• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2020年2月10日

市長フォト・ライブラリー

市長が市民の皆さんと参加した主な催し物や、市長室を訪れたお客様の様子などを、写真と市長のコメントで紹介する「市長フォト・ライブラリー」。
写真は、随時更新します。どうぞご覧ください。

また、市長が出席・参加する主な会議・催しなどの情報は、「今後の市長の動き」をクリックしてください。

12月27日(金曜日)松本山雅FCが市長を訪問(応接室)

本市と観光交流協定を結んでいる長野県松本市をホームタウンとするJリーグ・松本山雅FCの加藤善之副社長兼ゼネラルマネージャーらが森市長を訪問し、今シーズンの結果報告と、2020年春季キャンプのあいさつを行いました。

松本山雅FCが市長を訪問

12月26日(木曜日)観光農業公園(グリーンファーム)地域おこし協力隊員の活動報告(応接室)

観光農業公園(グリーンファーム)地域おこし協力隊員の橋口亮さんが活動開始から1年を経過したことに伴い、森市長へ活動内容を報告しました。

観光農業公園(グリーンファーム)地域おこし協力隊員の活動報告1 観光農業公園(グリーンファーム)地域おこし協力隊員の活動報告2

12月25日(水曜日)U12サッカーチーム・鶴岡ジュニアFCが市長を訪問(本館特別会議室)

本市の兄弟都市である鶴岡市のサッカーチーム・鶴岡ジュニアFCの皆さんが、山形県代表として全日本U-12サッカー選手権大会に出場するため来鹿した機会を捉え、市長を訪問しました。

U12サッカーチーム・鶴岡ジュニアFCが市長を訪問1 U12サッカーチーム・鶴岡ジュニアFCが市長を訪問2

12月25日(水曜日)不動産団体との町内会加入促進に関する協力協定の締結(応接室)

不動産団体とのさらなる連携・協力体制を構築し、町内会への加入促進を図るため、鹿児島県宅地建物取引業協会、全日本不動産協会鹿児島県本部と協力協定を締結しました。

不動産団体との町内会加入促進に関する協力協定の締結1 不動産団体との町内会加入促進に関する協力協定の締結2

12月24日(火曜日)清水エスパルスが市長を訪問(応接室)

静岡市をホームタウンとするJリーグ・清水エスパルスの杉田壮営業本部ホームタウン営業部長らが森市長を訪問し、今シーズンの結果報告と、2020年春季キャンプのあいさつを行いました。

清水エスパルスが市長を訪問

12月24日(火曜日)岩元勝平選手が市長を訪問(応接室)

東京2020オリンピック(近代五種)の国別代表枠を獲得した本市出身の岩元勝平選手が、市長を訪問しました。

岩元勝平選手が市長を訪問1 岩元勝平選手が市長を訪問2

12月23日(月曜日)テディ金城さんが市長を訪問(応接室)

1970年代から、お母様の故郷である本市を拠点に活動しているジャズピアニストのテディ金城さんが市長を訪問しました。

テディ金城さんが市長を訪問

12月23日(月曜日)3×3(スリー・バイ・スリー)バスケットボールチームが市長を訪問(応接室)

3人制バスケットボール男子プロリーグに参戦中の「EXPLORERS KAGOSHIMA.EXE」の山下代表代理をはじめ、入間川大樹選手らが森市長を訪問し、2019シーズン終了の報告をしました。

3×3(スリー・バイ・スリー)バスケットボールチームが市長を訪問1 3×3(スリー・バイ・スリー)バスケットボールチームが市長を訪問2

12月23日(月曜日)ボランティア功労者厚生労働大臣表彰伝達式(本館特別会議室)

福祉分野などのボランティア活動に顕著な功績があった人に贈られる表彰の伝達式があり、森市長が「田郷流郡山会」と「友愛グループ」に表彰状などを手渡しました。 

ボランティア功労者厚生労働大臣表彰伝達式1 ボランティア功労者厚生労働大臣表彰伝達式2

12月20日(金曜日)天文館ミリオネーション2020点灯式(天文館公園)

約100万球のLED電球で天文館公園を彩るイルミネーションイベント「天文館ミリオネーション2020」の点灯式を行いました。森市長は、本市出身のモデル・ねおさんらと共に点灯ボタンを押し、天文館公園が幻想的な光に包まれました。

天文館ミリオネーション2020点灯式1 天文館ミリオネーション2020点灯式2

12月18日(水曜日)市長とふれあいトーク(かごしま市民福祉プラザ)

「防災」をテーマに、桜島ジオサルクなど5団体21人の皆さんと懇談しました。参加者からは、避難行動、防災意識などについて多くの意見や提案が出されました。

市長とふれあいトーク1 市長とふれあいトーク2

12月18日(水曜日)鹿児島市・松本市スポーツ交流事業 松本市への派遣団が市長を訪問(応接室)

本市と文化・観光交流協定を締結している長野県松本市へ、本市の中学生20人がスポーツ交流事業として訪問するにあたり、派遣団の代表らが森市長へ抱負を述べました。

鹿児島市・松本市スポーツ交流事業 松本市への派遣団が市長を訪問1 鹿児島市・松本市スポーツ交流事業 松本市への派遣団が市長を訪問2

12月18日(水曜日)ネーミングライツ契約締結式(本館特別会議室)

鹿児島アリーナや市民文化ホールなど、文化・体育8施設のネーミングライツ契約締結式が行われ、同式で各施設の愛称が発表されました。

ネーミングライツ契約締結式2

12月17日(火曜日)ジュビロ磐田が市長を訪問(応接室)

例年本市で春季キャンプを行っているJリーグ・ジュビロ磐田の山田 正道強化本部強化担当らが森市長を訪問し、今シーズン終了の報告と、2020年春季キャンプのあいさつを行いました。

ジュビロ磐田が市長を訪問

12月5日(木曜日)チャレンジド大賞表彰式(本館特別会議室)

チャレンジド大賞は、障害者福祉についての関心と理解を深めるため、社会貢献、産業就労、文化・スポーツなどの分野で活躍し、輝いている障害者個人や団体、障害者を積極的に支援している個人・団体を表彰するものです。今年度は、個人6名を表彰しました。

チャレンジド大賞表彰式1 チャレンジド大賞表彰式2

12月4日(水曜日)鹿児島市立武岡中学校吹奏楽部が市長を訪問(応接室)

第67回全日本吹奏楽コンクールに初出場し、金賞を受賞した武岡中学校吹奏楽部の部員らが森市長を訪問しました。森市長は「今度は他の学校から目標にされるよう、いい伝統をつくってほしい」とねぎらいました。

鹿児島市立武岡中学校吹奏楽部が市長を訪問1 鹿児島市立武岡中学校吹奏楽部が市長を訪問2

12月4日(水曜日)大相撲立浪親方が市長を訪問(応接室)

大相撲鹿児島場所開催にあたり、立浪部屋の立浪親方(元小結旭豊)らが森市長を訪問しました。

大相撲立浪親方が市長を訪問1 大相撲立浪親方が市長を訪問2

12月3日(火曜日)第45回鹿児島市春の新人賞受賞者が市長を訪問(応接室)

文化芸術の将来を担う人材育成と文化芸術の向上発展のため、本市を中心に活動する若い芸術家に贈られる鹿児島市春の新人賞。受賞した木浦 奈津子さん(現代美術・絵画)と木場 貴丸さん(タップダンス)、福原 明音さん(チェロ)の3人が森市長を訪問し、受賞の喜びを伝えました。

