• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 市長ほっとコーナー > 市長フォト・ライブラリー

ここから本文です。

更新日:2018年9月28日

市長フォト・ライブラリー

市長が市民の皆さんと参加した主な催し物や、市長室を訪れたお客様の様子などを、写真と市長のコメントで紹介する「市長フォト・ライブラリー」。
写真は、随時更新します。どうぞご覧ください。

また、市長が出席・参加する主な会議・催しなどの情報は、「今後の市長の動き」をクリックしてください。

8月31日(金曜日)平成30年度市政報告会

東京都内で市政報告会を開催し、森市長が30年度の主要施策について本県出身者約600名の出席者に報告しました。大河ドラマ『西郷(せご)どん』など明治維新150周年の盛り上がりや、平成32年開催予定の『かごしま国体」のPR、世界トップクラスの火山防災対策を国内外にアピールする『火山トップシティ構想』など、多彩な魅力を生かしながらさらに力強く前進していく本市の姿を紹介しました。

30年度市政報告会1 30年度市政報告会2

8月29日(水曜日)平成30年度市民健康づくり事業功労者表彰式(中央公民館)

生涯を通じた健康づくりに関する意識の高揚を図るため、永年にわたり地域における健康づくりを推進し、功績のあった26人の功労をたたえ、表彰しました。

平成30年度市民健康づくり事業功労者表彰式1 平成30年度市民健康づくり事業功労者表彰式2

8月28日(火曜日)国立ナポリ美術学院 デ・シモーネ氏が市長を訪問(応接室)

2019年にナポリの国立考古学博物館で開催される火山文化の展覧会のため調査に訪れた、国立ナポリ美術学院のジローラモ・フェルディナンド・デ・シモーネ教授が森市長を訪問しました。

デ・シモーネ氏が市長を訪問1 デ・シモーネ氏が市長を訪問2

8月25日(土曜日)明治維新150周年記念3市長トークライブ(城山ホテル鹿児島)

明治維新150周年の歴史的節目の年に、本市と観光や文化を通した交流協定を結んでいる、札幌市と松本市の市長とトークライブを行いました。「スポーツを生かした観光まちづくり」をテーマに、活気あるまちづくりについて意見交換しました。

明治維新150周年記念3市長トークライブ1 明治維新150周年記念3市長トークライブ2

8月22日(水曜日)災害時における燃料物等物資の供給体制の確保に関する協力協定締結式(応接室)

地震、風水害等の大規模な災害が発生した際に適切・円滑な消防活動を実施し被害の軽減を図るため、鹿児島市危険物安全協会と、災害現場で活動する消防車、救急車等への継続的・安定的な燃料等物資の供給体制を確保する協定を締結しました。

災害時における燃料物等物資の供給体制の確保に関する協力協定締結式1 災害時における燃料物等物資の供給体制の確保に関する協力協定締結式2 

8月21日(火曜日)株式会社クエイルとの立地協定締結式(応接室)

市の創業支援施設「ソーホーかごしま」、「ソフトプラザかごしま」出身のソフトウェア開発企業と立地協定式を結びました。

株式会社クエイルとの立地協定締結式1 株式会社クエイルとの立地協定締結式2

8月19日(日曜日)3×3(スリー・バイ・スリー)「PREMIER.EXE」鹿児島大会(アミュ広場)

鹿児島で初開催となった、バスケットボール3人制男子プロリーグ「3×3 PREMIER.EXE」の九州・沖縄地区大会がアミュ広場で開催されました。森市長は始球式を行ったほか、出場選手を激励しました。

スリー・バイ・スリー「PREMIER.EXE」鹿児島大会1 スリー・バイ・スリー「PREMIER.EXE」鹿児島大会2 

8月18日(土曜日)明治維新150周年記念第18回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会(鹿児島港本港区)

九州初の1尺玉150連発打ち上げのほか、九州の13社の花火師たちが技を競い合う競技会を開催し、約14万5千人の来場者でにぎわいました。

明治維新150周年記念第18回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会1 明治維新150周年記念第18回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会2

8月17日(金曜日)ごみ減量化まち美化児童作品コンクール表彰式(本館特別会議室)

「ごみの減量化・資源化部門」と「まち美化」の2つの部門で特選に選ばれた児童12人に賞状と記念品が贈られました。森市長は「友達にも呼びかけながら、積極的に環境に優しい活動に取り組んでほしい」とあいさつしました。

2018ごみ減量化まち美化児童作品コンクール表彰式1 2018ごみ減量化まち美化児童作品コンクール表彰式2

8月15日(木曜日)第二次世界大戦戦亡者慰霊祭(城山町)

遺族をはじめ関係者などが参列して探勝園の第二次世界大戦敵味方戦亡者慰霊碑前で厳かに行われました。戦亡者に対し森市長や児童代表などから慰霊のことばが捧げられた後、献花を行いました。

2018第二次世界大戦戦亡者慰霊祭-1 2018第二次世界大戦戦亡者慰霊祭-2 

8月8日(水曜日)~12日(日曜日)サンタローザ市訪問(サンタローザ市)

昨年の大規模な山火事により甚大な被害を受けたアメリカ・サンタローザ市を訪問し、被害のお見舞いと被災・復興状況の視察を行いました。長澤鼎の縁で交流してきた同市及びサンタローザ鹿児島友好協会に本市から支援を行ったことに対し、招待があったもので、クリス・コーシー市長と改めて今後の友好の絆を確認しました。

