災対策ぼうさいたいさくを ととのえましょう。

時間別じかんべつ地震じしんが こったときの 行動マニュアルこうどうまにゅある

地震発生じしんはっせい

  • あたまを 保護ほごし、 じょうぶな つくえの したに 避難ひなんする
  • あわてて そとに とびださない
  • 無理むりして を さない

ゆれが おさまって

  • 津波つなみや やま・がけくずれが きやすい 地域ちいきに いる ひとは、 すぐに 避難ひなんする

0ふん-5分後ふんご

  • われた ガラスがらすや たおれた 家具かぐに 注意ちゅういしながら を したり 家族かぞくの 安全あんぜんを 確認かくにんする

5ふん-10分後ふんご

  • 避難ひなんする 出口でぐちを みつけて、 非常持出品ひじょうもちだしひんを 
  • 元栓もとせんを しめて、 でんきの ブレーカーぶれーかーを 
  • ラジオらじおで 情報じょうほうを 

10ふん-半日後はんじつご

  • とくに たすけを 必要ひつようとする ひとが いる ちかくの いえには 積極的せっきょくてきに こえを かける
  • 火災かさいが ひろがることを ふせぐための 消火活動しょうかかつどうや、 けがにんの 救護きゅうごを する
  • いえが たおれる危険きけんが あれば、 避難場所ひなんばしょや 広場ひろばに 避難ひなんする
  • はなれた家族かぞくの 安全あんぜんを 確認かくにんする
    安全あんぜんの 確認かくにんは 災害用伝言ダイヤルさいがいようでんごんだいやるや、 災害用伝言版さいがいようでんごんばんを つかいましょう

半日はんにち-3日後にちご

  • 地震じしんが こってから 数日すうじつの あいだは、 水道すいどう、 ガスがす、 電気でんき、 電話でんわなどが 使つかえなく なります。
    また 食料しょくりょうの 供給きょうきゅうも なくなります。
    事前じぜんに 生活せいかつで 必要ひつようなものは、 準備じゅんびして おきましょう。


阪神・淡路大震災はんしん・あわじだいしんさいの ときの、 復旧ふっきゅうに かかった 日数にっすう
 電気でんき 1週間しゅうかん

 電話でんわ 2週間しゅうかん 

 ガスがす水道すいどう 3ヶ月かげつ

危機管理課ききかんりか
鹿児島市山下町かごしましやましたちょう11-1
TEL 099-216-1213

いえの なかの 安全対策あんぜんたいさく

1.いえの なかに 安全あんぜんな 場所ばしょを つくりましょう。

いえの なかの にげる ばしょ

2. 寝室しんしつ、こどもや お年寄としよりの いる へやには 家具かぐを おかない。 ているときに 地震じしんが きると 危険きけんです。こどもや お年寄としより、病人びょうにんは げおくれる 可能性かのうせいが あります。

こどもや おとしよりの へやには かぐを おかない

3. 地震じしんで おおきな 家具かぐが たおれると 危険きけんです。転倒防止器具てんとうぼうしきぐで 固定こていして 家具かぐが たおれないように しましょう。

おおきな かぐは てんとう ぼうし きぐを つける

4. 安全あんぜんに 避難ひなんできるように 出入でいぐちや 通路つうろに ものを かないように しましょう。地震じしんが こった ときに、出入でいぐちを ふさいで しまうことが あります。

でいりぐちや つうろには ものを おかない

地震じしんによる 津波つなみそなえる

  1. 海岸かいがんを はなれて たかい ばしょへ。
  2. 地震じしんが きたら 海岸かいがんから 「とおい 場所ばしょ」よりも、 「たか場所ばしょ」へ 避難ひなん しましょう。
  3. ゆれかた震度しんど)と、 規模きぼマグニチュードまぐにちゅーど)は べつです。
    ちいさい ゆれでも 大津波おおつなみが きるかも しれません。
  4. しおが なくても 津波つなみに 注意ちゅうい
  5. 津波つなみの まえに しおが あるとは かぎりません。
  6. 津波つなみは くりかえし おそって きます。
    1回目かいめで 安心あんしんしては いけません。
    くまで 注意ちゅういしましょう。

じしんが おきたら かいがんから はなれて たかい ばしょへ にげる