第45回鹿児島市春の新人賞受賞者が市長を訪問1 第45回鹿児島市春の新人賞受賞者が市長を訪問2

12月2日(月曜日)鹿児島ユナイテッドFCが市長を訪問(応接室)

本市が支援を行っているJリーグ・鹿児島ユナイテッドFCの徳重剛代表をはじめ、金鍾成監督などが森市長を訪問し、2019シーズン終了を報告しました。

鹿児島ユナイテッドFCが市長を訪問1 鹿児島ユナイテッドFCが市長を訪問2

12月2日(月曜日)鹿児島市水道100周年記念式典(みなみホール)

大正8年に近代水道としての通水を開始してから100年という大きな節目を迎え、記念式典を開催しました。

鹿児島市水道100周年記念式典1 鹿児島市水道100周年記念式典2

12月2日(月曜日)劇団四季ファミリーミュージカル招待券贈呈式(本館特別会議室)

鹿児島音楽文化協会の諏訪健筰会長らが森市長を訪問し、劇団四季のファミリーミュージカル「はだかの王様」への市内小学生400人の招待券を贈呈しました。

劇団四季ファミリーミュージカル招待券贈呈式1 劇団四季ファミリーミュージカル招待券贈呈式2

12月2日(月曜日)民生委員・児童委員委嘱辞令伝達式(市民文化ホール)

12月1日で付けで民生委員・児童委員の全国一斉改選が行われ、今回委嘱する1042人に対し、森市長が厚生労働大臣からの委嘱辞令を伝達しました。

民生委員・児童委員委嘱辞令伝達式2

11月25日(月曜日)フランス・ストラスブール市とのパートナーシップ協定の締結(ストラスブール市)

青少年や公共交通政策など6分野の交流促進に向け、フランス・ストラスブール市とパートナーシップ協定を締結しました。協定締結式で森市長は、「ストラスブール市は次世代型路面電車による都市計画が進んだ街として有名で国際色も豊か。幅広く交流したい」とあいさつしました。

ストラスブール1 ストラスブール2

11月20日(水曜日)AIさんを鹿児島市ふるさと大使に(東京)

各界で活躍している方を通して、本市の魅力を広く全国に紹介する「鹿児島市ふるさと大使」を、AIさん(歌手)に委嘱しました。AIさんは、「鹿児島が大好きなので本当にうれしい。これから堂々とアピールします」と抱負を語りました。

市ふるさと大使委嘱状交付式1 市ふるさと大使委嘱状交付式2

11月15日(金曜日)福岡ソフトバンクホークス株式会社関係者が市長を訪問(応接室)

福岡ソフトバンクホークス株式会社太田宏昭代表取締役専務兼執行役員事業統括本部長らが、シーズン終了のあいさつのため市長を訪問しました。

福岡ソフトバンクホークス市長表敬

11月15日(金曜日)中央卸売市場魚類市場棟新築工事(2工区)安全祈願祭(魚類市場)

老朽化などにより、魚類市場旧市場棟を2段階に分け建て替えを進めています。1期目が昨年6月に終了し、残る半分を整備する2期目の安全祈願祭が行われました。2021年8月に新市場棟が完成する予定です。

魚類市場2工区安全祈願祭

11月15日(金曜日)生誕90年「くにこのぐるり~向田邦子を作ったもの~」オープニングセレモニー(かごしま近代文学館)

今年で生誕90年を迎え、向田邦子を形成したものや、彼女の周辺について「ぐるり」と題して紹介する特別企画展「くにこのぐるり~向田邦子を作ったもの~」の開催を記念してオープニングセレモニーを行いました。

かごしま近代文学館特別企画展くにこのぐるりオープニングセレモニー1 かごしま近代文学館特別企画展くにこのぐるりオープニングセレモニー2

11月6日(水曜日)~8日(金曜日)兄弟都市盟約50周年を迎えた鶴岡市親善訪問団が来鹿(市内)

本市と鶴岡市の兄弟都市盟約50周年を記念して、皆川鶴岡市長を団長とする鶴岡市親善訪問団が森市長を表敬訪問しました。同日、鹿児島ロータリークラブ主催の西郷南洲翁詩碑除幕式や、両市の関係者約100人が集まった記念式典が行われ、交流と友好の継続を願いました。

 鶴岡市親善訪問団市長表敬1 鶴岡市親善訪問団市長表敬2

西郷南洲翁詩碑除幕式1 鶴岡市・鹿児島市兄弟都市盟約50周年記念式典

 

11月5日(火曜日)鹿児島市技能功労者・青年優秀技能者表彰式(城山ホテル鹿児島)

本市では、社会全体に技能尊重の気運を醸成し、技能者の地位や技能の向上、人材の育成などを図るため、優れた技能を表彰しています。今年度は、技能功労者39人、青年優秀技能者14人を表彰しその功労を称えました。

技能功労者・青年優秀技能者表彰式懇談会1 技能功労者・青年優秀技能者表彰式懇談会2

11月5日(火曜日)「地震・津波」災害対策本部設置訓練(災害対策本部室他)

11月5日の「津波防災の日」にあわせ、地震・津波発生時の初動対応の確認を行う訓練を、本庁と谷山支所の2か所に分かれて実施しました。

災害対策本部設置訓練1 災害対策本部設置訓練2

11月2日(土曜日)・3日(日曜日)第68回おはら祭(天文館周辺)

「おはら祭」が2日間にわたり天文館一帯で行われ、2日の夜まつりでは、第15代かごしま親善大使の任命式の後、総踊りなどが、3日の本まつりでは総踊りやパレードなどが行われました。華やかな踊り連や多くの見物客でにぎわい、鹿児島の秋の風物詩を盛り上げました。

かごしま親善大使任命式 おはら祭総踊り開始あいさつ

おはら祭3 おはら祭4

11月2日(土曜日)鹿児島市制130周年記念式典(中央公民館)

本市の発展を支えてきた先人の努力と業績に感謝するとともに、これまでのあゆみを振り返ることで、本市がさらに大きく発展するための契機とする記念式典を行いました。同式典で作曲家・吉俣良さんが手掛けた市テーマ曲が初披露され、トークショーなども行われました。

市制130周年記念式典1 鹿児島市制130周年記念式典2

11月2日(土曜日)鹿児島市民表彰表彰式・茶話会(東別館特別中会議室ほか)

永年にわたり市勢の発展に尽力するなど、特に顕著な功績があった市民などをたたえる鹿児島市民表彰表彰式を行い、環境衛生の向上と美しいまちづくりに大きく貢献された赤崎昭夫氏と、母子家庭や寡婦の方々の福祉の向上に大きく貢献された尾前民子氏を表彰しました。

市民表彰式1 市民表彰式2

11月2日(土曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付された鹿児島市関東交友会に、森市長が感謝状を贈呈しました。基金は、母子・父子家庭などの児童への図書カード贈呈に充てられます。

愛の福祉基金感謝状贈呈式1 愛の福祉基金感謝状贈呈式2

10月31日(木曜日)ラグビーワールドカップ2019日本代表中村亮土選手へ鹿児島市特別表彰を授与(応接室)

ラグビーワールドカップで日本代表の初のベスト8入りに貢献した本市出身の中村亮土選手に、市特別表彰を授与しました。

ラグビーワールドカップ2019日本代表中村亮土選手鹿児島市特別表彰の授与1 ラグビーワールドカップ2019日本代表中村亮土選手鹿児島市特別表彰の授与2

ラグビーワールドカップ2019日本代表中村選手歓談3

10月30日(水曜日)2019かごしまの新特産品コンクール鹿児島市長賞受賞者が市長を訪問(応接室)