サンタローザ訪問3 サンタローザ訪問1

8月7日(火曜日)災害義援金贈呈式(応接室)

テクノ冷熱株式会社(南栄5丁目)の中野津忠文代表取締役から、7月豪雨の被災者支援のための義援金が、森市長に手渡されました。森市長は、「被災地の復旧、復興に役立てたい」とお礼を述べました。

2018災害義援金贈呈式1 2018災害義援金贈呈式2

8月6日(月曜日)駐日オーストラリア大使が市長を表敬(応接室)

駐日オーストラリア大使リチャード・コート氏が来鹿され、森市長を訪問しました。パース市出身の大使は、市電パース号でパース通りを訪れ、姉妹都市盟約を締結している本市とパース市の交流状況を視察しました。

オーストラリア大使訪問1 オーストラリア大使訪問2

8月6日(月曜日)九州最南端ロックフェスティバル「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL」関係者が市長を訪問(応接室)

桜島多目的広場・溶岩グラウンドで開催される、九州最南端のロックフェスティバル「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL」の発起人のタブゾンビさんと関係者が森市長を訪問しました。

タブゾンビさん市長を訪問1 タブゾンビさん市長を訪問2

8月5日(日曜日)かごしま市消防70の祭典(市民文化ホール)

消防発足から70周年の節目を迎えるにあたり、市民の防火・防災意識の高揚と消防に対する理解を深めてもらうため、「かごしま市 消防70の祭典」を開催しました。

2918消防70の祭典-1 2918消防70の祭典2

8月5日(日曜日)市民一斉清掃「クリーンシティかごしま2018」(天文館周辺地区)

毎年8月は「美しいまちづくり運動強調月間」。その取り組みの一つとして、森市長は中心市街地である天文館地区にて、周辺町内会・通り会・企業・学生などとともに清掃活動を実施しました。

クリーンシティかごしま2018-1 クリーンシティかごしま2018-2

8月3日(金曜日)格闘家菊野克紀氏が市長を訪問(応接室)

本市出身の格闘家菊野克紀さんが、11月に主催する格闘技トーナメント大会の案内のため森市長を訪問しました。森市長は、「子どもたちに自信と元気を与えてほしい」と激励しました。

菊野克紀さん市長を訪問1 菊野克紀さん市長を訪問2

7月30日(月曜日)松本市交流団が市長を訪問(本館特別会議室)

平成25年度から始まった松本市とのスポーツ交流事業が本市で実施されるにあたり、松本市の交流団29名が森市長を訪問しました。

2018松本市交流団が市長を訪問-1 2018松本市交流団が市長を訪問-2

7月30日(月曜日)(株)アウトソーシングビジネスサービスと立地協定を締結(応接室)

製造業派遣の大手、株式会社アウトソーシングの障害者雇用に関する特例子会社である株式会社アウトソーシングビジネスサービスが、鹿児島中央駅前にグループ企業のバックオフィス業務等を行う事務処理センターを新設するにあたり、立地協定を締結しました。

アウトソーシングビジネスサービスと立地協定を締結-1 アウトソーシングビジネスサービスと立地協定を締結-2

7月30日(月曜日)「ミゼレーレ」像除幕式(本館特別会議室前)

本市の名誉市民で彫刻家の中村晋也さんから、平安な世の中を願って制作したブロンズ像「ミゼレーレ」が寄贈され、本庁で除幕式を行いました。森市長は、「中村先生の作品は地域の大きな魅力になっており、この像も多くにみなさんに親しまれてほしい」と話しました。

ミゼレーレ像除幕式-1 ミゼレーレ像除幕式-2

7月26日(木曜日)大量軽石火山灰を想定した車両走行検証実験(有村町)

桜島の大規模噴火に備え、大量の軽石や火山灰が積もった状況で、車両が走行できるかを検証しました。

大量軽石火山灰を想定した車両走行検証実験 大量軽石火山灰を想定した車両走行検証実験2

7月25日(水曜日)鶴岡市派遣中学生親善使節団市長訪問(本館特別会議室)

戊辰戦争後、薩摩藩と庄内藩のつながりが生まれたことをきっかけに兄弟都市となった鶴岡市から、親善使節団として本市に派遣された中学生らが、森市長を訪問しました。

2018鶴岡市派遣中学生親善使節団激励式-1 2018鶴岡市派遣中学生親善使節団激励式-2

7月25日(水曜日)第7回「INASサッカー世界選手権2018」スウェーデン大会日本代表市長訪問(応接室)

8月開催の知的障害者のサッカー国際大会に出場する本市在住の谷口拓也選手と原良田龍彦選手が、森市長を訪問しました。公式応援Tシャツを贈られた森市長は「日頃の練習成果と薩摩魂を発揮して」と激励しました。

INASサッカー世界選手権2018」スウェーデン大会日本代表市長訪問-1 INASサッカー世界選手権2018」スウェーデン大会日本代表市長訪問-2

7月24日(火曜日)原付バイクオリジナルナンバープレートデザイン表彰式(応接室)

本市の原付バイクのオリジナルナンバープレートの採用デザインが、市民投票で決定したことを受け、作者で本市出身の宮路真彩子さんに森市長が表彰状を手渡しました。

2018原付バイクオリジナルナンバープレートデザイン表彰式-1 2018原付バイクオリジナルナンバープレートデザイン表彰式-2

7月23日(月曜日)大垣市への中学生親善使節団激励式(市教育総合センター)

薩摩義士による木曽三川治水工事を縁として都市交流が始まった岐阜県大垣市に、親善使節団として派遣する中学生たちの激励式を行いました。

2018大垣市への中学生親善使節団激励式-1 2018大垣市への中学生親善使節団激励式-2

7月23日(月曜日)市優良工事等表彰式(本館特別会議室)

本市では、建設技術の進歩向上と公共工事の品質の確保を図るため、より良い施工技術や創意工夫、優れた施工管理により完成した優良な工事の施工者や技術者を表彰しています。今回、平成29年度に完成した工事の中から3部門11件(土木5件、建築3件、設備3件)を選定し、表彰式を行いました。

2018市優良工事等表彰式-1 2018市優良工事等表彰式-2

7月23日(月曜日)大垣市からの中学生親善使節団が市長を訪問(本館特別会議室)

薩摩義士による木曽三川治水工事を縁として都市交流が始まった岐阜県大垣市から派遣された中学生親善使節団が森市長を訪問しました。

2018大垣市からの中学生親善使節団が市長を訪問-1 2018大垣市からの中学生親善使節団が市長を訪問-2

7月23日(月曜日)岡山県倉敷市への派遣職員出発式(応接室)

平成30年7月豪雨災害で被災した岡山県倉敷市を支援するために、職員の派遣を始めました。出発式では、第1陣として派遣する2人を森市長が激励しました。

岡山県倉敷市への派遣職員出発式

7月20日(金曜日)鹿児島×吉本新喜劇・鹿児島物産展(大阪市)

7月17日(火曜日)~7月23日(月曜日)の一週間、大阪のなんばグランド花月で「鹿児島×吉本新喜劇」が上演され、20日(金曜日)には森市長も特別出演しました。物産展も同時開催し、本市の魅力をPRしました。

鹿児島×吉本新喜劇・鹿児島物産展-1 鹿児島×吉本新喜劇・鹿児島物産展-2

7月19日(木曜日)サハラマラソンを完走した岩元みさ氏が市長を表敬(応接室)

世界一過酷なマラソンと言われているサハラマラソンを完走した、鹿児島出身の岩元みさ氏が森市長を訪問しました。

サハラマラソンを完走した岩元みさ氏が市長を表敬-1 サハラマラソンを完走した岩元みさ氏が市長を表敬-2

7月17日(火曜日)市長とふれあいトーク(東部保健センター)

「歴史を活かしたまちづくり」をテーマに、地域団体やNPOなど4団体27人の皆さんと意見交換を行いました。参加者からは、鹿児島の魅力発信やノルディック・ウォークの活用などについて多くの意見や質問が出されました。

20180717市長とふれあいトーク-1 20180717市長とふれあいトーク-2

7月17日(火曜日)鹿児島市青少年の翼(パース・マラッカ)派遣合同結団式(本館特別会議室)

国際感覚豊かな人材を育てることを目的に、本市が毎年、姉妹・友好都市等に青少年を派遣する「青少年の翼」事業で、パース市とマラッカ市に派遣する学生の合同結団式を行いました。森市長は、「実り多い交流会になるよう期待している」と激励しました。

2018鹿児島市青少年の翼(パース・マラッカ)派遣合同結団式-1 2018鹿児島市青少年の翼(パース・マラッカ)派遣合同結団式-2

7月17日(火曜日)第3回児童書出版助成金贈呈式(応接室)

児童文学の書き手の育成を図るため、児童文学に関する優れた作品に対して出版助成を行っている「児童書出版助成」で、第3回の助成対象作品「明治維新って何け?」の作者に森市長が目録を手渡しました。

2018第3回児童書出版助成金贈呈式-1 2018第3回児童書出版助成金贈呈式-2

7月17日(火曜日)駐日ロシア連邦大使館総領事らが市長を訪問(応接室)

駐日ロシア連邦大使館総領事セルゲーフ・ミハイル氏らが森市長を訪問し、ニコライ二世生誕150周年及び没後100周年記念式典への出席を報告するとともに、今後の交流の促進について意見交換を行いました。

2018駐日ロシア連邦大使館総領事らが市長を訪問-1 2018駐日ロシア連邦大使館総領事らが市長を訪問-2 

7月9日(月曜日)7月豪雨土砂災害現場視察(古里町)

平成30年7月豪雨により古里町で発生した土砂災害現場を視察し、献花をして黙とうをささげました。また、高齢者福祉センター東桜島に避難していた住民をお見舞いしました。森市長は、「関係機関と連携を深め、災害を二度と繰り返さないよう防災対策を進めたい」と話しました。

2018土砂災害現場視察-1 2018土砂災害現場視察-2

7月6日(金曜日)かごしまの夕べで鹿児島市をPR(神戸市)

神戸鹿児島県人会連合会会員などの参加のもと神戸市で開催された「かごしまの夕べ」で、森市長が本市の観光や明治維新150周年、「西郷どん 大河ドラマ館」などをPRしました。また、同日、神戸市長を表敬訪問しました。

かごしまの夕べ-1 かごしまの夕べ-2

7月6日(金曜日)「鹿児島×吉本新喜劇」制作発表会見(大阪市)