「2019かごしまの新特産品コンクール」において鹿児島市長賞に選ばれた受賞者が市長を訪問しました。

かごしまの新特産品コンクール鹿児島市長賞受賞者の市長表敬訪問1 かごしまの新特産品コンクール鹿児島市長賞受賞者の市長表敬訪問2

10月27日(日曜日)第40回谷山ふるさと祭(谷山)

節目となる40回目を迎えた「谷山ふるさと祭」を開催。森市長も参加した音楽パレードで祭りがスタートし、「総踊り」を中心として谷山のまちが盛り上がりました。

谷山ふるさと祭り1 第40回谷山ふるさと祭2

10月25日(金曜日)長野県長野市への職員派遣(応接室)

台風19号による被災自治体の支援のため、派遣する市職員の2名の出発式があり、森市長が「長野市の復旧のために力を尽くしてほしい」と激励しました。

長野県長野市への職員派遣1

10月25日(金曜日)青少年の翼結団式(本館特別会議室)

国際感覚豊かな人材を育てることを目的に、本市が毎年、姉妹・友好都市等に青少年を派遣する「青少年の翼」事業で、マイアミ市に派遣する学生の結団式を行いました。

青少年の翼結団式1 青少年の翼結団式2

10月23日(水曜日)社会福祉功労者表彰式(中央公民館)

本市では、長年にわたり鹿児島市内で社会福祉の向上と増進について功績があり、模範となる方を社会福祉功労者として表彰しています。今年度は14団体93人を表彰し、その功績を称えました。森市長は、「多様化するニーズに迅速かつ的確に対応すべく、さらなる力添えをお願いしたい」と呼び掛けました。

社会福祉功労者表彰式1 社会福祉功労者表彰式2

10月23日(水曜日)セーフコミュニティ国際認証再取得に向けた公開事前指導公式認証審査員が市長を訪問(応接室)

安心安全なまちづくりを目指す国際認証制度「セーフコミュニティ」の再取得へ向け公開事前指導を受けるにあたり、海外から招いた公式認証審査員が森市長を訪問しました。

セーフコミュニティ国際認証公式認証審査員市長表敬1 セーフコミュニティ国際認証公式認証審査員市長表敬2

10月12日(土曜日)安心安全まちづくり市民大会(宝山ホール)

市民が安心して暮らすことのできる安全なまちづくりを推進することを目的として、第15回安心安全まちづくり市民大会を開催し、功労者の表彰や講演会などを行いました。

安心安全まちづくり市民大会1 安心安全まちづくり市民大会2

10月8日(火曜日)青少年の翼結団式(本館特別会議室)

国際感覚豊かな人材を育てることを目的に、本市が毎年、姉妹・友好都市等に青少年を派遣する「青少年の翼」事業で、長沙市に派遣する学生の結団式を行いました。森市長は、「本市代表として貴重な経験を積み、相互交流を深めて」と激励しました。

青少年の翼結団式1 青少年の翼結団式2

10月8日(火曜日)市戦没者追悼式(中央公民館)

本市出身戦没者及び一般戦災死没者の霊を慰め、併せて遺族のこれまでの心労を労うとともに世界平和を祈念する追悼式を行いました。

市戦没者追悼式1 市戦没者追悼式2

10月8日(火曜日)市長とふれあいトーク(吉田福祉センター)

「吉田地域のまちづくり」をテーマに、吉田地域コミュニティ協議会連絡会など5団体27人の皆さんと懇談しました。参加者からは、鹿児島市の未来などについて多くの意見や提案が出されました。

ふれあいトーク吉田1 市長とふれあいトーク2

10月5日(土曜日)名水サミットinかごしま(かごしま県民交流センター)

名水百選のある自治体で構成する全国水環境保全市町村連絡協議会が主催する全国大会「名水サミット」を開催。シンポジウムや屋外イベントを通して、火山が育むミネラル豊富な鹿児島の水について学びました。

名水サミット1 名水サミットinかごしま2

10月4日(金曜日)フォトドラアワード認定式(応接室)

写真映えし、ドライブで行きたくなる場所を選ぶ「フォトドラアワード」に本市の「城山展望台から望む桜島」が選ばれ、森市長に認定証が授与されました。森市長は、「桜島は県民の宝。国内外へのプロモーションに力を入れていきたい」と話しました。

フォトドラアワード認定式1 フォトドラアワード認定式2

10月3日(木曜日)かごしま親善大使内定者が市長を訪問(応接室)

本市の魅力を広くPRする第15代かごしま親善大使に決まった浜田葵さんと中島真子さんが森市長を訪問しました。

かごしま親善大使内定者2名の市長表敬訪問1 かごしま親善大使内定者が市長を訪問2

9月30日(月曜日)加治屋まちの杜公園(仮称)へのサクラの目録贈呈式(応接室)

MBC開発株式会社が創立50周年の節目を迎えるにあたり、加治屋まちの杜公園(仮称)にサクラの樹6本を寄贈し、目録贈呈式を行いました。

加治屋まちの杜公園(仮称)へのサクラの目録贈呈式

9月26日(木曜日)NPO法人アースキャラバンが市長を訪問(本館正面玄関前)

世界の様々な国や地域で平和イベントなどを行っているNPO法人アースキャラバンが、「広島原爆の残り火」を携えて市長を訪問しました。

アースキャラバン市長表敬1 アースキャラバンが市長を表敬2

9月26日(木曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付された居川孝雄氏・ミチ氏、そうしん武岡ブレーン21、市勤労女性センター友の会に、森市長が感謝状を贈呈しました。基金は、母子・父子家庭などの児童への図書カード贈呈に充てられます。

愛の福祉基金感謝状1 愛の福祉基金感謝状2

9月13日(金曜日)駐日インドネシア共和国特命全権大使が市長を訪問(応接室)

アリフィン・タスリフ駐日インドネシア共和国特命全権大使が来鹿し、森市長を訪問しました。

駐日インドネシア共和国特命全権大使 市長表敬1 駐日インドネシア共和国特命全権大使 市長表敬2

9月13日(金曜日)ラグビー南アフリカ代表チーム壮行会(鹿児島サンロイヤルホテル)

ラグビーワールドカップ日本大会に向け、本市で事前キャンプを行った南アフリカ代表チームの壮行会を行いました。森市長は「鹿児島で養った英気により、世界一の栄冠を勝ち取ってほしい」とチームを激励しました。

ラグビー南アフリカワールドカップ壮行会1 ラグビー南アフリカワールドカップ壮行会2

9月12日(木曜日)市長敬老訪問(和田二丁目、東俣町、薬師二丁目)

敬老の日を前に、森市長が満88歳を迎えられた和田二丁目の豊永義夫さん、東俣町の請園ノブ子さん、薬師二丁目の外西壽鶴子さんを訪問し、祝状などを贈り長寿をお祝いしました。

敬老訪問1 敬老訪問2 敬老訪問3

9月9日(月曜日)公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が市長を訪問(本館特別会議室)

「ユネスコ世界寺子屋運動30周年記念日本ユネスコ運動全国大会」等のために来日したカンボジアの一行が、世界寺子屋運動の支援へのお礼と現地での活動報告のため、市長を訪問しました。

公社日本ユネスコ協会連盟市長表敬訪問1 公社日本ユネスコ協会連盟市長表敬訪問2

9月7日(土曜日)ラグビー南アフリカ代表チーム鹿児島キャンプ歓迎セレモニー(天文館公園)