本市と包括連携協定を結んでいる吉本興業との連携の一環として、鹿児島市を舞台にした吉本新喜劇「鹿児島×吉本新喜劇」を上演することとなり、大阪市で記者会見を行いました。森市長は、「吉本の力を借りて、鹿児島市の魅力を大阪から全国、世界へ発信したい」と話しました。

「鹿児島×吉本新喜劇」制作発表会見-1 「鹿児島×吉本新喜劇」制作発表会見-2

7月5日(木曜日)魚類市場新市場棟(1工区)・新関連店舗棟完成セレモニー及び完成記念式典(魚類市場)

建て替えを進めている魚類市場の新市場棟1工区が完成しました。衛生・温度管理機能を高めた施設で、魚の鮮度を保ち、これまで以上に安心・安全な鮮魚を供給できます。森市長は、「市場関係者と一体となって、新市場棟の特性を最大限に生かし、国内外の販路や魚食普及拡大に取り組みます」とあいさつしました。

魚類市場新市場棟(1工区)・新関連店舗棟完成セレモニー及び完成記念式典-1 魚類市場新市場棟(1工区)・新関連店舗棟完成セレモニー及び完成記念式典-2

7月2日(月曜日)外国人留学生への図書カード・共通カード等贈呈式(本館特別会議室)

外国人留学生の学業の充実や鹿児島への理解促進を図るため、図書カードや共通乗車カードなどを贈呈しました。森市長は、「鹿児島市の文化や歴史に触れ、理解を深めるとともに、市民と交流し充実した生活を送ってください」と激励しました。

2018外国人留学生への図書カード贈呈式-1 2018外国人留学生への図書カード贈呈式-2

7月2日(月曜日)七ツ島サンライフプール優待券目録贈呈式(応接室)

本坊商店グループより、鹿児島市内の小・中学生約52,000人に、七ツ島サンライフプール優待券が贈呈されることとなり、会長の本坊松一郎氏から森市長へ、目録が贈呈されました。

2018サン・ライフプール目録贈呈式-1 2018サン・ライフプール目録贈呈式-2

6月27日(水曜日)2018年長沙市国際友好都市青少年サッカー大会派遣団結式(本館特別会議室)

本市と友好都市の中国・長沙市で開かれる国際友好都市青少年サッカー大会に派遣する選抜チームの団結式があり、森市長は、「活躍を期待するとともに、いろいろな地域の人たちとの交流を深めてほしい」と激励しました。

30年度長沙市友好都市青少年サッカー結団式1 30年度長沙市友好都市青少年サッカー結団式2

6月26日(火曜日)大島紬をあしらったクールビズシャツを森市長に贈呈(応接室)

鹿児島純心女子短期大学と本場大島紬織物協同組合が共同で製作したクールビズシャツを森市長に贈呈しました。森市長は、「いろいろな所へ着て出掛け大島紬をPRしたい」とお礼を述べました。

大島紬のクールシャツ贈呈1 大島紬のクールシャツ贈呈2

6月26日(火曜日)資源物回収活動実施優良団体表彰式(本館特別会議室)

資源物回収活動を通じてごみ減量運動の推進に積極的に協力していただいた町内会やPTAなどの6団体を、優良団体として表彰しました。

30年度資源物回収活動実施優良団体表彰式1 30年度資源物回収活動実施優良団体表彰式2

6月26日(火曜日)札幌市との文化交流行事へ派遣した伝統楽器奏者が市長を表敬(応接室)

観光・文化交流協定締結5周年を記念し、札幌市へ派遣した薩摩琵琶奏者と天吹奏者の2人が森市長を訪問し、札幌市内での活動を報告しました。

30年度札幌市との文化交流事業派遣者1 30年度札幌市との文化交流事業派遣者2

6月15日(金曜日)500回記念ランチタイムコンサート(本館みなと大通り別館)

お昼のひとときに、市役所で気軽に文化・芸術に親しんで欲しいと始めたランチタイムコンサートが500回目を迎えました。節目のこの日、約180人が森市長とともに木管五重奏の演奏を楽しみました。

ランチタイムコンサート500回記念セレモニー1 ランチタイムコンサート500回記念セレモニー2

6月14日(木曜日)大河ドラマ「西郷どん」出演者池田倫太郎氏が市長(応接室)

鹿児島県出身で、大河ドラマ「西郷どん」に西郷吉之助の義弟役で出演している池田倫太郎さんが森市長を訪問しました。

池田倫太朗さん1 池田倫太朗さん2

6月14日(木曜日)新南部清掃工場建設工事安全祈願祭(南部清掃工場)

燃えるごみを選別し生ごみからバイオガスを精製する、新しいごみ処理施設である新南部清掃工場の、建設工事の安全祈願祭が行われ、森市長は、「無事故により新工場が建設されることを願う」とあいさつしました。

30年度南部清掃工場1 30年度南部清掃工場2

6月14日(木曜日)3×3(スリー・バイ・スリー)バスケットボールチームが鹿児島が市長を訪問(応接室)

3人制バスケットボール男子プロリーグに参戦中の「EXPLORERS KAGOSHIMA.EXE」の山下代表をはじめ、館山健太選手、戸島清一郎選手が森市長を訪問し、2018シーズン開幕のあいさつをしました。

30年度エクスプローラーズ1 30年度エクスプローラーズ2

6月13日(水曜日)マイアミ高校生が市長を訪問(特別会議室)

本市の姉妹都市であるアメリカ・マイアミ市から、ホームステイや学校交流を通じて、日本文化・習慣を学ぶために来鹿している高校生4人が、森市長を訪問しました。

30年度マイアミ1 30年度マイアミ2

6月11日(月曜日)鹿児島玉龍高等学校ラグビー部の全国大会出場市長報告(応接室)

第5回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会に出場することになった鹿児島玉龍高等学校の選手らが報告のために訪問しました。森市長は「県内の強豪校に勝った自身を胸に、全国でも実力を発揮して」と激励の言葉を掛けました。

30年玉龍高校ラグビー1 30年玉龍高校ラグビー2

6月10日(日曜日)女性分団発足式(消防総合訓練研修センター)

今年4月に発足した本市初の女性消防分団発足式が行われ、小隊訓練などの規律訓練を実施し、りりしい姿を披露しました。森市長は、「きめ細やかな視点で市民の安全に寄与してほしい」と激励しました。

30年度女性分団式1 30年度女性分団式2

6月8日(金曜日)魚霊祭・優良出荷者表彰式(魚類市場)

日常の食生活に欠かせない魚介類に感謝の気持ちを込めて、供養及び稚魚の放流を行う魚霊祭と、優良出荷者表彰式が行われ、森市長が子どもたちと一緒にマダイの稚魚の放流などを行いました。

30年度魚霊祭1 30年度魚霊祭2

6月4日(月曜日)米盛病院に「かごりん」サイクルポートオープン(米盛病院)

米盛病院が、敷地内にコミュニティサイクル「かごりん」のサイクルポートを設置し、米盛同院理事長と森市長らが出席してオープニングセレモニーが行われました。

かごりん1 かごりん2

5月25日(金曜日)薩摩義士頌徳慰霊祭(平之町)

江戸時代、木曽三川の治水工事を行った薩摩義士の遺徳をしのび、その偉業をたたえる「薩摩義士頌徳慰霊祭」が平田公園で開催されました。

30年度薩摩頌徳慰霊祭1 30年度薩摩頌徳慰霊祭2

5月24日(木曜日)フランス・アルザス訪問団が市長を訪問(応接室)

フランス・アルザス地方のオ・ラン県知事らが森市長を訪問し、日本と関わりの深い同地方との今後の交流について意見交換しました。

アルザス訪問団の市長表敬1 アルザス訪問団の市長表敬2

5月22日(火曜日)高規格救急車寄贈に係る感謝状贈呈式(本館正面玄関)

城山観光株式会社より、高規格救急車1台を寄贈していただき、森市長が代表取締役東清三郎氏に感謝状を贈呈しました。

高規格救急車寄贈に係る感謝状贈呈式1 高規格救急車寄贈に係る感謝状贈呈式2

5月20日(日曜日)明治維新150周年記念第21回渋谷・鹿児島おはら祭(東京都渋谷区)

今年で21回目となる渋谷・鹿児島おはら祭を開催しました。首都圏の県人会や同窓会、鹿児島からの参加を含め69の踊り連、約2600人が参加し、おはら節や渋谷音頭にあわせて道玄坂・文化村通りを練り踊りました。

渋谷・鹿児島おはら祭1 渋谷・鹿児島おはら祭2

渋谷・鹿児島おはら祭3 渋谷・鹿児島おはら祭4

5月17日(木曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」は篤志家(とくしか)からの寄附により運用しており、ひとり親家庭などの児童が中学校に入学するときに図書カードを贈呈しています。この日、基金へ寄附されたアフタープラス2株式会社、そうしん武岡ブレーン21、市勤労女性センター友の会の3団体に、森市長が感謝状を贈呈しました。

愛の福祉基金感謝状贈呈式1 愛の福祉基金感謝状贈呈式2

5月15日(火曜日)災害対策本部設置訓練・防災点検(市役所ほか)

梅雨時期や台風シーズンを前に、毎年対策本部の設置訓練などを行っていましたが、今回初めて初動体制から対策本部設置、自衛隊派遣要請など、一連の流れを確認するとともに、防災点検を行いました。

災害対策本部設置訓練・防災点検1 災害対策本部設置訓練・防災点検2

5月8日(火曜日)ホンジュラス共和国特命全権大使が市長を訪問(応接室)

東京五輪・パラリンピックに向け世界各国の自然や文化をデザインした着物を作る全国プロジェクトの製作現場を視察するために来鹿した、ホンジュラス共和国特命全権大使のエクトル・アレハンドロ・パルマ・セルナ氏が森市長を訪問しました。

ホンジュラス共和国特命全権大使の市長訪問1 ホンジュラス共和国特命全権大使の市長訪問2

4月27日(金曜日)第1回鹿児島市火山防災トップシティ構想検討委員会(本館特別会議室)

桜島の大噴火に備えた鹿児島市の防災対策を国内外に発信する「鹿児島市火山防災トップシティ構想」の検討委員会が始動しました。森市長は、「鹿児島の防災の知識を国内外にアピールしてほしい」とあいさつしました。

火山防災トップシティ構想検討委員会1 火山防災トップシティ構想検討委員会2

4月26日(木曜日)白河戊辰150周年記念キャラバンが市長を訪問(応接室)