ラグビー南アフリカ代表チームの鹿児島キャンプインをオール鹿児島で歓迎するため、天文館で歓迎セレモニーを開催。同チームへ鹿児島黒牛などの激励品を贈呈しました。

南アフリカキャンプ歓迎セレモニー1 南アフリカキャンプ歓迎セレモニー2

9月6日(金曜日)燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会鹿児島市実行委員会への企業協賛に係る感謝状贈呈式(応接室)

イベント・会場設営を行う株式会社フタバから、2020年かごしま国体・かごしま大会のPR用うちわ16,000本が寄贈され、感謝状を贈呈しました。うちわは国体競技別リハーサル大会などをはじめとする様々なイベント等で配られ、PRに活用されます。

かごしま国体企業協賛に係る感謝状贈呈式1 かごしま国体企業協賛に係る感謝状贈呈式2

9月6日(金曜日)株式会社WISHシステムコンサルティングと立地協定を締結(応接室)

ソフトウェアの設計・開発等を行う株式会社WISHシステムコンサルティングが、事業所を増設するにあたり立地協定を締結しました。

立地協定締結式1 立地協定締結式2

9月2日(月曜日)鹿児島純心女子中学校・高等学校の新体操部・放送部が市長を訪問(本館特別会議室)

「南部九州総体2019」の新体操競技で県勢として32年ぶりの表彰台となる準優勝に輝いた鹿児島純心女子高校新体操部らが市長を訪問しました。

純心女子中学校・高等学校全国大会結果報告1 純心女子中学校・高等学校全国大会結果報告2

9月2日(月曜日)"マグマシティ"市電デザインプロジェクトラッピング電車「さつマグ電」出発式(交通局)

本市のブランドメッセージ「あなたとわくわくマグマシティ」を表現したラッピング電車「さつマグ電」の出発式を行いました。学生ワークショップで検討されたデザインで、赤と青のツートンカラーの車体に、シンボルマーク「マグマシティ」や桜島の火口から生まれた妖精「さつマグニョン」のイラストが随所に用いられています。

ラッピング電車「さつマグ電」出発式1 ラッピング電車「さつマグ電」出発式2

8月30日(金曜日)令和元年度市政報告会(東京都)

東京都内で市政報告会を開催し、森市長は会場を埋め尽くす約550人の「鹿児島ファン」を前に、令和元年・市制施行130周年という大きな節目を迎えた本市の多彩な取り組みを、「あなたとわくわくマグマシティ」のブランドメッセージとともにPRしました。

令和元年度市政報告会1 令和元年度市政報告会2

8月28日(水曜日)桜島・錦江湾ジオパークエリア拡大認定審査員が市長を表敬(本館特別会議室)

桜島・錦江湾ジオパークを鹿児島市全域、姶良市及び垂水市にエリアを拡大するための現地審査を行う審査員が、市長を訪問しました。

桜島・錦江湾ジオパークエリア拡大認定審査1 桜島・錦江湾ジオパークエリア拡大認定審査2

8月26日(月曜日)鹿児島市青少年の翼(パース・マラッカ)派遣 帰国報告会(本館特別会議室)

国際感覚豊かな人材を育てることを目的に、本市が毎年、姉妹・友好都市等に青少年を派遣する「青少年の翼」事業で、パース市とマラッカ市を訪問し実り多い滞在を終えた学生がその成果を森市長へ報告しました。

青少年の翼(パース・マラッカ)派遣帰国報告会1 青少年の翼(パース・マラッカ)派遣帰国報告会2

8月26日(月曜日)樟南高等学校ワープロ部が市長を訪問(応接室)

「令和元年度第66回全国高等学校ワープロ競技大会」に鹿児島県代表として出場した樟南高等学校ワープロ部が全国大会2連覇を達成。また、「第33回全国パソコン技能競技大会」でも日本語スピード競技で団体・個人ともに優勝し、市長へ報告しました。

樟南高等学校ワープロ部 市長表敬1 樟南高等学校ワープロ部 市長表敬2

8月26日(月曜日)子どもミーティングの提言書提出(本館特別会議室)

本市のまちづくりについて考える「子どもミーティング」に参加した中高生が、より良い社会を目指す提言をまとめ、森市長に提出するとともに、意見交換を行いました。

子どもミーティング1 子どもミーティング2

8月24日(土曜日)鹿児島市制130周年記念第19回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会(鹿児島港本港区)

新元号と鹿児島市制施行130周年を記念した二尺玉や九州最大の一尺玉130連発打ち上げのほか、九州の13社の花火師たちが技を競い合う競技会を開催し、約14万人の来場者を魅了しました。

サマーナイト大花火大会1 サマーナイト大花火大会2

サマーナイト大花火大会3

8月19日(月曜日)ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクール表彰式(本館特別会議室)

「ごみの減量化・資源化」と「まち美化」の2つの部門で特選に選ばれた児童12人に賞状と記念品が贈られました。

ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクール1 ごみの減量化・資源化とまち美化児童作品コンクール2

8月9日(金曜日)市長とふれあいトーク(喜入公民館)

「喜入地域のまちづくり」をテーマに、生見まちづくり協議会など、6団体38人の皆さんと懇談しました。参加者からは、体験型のまちづくりや学校規模適正化などについて意見や質問が出されました。

市長とふれあいトーク(喜入)1 市長とふれあいトーク2

8月8日(木曜日)外国人留学生への図書カード及び共通カード等贈呈式(本館特別会議室)

外国人留学生の学業の充実や鹿児島への理解促進を図るため、図書カードや共通乗車カードなどを贈呈し、森市長から激励の言葉を送りました。

外国人留学生への図書カード及び共通カード等贈呈式1 外国人留学生への図書カード及び共通カード等贈呈式2

8月8日(木曜日)株式会社TMJと立地協定を締結(応接室)

セコムグループの一員としてコンタクトセンターサービスなどを提供する株式会社TMJが、平成25年に本市に立地した事務処理センターをさらに増設するにあたり、立地協定締結式を行いました。

(株)TMJとの立地協定締結式1 (株)TMJとの立地協定締結式2

8月6日(火曜日)市長とふれあいトーク(志學館大学)

「かごしまのまちづくり」をテーマに、志學館大学の学生30人の皆さんと懇談しました。参加者からは、訪日外国人への対応策や消防団機能の強化などについて意見や質問が出されました。

市長とふれあいトークin志學館大学1 市長とふれあいトークin志學館大学2

8月5日(月曜日)鶴岡第二中学校への親善訪問に係る武中学校の市長報告会(応接室)

本市と山形県鶴岡市との兄弟都市盟約を基に、武中学校と鶴岡市の鶴岡第二中学校は兄弟校として盟約を結んでいます。相互に親善使節団を派遣し合い交流を重ねており、今年は武中学校の生徒が鶴岡第二中学校を訪問し、その成果を森市長へ報告しました。

鶴岡第二中学校への親善訪問に係る武中学校の市長報告会1 鶴岡第二中学校への親善訪問に係る武中学校の市長報告会2

8月3日(土曜日)岐阜県大垣市の「水都まつり」で鹿児島市をPR(応接室)

薩摩の先人たちが築いた「宝暦治水」を機に始まった大垣市との交流の一環で、森市長らが大垣市長を表敬訪問するとともに、「水都まつり」に参加し本市の多彩な魅力をPRしました。

水都まつり1 水都まつり2

8月1日(木曜日)かごしまの夕べで鹿児島市をPR(神戸市)

神戸鹿児島県人会連合会会員などの参加のもと開催された「かごしまの夕べ」で森市長が本市のPRを行いました。また同日、神戸市長を表敬訪問したほか、「阪神・淡路大震災 鹿児島県出身犠牲者慰霊碑」への献花も行いました。