戊辰戦争から150年の記念事業として福島県白河市で30年ぶりに開かれる合同慰霊祭にあたり、同市の鈴木和夫市長を始め実行委員会のメンバーが森市長を訪問しました。

白河戊辰150周年記念キャラバンが訪問1 白河戊辰150周年記念キャラバンが訪問2

4月26日(木曜日)日本郵便株式会社が市長を訪問(応接室)

日本郵便株式会社九州支社が、オリジナルフレーム切手セット「大河ドラマ『西郷どん』」の販売開始にあたり、森市長を訪問しました。

日本郵便株式会社訪問1 日本郵便株式会社訪問2

4月26日(木曜日)交通遺児見舞積立基金寄付などへの感謝状贈呈式(本館特別会議室)

交通事故の撲滅と交通安全を願い、交通遺児のための積立基金へ寄付や見舞品を寄贈した6団体に、森市長が感謝状を贈呈しました。同積立金は、市交通安全市民運動推進協議会が運用しており、交通事故で親を亡くした市内の小中学生への図書カードの贈呈などに活用されます。

交通遺児見舞積立基金寄付などへの感謝状贈呈式1 交通遺児積立基金寄付などへの感謝状贈呈式2

4月26日(木曜日)福岡ソフトバンクホークス鹿児島デー(福岡市)

福岡ソフトバンクホークスの主催試合で、本市の観光PRを行う『鹿児島デー』を福岡ヤフオク!ドームで開催しました。森市長は始球式を行ったほか、球場内PRブースでは薩摩観光維新隊、かごしま親善大使とともにかごしま茶を配布し、本市の観光と特産品のPRを行いました。

ソフトバンクホークス鹿児島デー1 ソフトバンクホークス鹿児島デー2

ソフトバンクホークス鹿児島デー3 ソフトバンクホークス鹿児島デー4

4月23日(月曜日)フィンランド ロヴァニエミ市の高校生が市長を訪問(本館特別会議室)

本市でホームステイをした北欧フィンランドの高校生16人が、森市長を訪問しました。

フィンランドからの高校生の訪問1 フィンランドからの高校生訪問2

4月19日(木曜日)災害時における復旧や避難生活のための協定を締結(本館特別会議室、応接室)

大規模な災害時の復旧や避難生活を支えるため、株式会社アクティオ、太陽機器レンタル株式会社、株式会社レンタルのニッケン、株式会社イケダパン、日本郵便株式会社鹿児島市内郵便局の5社と協定を締結しました。

災害時の協定1 災害時の協定2 災害時の協定3

 

4月19日(木曜日)サッポロビール(株)、(株)ローソン南九州が市長を訪問(応接室)

サッポロビール株式会社と株式会社ローソン南九州が、本市の「明治維新150年維新のふるさと鹿児島市」のロゴマークを取り入れた商品を発売するにあたり、森市長を訪問しました。

サッポロビール、ローソン訪問1 サッポロビール、ローソン訪問2

4月15日(日曜日)第14回関西かごしまファンデーでPR(大阪市)

14回目を迎える関西かごしまファンデーが、京セラドーム大阪(大阪市)で開催されました。特産品ブースでは、県内の各市町村や企業などが出展し、本市からも出展。会場では、森市長や薩摩観光維新隊が本市の多彩な魅力をPRしました。

関西ファンデー1 関西ファンデー2

関西ファンデー3 関西ファンデー4

4月4日(水曜日)チアリーディング&ダンス選手権大会全国優勝報告会(本館特別会議室)

千葉県であった「チアリーディング&ダンス選手権大会」で九州地区代表として初優勝した鹿児島市のチアダンスチーム「鹿児島YMCAウィザーズ(マーベラス)」の8人が、森市長を訪問し、優勝報告しました。

チアリーディング選手権大会全国優勝報告会1 チアリーディング選手権大会全国優勝報告会2

4月3日(火曜日)女性アドバイザーを委嘱(応接室)

女性の職業生活における活躍を推進するために昨年設置した「女性活躍アドバイザー」を、昨年に引き続き県内外の企業で役員を務める玉川惠さんに委嘱しました。

女性アドバイザーを委嘱1 女性アドバイザーを委嘱2

3月23日(金曜日)マイアミ-鹿児島姉妹都市交流促進委員会会長市長表敬訪問(応接室)

鹿児島市親善訪問団や鹿児島市青少年の翼事業のマイアミへの受け入れなどにご協力いただいているマイアミ-鹿児島姉妹都市交流促進委員会のホセ・フェンテス会長が森市長を訪問しました。

マイアミ姉妹都市交流促進委員会会長市長表敬1 マイアミ姉妹都市交流促進委員会会長市長表敬2

3月23日(金曜日)海外交流サロン「かごしま館」認定証贈呈式(応接室)

海外で活躍している本市にゆかりの深い企業・団体等で、本市の情報発信や交流促進に協力していただく海外交流サロン「かごしま館」にマルセエンジニアリングを認定しました。

かごしま館認定証贈呈式1 かごしま館認定証贈呈式2

3月23日(金曜日)桜島港新フェリーターミナル供用開始記念セレモニー・完成記念式典(桜島港新フェリーターミナル)

桜島港に新しいフェリーターミナルが整備され、記念セレモニーと完成記念式典を行いました。森市長は「世界に誇る観光資源として愛されることを期待したい」とあいさつしました。

桜島港新フェリーターミナル1 桜島港新フェリーターミナル2

3月20日(火曜日)ブラジル鹿児島県人会会長が市長表敬訪問(応接室)