かごしまの夕べ1 かごしまの夕べ2

かごしまの夕べ3

7月30日(火曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付された株式会社江藤建設工業に、森市長が感謝状を贈呈しました。基金は、母子・父子家庭などの児童への図書カード贈呈に充てられます。

愛の福祉基金感謝状贈呈式1 愛の福祉基金感謝状贈呈式2

7月30日(火曜日)鶴岡市・大垣市への中学生親善使節団報告会(応接室)

本市と歴史的に深いつながりを持ち、兄弟都市盟約50周年となる山形県鶴岡市と、薩摩義士による木曽三川治水工事を縁として都市交流を行っている岐阜県大垣市へ派遣した中学生親善使節団が森市長を訪問しました。

鶴岡市・大垣市への中学生親善使節団報告会1 鶴岡市・大垣市への中学生親善使節団報告会2

7月30日(火曜日)鶴岡第二中学校への親善訪問に係る武中学校の市長表敬(本館特別会議室)

西郷南洲翁の遺徳を縁として結ばれた本市と山形県鶴岡市との兄弟都市盟約を基に、武中学校と鶴岡市の鶴岡第二中学校が兄弟校として盟約を結んでいます。相互に親善使節団を派遣し合い交流を重ねており、今年は武中学校が鶴岡第二中学校を訪問するにあたり、森市長から激励のことばを送りました。

武中・鶴岡第二中兄弟校交流市長表敬1 武中・鶴岡第二中兄弟校交流市長表敬2

7月29日(月曜日)市優良工事等表彰式(本館特別会議室)

本市では、建設技術の進歩向上と公共工事の品質の確保を図るため、より良い施工技術や創意工夫、優れた施工管理により完成した優良な工事の施工者や技術者を表彰しています。今回、平成30年度に完成した工事の中から3部門12件(土木5件、建築4件、設備3件)を選定し、表彰式を行いました

鹿児島市優良工事等表彰式1 鹿児島市優良工事等表彰式2

7月27日(土曜日)桜島火の島祭り(桜島多目的広場)

桜島多目的広場で「桜島火の島祭り」を開催。桜島火の島太鼓演舞や、レーザー音楽花火で打ち上げた6000発の花火が桜島の夜空を彩り、多くの来場者でにぎわいました

桜島火の島祭り1 桜島火の島祭り2

7月22日(月曜日)大垣市からの中学生親善使節団が市長を訪問(本館特別会議室)

薩摩義士による木曽三川治水工事を縁とし、都市交流を行っている岐阜県大垣市から派遣された中学生親善使節団が森市長を訪問しました。

大垣市からの中学生親善使節団市長表敬1 大垣市からの中学生親善使節団市長表敬2

7月22日(月曜日)鶴岡市・大垣市への中学生親善使節団激励式(市教育総合センター)

本市と歴史的に深いつながりを持ち、兄弟都市盟約50周年となる山形県鶴岡市と、薩摩義士による木曽三川治水工事を縁として都市交流を行っている岐阜県大垣市へ派遣する中学生親善使節団の激励式を行いました。

大垣・鶴岡市派遣中学生親善使節団激励式1 大垣・鶴岡市派遣中学生親善使節団激励式2

7月20日(土曜日)「南アフリカの食とワインフェア」を開催(天文館ベルク広場)

9月に行われるラグビー南アフリカ代表チームの鹿児島事前キャンプの機運醸成イベントとして「南アフリカの食とワインフェア」を開催。森市長は、南アフリカ共和国大使館のンゴニャマ駐日特命全権大使らと交わり親睦を深めました

南アフリカの食とワインフェア1 南アフリカの食とワインフェア 2

7月19日(金曜日)市立美術館特別企画展「シャルル=フランソワ・ドービニー展」オープニングセレモニー(市立美術館)

市立美術館の特別企画展「シャルル=フランソワ・ドービニー展」の開催を記念して、オープニングセレモニーを行いました。

シャルル=フランソワ・ドービニー展開場式1 シャルル=フランソワ・ドービニー展開場式2

7月19日(金曜日)サクラジマアイランドビュー新車両披露セレモニー(レインボー桜島)

桜島の観光地を巡るバス「サクラジマアイランドビュー」の新車両披露セレモニーを行いました。新車両は、大開口のパノラマウインドウや桜島をイメージしたデザインなどが特徴で、外国人観光客などに対応するため車内表示も多言語化されています。

サクラジマアイランドビュー新車両披露セレモニー1 サクラジマアイランドビュー2

7月19日(金曜日)岩元みさ氏が市長を訪問(応接室)

ナミブレースやコムラッズマラソンに出走した、鹿児島出身の岩元みさ氏が森市長を訪問しました。同氏は、現地で鹿児島マラソン等のPRに取り組んだことから、鹿児島マラソン実行委員会から感謝状を贈呈しました。

岩元みさ氏(通称 Ponちゃん)市長表敬1 岩元みさ氏(通称 Ponちゃん)市長表敬2

7月18日(木曜日)女子プロボクサー吉田美代選手が市長を訪問(応接室)

本市出身で、ボクシングWBO女子スーパーフライ級の新チャンピオンとなった吉田美代選手が森市長を訪問しました。チャンピオンベルトを持参した吉田選手に、森市長は「鹿児島出身の方が世界の頂点に立つのは誇り」とたたえ、感謝状を贈呈しました。

女子プロボクサー吉田実代選手による市長表敬1 女子プロボクサー吉田実代選手による市長表敬2

7月18日(木曜日)国体企業協賛感謝状贈呈式及びラッピングカーお披露目(みなと大通り公園)

県内の自動車販売社4社から寄付された、燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会開催をPRするラッピングカー4台が完成し、除幕式と協賛者への感謝状贈呈式を行いました。車体は青と赤が基調で、穏やかな鹿児島湾と桜島を表しています。

国体企業協賛感謝状贈呈式及びラッピングカーお披露目1 国体企業協賛感謝状贈呈式及びラッピングカーお披露目2

7月12日(金曜日)「かこさとしの世界」オープニングセレモニー(かごしまメルヘン館)

昨年5月に逝去された日本を代表する絵本作家・かこさとしさんの業績を、代表作「だるまちゃんとてんぐちゃん」などの作品の複製原画などを通して紹介する特別企画展「かこさとしの世界」開催を記念して、オープニングセレモニーを行いました。

かごしまメルヘン館「かこさとしの世界」オープニングセレモニー1 「かこさとしの世界」オープニングセレモニー2

7月9日(火曜日)「ニューヨーク発バイリンガル劇 TOKIJIRO」の実行委員会が市長を訪問(応接室)

ニューヨークの俳優と、オーディションで選ばれた鹿児島のダンサーらが創り上げる「ニューヨーク発バイリンガル劇 TOKIJIRO」演劇公演が今年10月に日本で初めて開催されるにあたり、同公演実行委員会が市長を訪問しました。

ニューヨーク発バイリンガル劇 TOKUJIRO1 ニューヨーク発バイリンガル劇 TOKUJIRO2

7月5日(金曜日)令和元年6月末からの大雨による災害現場を視察(市内)

今後の対策を検討するため、6月末から降り続いた大雨の影響が大きかった和田川周辺などを森市長が視察しました。

010705災害現場視察和田小1 010705災害現場視察和田小2

7月3日(水曜日)市災害対策本部会議・市長から市民の皆様へのメッセージ(災害対策本部室)

6月末からの大雨に伴い、市災害対策本部を7月3日から5日にかけて設置しました。3日には、避難指示発令に伴い森市長から市民の皆様へのメッセージを発表。「崖地や河川の近くにお住まいの方は早めに避難し、自分や大切な方の命を守る行動を」と警戒を呼びかけました。