今年、ブラジル鹿児島県人会が創立105周年を迎えることから、記念式典への出席の要請のためブラジル鹿児島県人会会長の上園モニカみちえ氏が森市長を訪問されました。

ブラジル県人会1 ブラジル県人会2

3月20日(火曜日)鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」明治維新150年号贈呈式(西郷どん大河ドラマ館)

明治維新150年を記念して株式会社フタバから、西郷隆盛や大久保利通らのイラストが前かごに描かれた「かごりん」9台が寄贈されました。森市長は「通勤・通学、観光手段として定着してきているかごりんに150年号が仲間入りし、親しみやすさも加わった」とお礼を述べました。

かごりん明治維新150年号1 かごりん明治維新150年号-2

3月20日(火曜日)ミス日本「水の天使」市長表敬訪問(応接室)

「第50回ミス日本コンテスト2018」でミス日本「水の天使」に選出された本市出身の浦底里沙さんが、森市長を訪問しました。森市長は「鹿児島市は水に恵まれている。本市としても水の大切さのPRに取り組むので、浦底さんも水の広報・啓発活動の中で、鹿児島の水の宣伝をお願いしたい」と話しました。

水の天使1 水の天使2

3月14日(水曜日)鹿児島市フレンドシップパートナー委嘱式(応接室)

本市に在住し帰国予定の外国人に、帰国後も本市と母国の懸け橋として交流を続けてもらう、フレンドシップパートナーを委嘱しました。森市長が4人に「DISTINGUISHED FRIEND OF KAGOSHIMA(鹿児島市の友人)」として委嘱状を手渡しました。

フレンドシップパートナー委嘱式1 フレンドシップパートナー2

3月11日(日曜日)木下大サーカス鹿児島公演・オープニングセレモニー(イオンモール鹿児島)

「明治維新150周年記念木下大サーカス鹿児島公演」のオープニングセレモニーが、東開町のイオンモール鹿児島特設会場で開催され、森市長が出席しました。7年振りとなる鹿児島公演に、森市長は「興奮と感動に満ちた究極のパフォーマンスを、世代を超えた多くの市民と楽しみたい」と歓迎しました。

木下大サーカス1 木下大サーカス2

3月5日(月曜日)鹿児島ユナイテッドFC市長表敬訪問(応接室)

本市が支援を行っている鹿児島ユナイテッドFCが、2018シーズンの開幕に先駆けも森市長を訪問しました。徳重剛代表が、キャンプのお礼を述べ、J3優勝・J2昇格への意気込みを伝えたことに対し、森市長が、「しっかりと応援していきたい。まず初戦の素晴らしい勝利を期待している」と激励しました。

ユナイテッド表敬1 ユナイテッド表敬2

3月4日(日曜日)明治維新150周年記念鹿児島マラソン2018開催(鹿児島市~姶良市)

3回目となる鹿児島マラソン2018を開催。強い日差しと気温の上昇に苦戦しながらも、県内外から集まった1万2,852人のランナーたちは、力強く鹿児島路を駆け抜けました。
沿道では、厳しい状況の中、ランナーたちを応援しようと、多くのグループがダンスや太鼓演奏を披露したほか、多くの市民が声援を送りました。

鹿児島マラソン2018-1 鹿児島マラソン2018-2

鹿児島マラソン2018-3 鹿児島マラソン2018-4

2月26日(月曜日)「電話お願い手帳」贈呈式(応接室)

NTT西日本が、耳や言葉の不自由な人のために作成した「電話お願い手帳」の本市への贈呈式が行われました。森市長は「窓口で配布し、障害のある人の社会参加促進に役立てたい」とお礼を述べました。

電話お願い手帳贈呈式1 電話お願い手帳贈呈式2

2月19日(月曜日)西郷どん大河ドラマ館入場者5万人達成セレモニー(西郷どん大河ドラマ館)

西郷どん大河ドラマ館の入場者5万人達成を記念してセレモニーを行い、森市長が5万人目となった大阪からの観光者へ記念品などを贈りました。

大河ドラマ間5万人達成セレモニー1 大河ドラマ間5万人達成セレモニー2

2月9日(金曜日)グリーン鹿児島農業協同組合などが市長を訪問(応接室)

桜島小みかんを使ったソフトキャンディ「ぷっちょ 桜島小みかん」が発売されるにあたり、グリーン鹿児島農業協同組合とUHA味覚糖株式会社の代表が森市長を訪問しました。

ぷっちょ1 ぷっちょ2

2月8日(木曜日)鹿児島ユナイテッドFCキャンプの激励訪問(県立サッカー・ラグビー場)

本市において初めてのキャンプ中である鹿児島ユナイテッドFCの激励のため、森市長が練習前に訪問しました。森市長は、鹿児島黒牛20kgを贈呈し「日本一の縁起のいい鹿児島黒牛を食べて、優勝を」とあいさつしました。

鹿児島ユナイテッド激励1 鹿児島ユナイテッド激励2

2月5日(月曜日)ぐるっとかごしまスタンプラリー2017贈呈式(本館特別会議室)

本市内、9エリア43か所のラリーポイントを巡って応募するぐるっとかごしまスタンプラリーの今年度の賞品贈呈式を行いました。

ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式1 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式2

2月3日(土曜日)原子力防災訓練(郡山地域など)

鹿児島県の原子力防災訓練に合わせて、関係機関との連携強化や地域住民の防災意識の向上を図るため、本市も原子力防災計画や避難計画に基づき、防災訓練を実施しました。

原子力防災訓練1 原子力防災訓練2

1月30日(火曜日)株式会社ハルメクと立地協定を締結(応接室)

出版事業や通信販売事業を中心にシニア女性向けの商品・サービスを提供している株式会社ハルメクが、中心市街地にコールセンターを新設するにあたり、立地協定を締結しました。

ハルメク立地協定1 ハルメク立地協定2

1月29日(月曜日)株式会社サックルと立地協定を締結(応接室)

クライアントのオーダーによるシステム開発・デザイン・マーケティング等を行い、受注開発から分析改善まで一貫したサービスを提供している株式会社サックルが、デザイン性の高い事業所を設置するにあたり、立地協定を締結しました。

サックル立地協定1 サックル立地協定2

1月27日(土曜日)鹿児島フェア2018で鹿児島市をPR(千葉市)

千葉市のイオンモール幕張新都心で開催された鹿児島フェア2018で、森市長がトップセールスを行いました。桜島大根をはじめとする本市の特産品などを、かごしま親善大使や薩摩観光維新隊とともにPRしました。

鹿児島フェア1 鹿児島フェア2

1月25日(木曜日)木下大サーカス福祉招待券受贈式(応接室)

木下サーカス株式会社より、福祉事業の一環として本市の社会福祉施設の入所者等に木下大サーカス鹿児島公演の福祉招待券をいただくことになり、森市長が感謝状を贈呈しました。

木下大サーカス福祉招待券2 木下大サーカス福祉招待券1

1月25日(木曜日)市長とふれあいトーク(鹿児島大学)

鹿児島大学で、市政出前講座「まちづくり論」を受講する学生13人を対象に開催しました。学生からは、観光や災害対策などについてさまざまな質問やユニークな提案が出されました。

ふれあいトーク鹿児島大学1 ふれあいトーク鹿児島大学2

1月13日(土曜日)~21日(日曜日)伝統的工芸品国際見本市パリ視察、アルザス訪問(フランス)

森市長が、パリで開催された国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」を視察するとともに、関係者に鹿児島のPRを行いました。また、アルザス地方のミュルーズ市、ストラスブール市を訪問し、両市の市長と今後の交流に向けた意見交換を行いました。

フランス1 フランス2

1月13日(土曜日)西郷どん大河ドラマ館オープニングセレモニー(西郷どん大河ドラマ館)

鹿児島市加治屋町の市立病院跡地に「西郷どん 大河ドラマ館」がオープンし、セレモニーを行いました。森市長は「訪れた人の思い出に残る施設になるよう期待する」とあいさつしました。

西郷どん大河ドラマ館オープニングセレモニー1 西郷どん大河ドラマ館オープニングセレモニー1

1月12日(金曜日)桜島火山爆発総合防災訓練(桜島溶岩グラウンドほか)

大正3年1月12日の桜島大噴火を教訓に、昭和46年から開始し、48回目となる桜島火山爆発総合防災訓練を実施しました。今回は、より実践的な訓練を目指して、バスによる陸上避難と救難船舶(フェリー)による海上避難の同時実施や、ドローンなどを活用した残留者捜索訓練などを実施しました。

桜島火山爆発総合防災訓練1 桜島火山爆発総合防災訓練2

1月11日(木曜日)維新ふるさと館リニューアル完成記念式典(維新ふるさと館)

明治維新150周年という大きな節目に合わせて、加治屋町にある「維新ふるさと館」がリニューアルオープンし、完成記念式典を行いました。

維新ふるさと館リニューアル1 維新ふるさと館リニューアル2

1月9日(火曜日)歴史ロード"維新ドラマの道"オープニングセレモニー(甲突川左岸緑地)

甲突川左岸緑地に「歴史ロード"維新ふるさとの道"」として、AR技術を活用し偉人の歴史ドラマを見ることができる屋外展示モニュメントを整備し、オープニングセレモニーを行いました。

維新ドラマの道1 維新ドラマの道2

1月6日(土曜日)新成人のつどい(市民文化ホール)、手をつなぐ育成会新成人を祝う会(知的障害者福祉センター)

新成人のつどいと手をつなぐ育成会の成人式を開催し、それぞれの会場に合わせて約5000人の新成人が集まりました。色鮮やかな振り袖やスーツに身を包み、久しぶりに会う友人と写真撮影をしたり、思い出話に花を咲かせたりしていました。

成人のつどい1 成人のつどい2

新成人を祝う会2 新成人を祝う会1

1月6日(土曜日)消防出初式(消防総合訓練研修センター)

鹿児島市消防出初式を開催しました。消防演技等を通じ、防火・防災に対する認識を高めるとともに、災害や事故のない平穏な1年であることを願いました。

出初式1 出初式2

1月5日(金曜日)青果市場・魚類市場初競り(各市場)

鹿児島市中央卸売市場の青果市場と魚類市場で、新春恒例の初競りが行われました。青果市場では森市長が、魚類市場では松永副市長が力強く振鈴を鳴り響かせ、威勢のよい競り人のかけ声とともに、数多くの新鮮な魚や青果が次々と競り落とされ、活気あるスタートとなりました。

初競り1 初競り2

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?