010703災害対策本部会議1 010703市長から市民の皆様へのメッセージ2

7月2日(火曜日)資源物回収活動実施優良団体表彰式(本館特別会議室)

資源物回収活動を通じてごみ減量運動の推進に積極的に協力していただいた町内会やPTAなどの6団体を、優良団体として表彰しました。

資源物回収活動実施優良団体表彰式1 010702資源物回収活動実施優良団体表彰式2

7月1日(月曜日)墨絵アーティスト 西元祐貴氏らが市長を訪問(応接室)

伝統的な技法に捕われず、大胆さと繊細さを持ち合わせたタッチで躍動感のある作品を生み出している桜島出身の墨絵・陶墨画アーティスト 西元祐貴氏が、鹿児島で初めて個展を開催するにあたり森市長を訪問しました。

010701墨絵アーティスト 西元祐貴氏市長表敬1 010701墨絵アーティスト 西元祐貴氏市長表敬2

6月29日(土曜日)いおワールドかごしま水族館入館者1,500万人達成セレモニー(かごしま水族館)

「いおワールド かごしま水族館」の入館者が1,500万人を達成。記念すべき1,500万人目の入館者となった三浦 元君(都城市)に森市長が記念証とジンベエザメのぬいぐるみを贈呈しました。森市長は、「今後とも多くの方々に心から楽しんで、感動していただける魅力あふれる水族館を目指したい」と述べました。

かごしま水族館1500万人達成セレモニー1 かごしま水族館1500万人達成セレモニー2

6月29日(土曜日)東開庭球場リニューアル完成記念式典(東開庭球場)

2020年に開催される「かごしま国体」に向け、東開庭球場の老朽化していた本部棟やスタンドの改修(178席増)のほか、夜間照明設備のLED化、砂入り人工芝の張替えを行うリニューアルが完成し、記念式典を行いました。

東開庭球場リニューアル式典1 東開庭球場リニューアル式典2

6月19日(水曜日)井口正人京都大学教授による市長への日本火山学会賞受賞報告(応接室)

鹿児島・桜島で長年にわたって火山活動を研究する井口正人京都大学教授が、火山学の発展に貢献した人に贈られる最高の賞である日本火山学会賞を受賞し、森市長に報告を行いました。森市長は、「市としても光栄。いろんな面でご助言いただきたい」と祝福しました。

井口正人京都大学教授による市長への日本火山学会賞受賞報告1 井口正人京都大学教授による市長への日本火山学会賞受賞報告2

6月14日(金曜日)鹿児島レブナイズが市長を訪問(応接室)

鹿児島レブナイズの小牧正英代表取締役や玉田博人主将らが森市長を訪問し、2018~19シーズンの終了報告と9月に開幕する来季への抱負を語りました。森市長は、「新たな気持ちで勝利を重ね、鹿児島の力を全国に示して」と激励しました。

鹿児島レブナイズが市長を訪問1 鹿児島レブナイズが市長を訪問2

6月14日(金曜日)マイアミ市中高生が市長を表敬(特別会議室)

本市の姉妹都市であるアメリカ・マイアミ市から、ホームステイや学校交流を通じ日本文化・習慣を学ぶために来鹿した高校生3人、中学生3人が、森市長を訪問しました。本市から派遣する「青少年の翼事業」の交換プログラムとして実施しており、今年は初めて中学生が参加しました。

マイアミ市中高生市長表敬1 マイアミ市中高生市長表敬2

6月7日(金曜日)株式会社インパクトと立地協定を締結(応接室)

スマートフォンアプリなどの企画から開発、運営まで手掛ける株式会社インパクトが、市内事業所を移転・増設するにあたり、立地協定締結式を行いました。人工知能(AI)関連事業にも取り組んでおり、今後の雇用拡大を目指します。

株式会社インパクトと立地協定を締結1 株式会社インパクトと立地協定を締結2

6月7日(金曜日)本格焼酎七窪限定商品「NANAKUBO Blue」市長贈呈(応接室)

本市が昨年度実施した「かごしまデザインアワード2018」において最優秀賞を受賞した本格芋焼酎のデザイン案を基にした商品が完成したことから、東酒造株式会社の福元代表取締役が森市長を訪問し報告を行いました。森市長は「若い人も飲みたくなるようなデザイン」と感想を述べました。

本格焼酎七窪限定商品「NANAKUBOBlue」市長贈呈1 本格焼酎七窪限定商品「NANAKUBOBlue」市長贈呈2

6月7日(金曜日)魚霊祭・優良出荷者表彰式(魚類市場)

日常の食生活に欠かせない魚介類に感謝の気持ちを込めて、供養及び稚魚の放流を行う魚霊祭と、優良出荷者表彰式が行われ、森市長が子どもたちと一緒にマダイの稚魚の放流などを行いました。

魚霊祭・優良出荷者表彰式1 魚霊祭・優良出荷者表彰式2

6月6日(木曜日)シティプロモーションアドバイザー委嘱式(応接室)

本市のシティプロモーションを推進し、鹿児島ファンのさらなる拡大を目指して「シティプロモーションアドバイザー」を新設。日本政府観光局理事長を務めた本市出身の松山良一氏に委嘱状を交付しました。森市長は「鹿児島が飛躍できるように力添えを」と述べました。

シティプロモーションアドバイザー委嘱式1 シティプロモーションアドバイザー委嘱式2

6月5日(水曜日)本ノコテ実行委員会 サンディーユハス氏が市長を表敬(応接室)

日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念して行われる「本ノコテ」プロジェクトが始まるにあたり、本ノコテ実行委員会委員長のサンディーユハス氏らが市長を訪問しました。

R010605本ノコテ実行委員会サンディーユハス氏市長表敬訪問1 R010605本ノコテ実行委員会サンディーユハス氏市長表敬訪問2

5月31日(金曜日)鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」 マグマシティ号 贈呈式(特別会議室)

株式会社フタバより、コミュニティサイクル「かごりん」マグマシティ号として自転車8台の寄贈を受けることとなり、贈呈式が行われました。森市長は「『かごりん』は多くの皆様に利用され、全国有数のコミュニティサイクルになっている。今後も『かごりん』が走ることで街のPRにつながると期待している」と述べました。

鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」マグマシティ号贈呈式1 鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」マグマシティ号贈呈式2

5月31日(金曜日)故赤崎前市長への叙位伝達(市内)

本市名誉市民の前鹿児島市長 赤崎義則氏に対して、国より4月12日付けで従四位の勅授伝達があったことから、ご遺族へ伝達を行いました。

故赤崎前市長への叙位伝達1 故赤崎前市長への叙位伝達2

5月28日(火曜日)高規格救急車の寄贈に伴う感謝状贈呈式(応接室)

亡き夫の遺志を引き継ぎ、本市に救急車を寄贈した峯﨑和江さんに対し、感謝状を贈呈しました。森市長は「救急出場件数が増える中、大変ありがたい」とあいさつしました。寄贈された救急車は、市内で最も出場件数の多い中央消防署甲南分遣隊に配備されました。

高規格救急車の寄贈に伴う感謝状贈呈式1 高規格救急車の寄贈に伴う感謝状贈呈式2

5月28日(火曜日)3×3バスケチーム「EXPLORERSKAGOSHIMA.EXE」が市長を訪問(応接室)

3人制バスケットボールプロリーグ男子・EXPLORERS KAGOSHIMA.EXE(エクスプローラーズ鹿児島)の選手など4人が市長を訪問し、昨季を振り返るとともに、今季への意気込みを語りました。森市長は、「子どもたちが憧れるような活躍を」と激励しました。

3×3バスケチーム「EXPLORERSKAGOSHIMA.EXE」が市長を訪問1 3×3バスケチーム「EXPLORERSKAGOSHIMA.EXE」が市長を訪問2

5月25日(土曜日)薩摩義士頌徳慰霊祭(平之町)

江戸時代、木曽三川の治水工事を行った薩摩義士の遺徳をしのび、その偉業をたたえる「薩摩義士頌徳慰霊祭」が平田公園で開催されました。

薩摩義士頌徳慰霊祭1 薩摩義士頌徳慰霊祭2

5月24日(金曜日)「FOOD SONIC in 鹿児島」開催に係る市長表敬(応接室)

本市の「"美味のまち鹿児島"づくりイベント支援事業補助金」を活用したイベント「FOOD SONIC in 鹿児島」が鹿児島で初めて開催されるにあたり、関係者が市長を訪問しました。

「FOODSONICin鹿児島」開催に係る市長表敬1 「FOODSONICin鹿児島」開催に係る市長表敬2

5月19日(日曜日)渋谷・鹿児島おはら祭(東京都渋谷区)

今年で22回目となる渋谷・鹿児島おはら祭を開催しました。鮮やかな衣装に身を包んだ県出身者など約2600人が、おはら節や渋谷音頭にあわせて道玄坂・文化村通りを練り踊りました。

渋谷・鹿児島おはら祭1 渋谷・鹿児島おはら祭2 

5月18日(土曜日)・19日(日曜日)鹿児島焼酎・ミュージックフェス(東京都渋谷区)

渋谷・鹿児島おはら祭と合わせ、焼酎と音楽などを楽しめる「鹿児島焼酎・ミュージックフェス」を開催しました。鹿児島を代表する39の酒蔵ブースに加え、特設ステージで鹿児島にゆかりのあるアーティストが多数出演しイベントを盛り上げました。

鹿児島焼酎・ミュージックフェス1 鹿児島焼酎・ミュージックフェス2

5月13日(月曜日)池田製茶株式会社と立地協定を締結(応接室)

茶加工・販売を行う池田製茶株式会社が、粉末緑茶の加工・包装が可能な新工場を建設するにあたり、立地協定を締結しました。同社の工場は2020年4月操業予定で、年約30トンの抹茶製造を見込んでいます。

池田製茶株式会社と立地協定を締結1 池田製茶株式会社と立地協定を締結2

5月10日(金曜日)防災点検(古里町ほか)

梅雨時期や台風シーズン等を控え、自然災害等の未然防止に向けて、土砂災害警戒区域などの災害危険箇所や、桜島の火山災害に備えた整備現場等の点検・確認を行いました。2018年7月豪雨による崖崩れの被災現場を視察し、工事の計画について説明を受けた森市長は、「事故を繰り返してはならないという思いを強くした」と話しました。

防災点検1 防災点検2

4月24日(水曜日)福岡ソフトバンクホークス「鹿児島デー」(福岡市)

福岡ソフトバンクホークスの主催試合で、本市の観光PRを行う「鹿児島デー」を福岡ヤフオク!ドームで開催しました。森市長が始球式を行ったほか、球場内PRブースでかごしま親善大使とともに「小みかんシュガー」を配布し、本市の観光と特産品のPRを行いました。

福岡ソフトバンクホークス「鹿児島デー」1 福岡ソフトバンクホークス「鹿児島デー」2

福岡ソフトバンクホークス「鹿児島デー」3 福岡ソフトバンクホークス「鹿児島デー」4

4月23日(火曜日)災害対策本部設置訓練(災害対策本部室)

梅雨時期や台風シーズンを前に、降雨量のデータなどを基に土砂災害危険度を予測する新システムを活用した災害訓練を行いました。森市長は「システムから得られた情報を迅速に避難の判断に生かしたい」と話しました。

災害対策本部設置訓練1 災害対策本部設置訓練2

4月22日(月曜日)「交通遺児見舞積立基金」寄附者の感謝状贈呈式(特別会議室)

交通事故の撲滅と交通安全を願い、交通遺児のための積立基金へ寄附した7団体に、森市長が感謝状を贈呈しました。同積立金は、市交通安全市民運動推進協議会が運用しており、交通事故で親を亡くした市内の小中学生への図書カードの贈呈などに活用されます。

「交通遺児見舞積立基金」寄附者の感謝状贈呈式1 )「交通遺児見舞積立基金」寄附者の感謝状贈呈式2

4月22日(月曜日)2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビ日本代表が市長へ結果を報告(応接室)

2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビに日本代表として水泳競技に出場し、金メダル等を獲得した塗木志穂選手らが市長を訪問。同大会の結果等について報告しました。

2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビ日本代表が市長へ結果を報告1 2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビ日本代表が市長へ結果を報告2

4月18日(木曜日)NexTram KIRIKO 運行開始式(交通局)

薩摩切子を車内にあしらった市電の新しい車両「NexTram KIRIKO(ネクストトラムキリコ)」が導入され、運行開始式を行いました。車体は錦江湾をイメージしたロイヤルブルーを基調とし、木材をふんだんに使った温かみのある内装が特徴で、通常ダイヤで運行しています。

NexTramKIRIKO運行開始式1 NexTramKIRIKO運行開始式2

NexTramKIRIKO運行開始式3 NexTramKIRIKO運行開始式4

4月18日(木曜日)ドミニカ日系人協会会長が市長を訪問(応接室)

ドミニカ日系人協会会長で、鹿児島県人会顧問を務める嶽釜徹さんが、約4年ぶりに帰郷した機会を捉え市長を訪問しました。

ドミニカ日系人協会会長が市長を訪問1 ドミニカ日系人協会会長が市長を訪問2

4月12日(金曜日)長沙市友好代表団が市長を訪問(東別館特別会議室)

本市と友好都市盟約を結ぶ中国・長沙市の胡衡華・中国共産党長沙市委員会書記らによる6名の代表団が市長を表敬訪問しました。盟約に基づく相互訪問の一環で、森市長は「37年の長きにわたり、深い友情に結ばれた心の通い合う交流を重ね、その絆は、まさに揺るぎないものになっている。両市の絆をさらに強固にしたい」と歓迎しました。

長沙市友好代表団が市長を訪問1 長沙市友好代表団が市長を訪問2

4月11日(木曜日)アラブ諸国駐日大使訪問団が市長を訪問(応接室)

モロッコ王国、バーレーン王国やイラク共和国等、5か国のアラブ諸国駐日大使訪問団が、来鹿にあたり市長を訪問しました。

アラブ諸国駐日大使訪問団が市長を訪問1 アラブ諸国駐日大使訪問団が市長を訪問2

4月11日(木曜日)Tリーグ松下浩二チェアマンらが市長を訪問(応接室)

2020年2月に卓球「Tリーグ」の鹿児島開催を目指す松下浩二チェアマンらが市長を訪問しました。森市長は、「卓球はあらゆる世代が楽しめ、愛好者も多い。スポーツを生かしたまちづくりに寄与してほしい」と期待を述べました。

Tリーグ松下浩二チェアマンらが市長を訪問1 Tリーグ松下浩二チェアマンらが市長を訪問2

3月28日(木曜日)薩摩観光維新隊が市長を訪問(応接室)

明治維新150年の終了とともに活動を終了する薩摩観光維新隊が市長へ報告を行いました。薩摩観光維新隊は、県内外のさまざまなイベントに参加し、明治維新の原動力となった薩摩の歴史やそれを育んだ本市の魅力を広くアピールしました。

薩摩観光維新隊が市長を訪問1 薩摩観光維新隊が市長を訪問2

3月28日(木曜日)株式会社A・R・Pと立地協定を締結(応接室)

工業製品のソフトウェア等の受託設計開発や、国内トップシェアの土壌水分センサーの開発等を手掛ける株式会社A・R・Pが、鹿児島事業所の移転・増設を行うにあたり、立地協定を締結しました。締結式で森市長は、鹿児島大学との産学官連携など地域貢献の取り組みへの謝意を述べました。

株式会社A・R・Pと立地協定を締結1 株式会社A・R・Pと立地協定を締結2

3月24日(日曜日)東谷山消防分団舎落成式(東谷山6丁目)

東谷山消防分団舎の落成式が行われ、森市長が式辞を述べ、地域の暮らしを守る新たな活動拠点の完成を祝いました。また、東谷山中学校2年生の松村和佳さんが提案したデザインのシャッターも披露されました。

東谷山消防分団舎落成式1 東谷山消防分団舎落成式2東谷山消防分団舎落成式3

3月24日(日曜日)鹿児島ユナイテッドFC「市民サンクスデー」を開催(白波スタジアム)

鹿児島ユナイテッドFCと連携・協力して「市民サンクスデー」を開催し、森市長が始球式を行いました。約3000人の市民などが無料招待され、迫力ある生の試合を観戦。地元のプロチームに声援を送りました。

鹿児島ユナイテッドFC「市民サンクスデー」を開催1 鹿児島ユナイテッドFC「市民サンクスデー」を開催2

3月23日(土曜日)イオンレイクタウンmori「鹿児島フェア」で鹿児島市の特産品をPR(埼玉県越谷市)

埼玉県の大型商業施設でJA鹿児島県経済連などが開催する「鹿児島フェア」において、森市長が本市の特産品をPR。「鹿児島に足を運んで、食や歴史、温泉など多彩な魅力を感じてほしい」と呼び掛けました。

イオンレイクタウンmori「鹿児島フェア」で鹿児島市の特産品をPR1 イオンレイクタウンmori「鹿児島フェア」で鹿児島市の特産品をPR2

3月19日(火曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付した塗親会とアフタープラス2株式会社に、森市長が感謝状を贈呈しました。森市長は、「皆さんの熱い思いを市の施策にも生かし、鹿児島の子育て環境の充実につなげたい」とお礼を述べました。

愛の福祉基金感謝状贈呈式1 愛の福祉基金感謝状贈呈式

3月14日(木曜日)災害時における都市ガス設備復旧等に関する協定を締結(応接室)

災害時に備え、被災者支援の体制強化を図るため、日本ガス株式会社と災害時における都市ガス設備復旧等に関する協定を締結しました。

災害時における都市ガス設備復旧等に関する協定を締結1 災害時における都市ガス設備復旧等に関する協定を締結2

3月14日(木曜日)災害時におけるレンタル重機等の提供に関する協力協定を締結(応接室)

災害時の避難生活における資機材等の供給体制を確保するため、ソーラーシステムハウスの株式会社ダイワテック、安全用品レンタルの株式会社ショーワと災害時のレンタル重機等の提供に関する協力協定を締結しました。

災害時におけるレンタル重機等の提供に関する協力協定を締結1 災害時におけるレンタル重機等の提供に関する協力協定を締結2

3月10日(日曜日)ブランドメッセージ&ロゴマーク投票イベント開催(天神おつきやぴらも~る)

鹿児島市の魅力を発信するブランドメッセージ&ロゴマークの投票イベントを天文館で行いました。森市長は、本市出身のモデル・ねおさんらと共に音楽に合わせた動画撮影に挑戦するなど、投票を呼びかけました。

ブランドメッセージ&ロゴマーク投票イベント開催1 ブランドメッセージ&ロゴマーク投票イベント開催2

3月3日(日曜日)鹿児島マラソン2019開催(鹿児島市~姶良市)

4回目となる鹿児島マラソン2019を開催。全国から集まった1万2,523人のランナーが早春の鹿児島を駆け抜けました。沿道からの熱い声援、応援隊の演舞や演奏、さまざまな温かいおもてなしがランナーの力走を支えました。

鹿児島マラソン2019開催1 鹿児島マラソン2019開催2

鹿児島マラソン2019開催3 鹿児島マラソン2019開催4

3月1日(金曜日)在福岡米国領事館政治経済担当領事が市長を訪問(応接室)

ダニエル・ラコブ在福岡米国領事館政治経済担当領事が着任あいさつのため森市長を訪問しました。森市長は、「豊かな自然や温泉、活火山の近くにある60万人都市は世界に一つ」と本市の魅力をPRしました。

在福岡米国領事館政治経済担当領事が市長を訪問1 在福岡米国領事館政治経済担当領事が市長を訪問2

3月1日(金曜日)2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビ日本代表が市長を訪問(応接室)

2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビに水泳競技の日本代表として出場する塗木志穂選手らが森市長を訪問しました。

2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビ日本代表が市長を訪問1 2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アブダビ日本代表が市長を訪問2

3月1日(金曜日)「電話お願い手帳」贈呈式(応接室)

NTT西日本が、耳や言葉の不自由な人のために作成した「電話お願い手帳」470冊の本市への贈呈式が行われました。同手帳のスマートフォンなど向けアプリの使用法についても紹介された森市長は「手帳だけでなく、アプリを使う人も増えてきた。健常者も、手帳の存在を知っていればスムーズに対応できると思う」と述べました。

「電話お願い手帳」贈呈式1 「電話お願い手帳」贈呈式2

2月22日(金曜日)観光客受入環境充実に向けた連携協定締結式(特別会議室)

無料Wi-Fiスポットの拡充など外国人観光客の受入環境を整えるため、NTTメディアサプライ、西日本電信電話、三井不動産リアルティと連携協定を締結しました。森市長は、「宿泊客らがこれまで以上に安心、快適に観光できるようになる」と感謝を述べました。

観光客受入環境充実に向けた連携協定締結式1 観光客受入環境充実に向けた連携協定締結式2

2月22日(金曜日)”豊かさ実感”都市・かごしま応援寄附金に対する感謝状贈呈式(応接室)

返礼品のない企業版のふるさと納税「かごしま応援寄附金」に寄付をいただいたサンケイ化学株式会社の福谷明社長に、森市長が感謝状を贈呈しました。森市長は、「街づくりに関わる施設に活用したい」と感謝を述べました。

豊かさ実感都市・かごしま応援寄附金に対する感謝状贈呈式1 )”豊かさ実感”都市・かごしま応援寄附金に対する感謝状贈呈式2

2月21日(木曜日)簡易筆談器の寄附に対する感謝状贈呈式(応接室)

かきポンくん(簡易筆談器)を寄附していただいた株式会社アウトソーシングビジネスサービスに、森市長が感謝状を贈呈しました。

簡易筆談器の寄附に伴う感謝状贈呈式1 簡易筆談器の寄附に対する感謝状贈呈式2

2月18日(月曜日)MSCクルーズジャパン社長市長表敬(応接室)

イタリア・ナポリ市のクルーズ船社MSCクルーズの日本法人のモレリ代表取締役社長らが森市長を表敬。引き続きの本市への寄港と、ナポリ市とのさらなる交流が期待されます。

MSCクルーズジャパン社長市長表敬1 MSCクルーズジャパン社長市長表敬2

2月12日(火曜日)松本山雅FC社長らが市長を訪問(応接室)

鹿児島市でキャンプ中の松本山雅FCの神田文之社長らが森市長を訪問し、キャンプの近況や今季の意気込みを伝えました。同チームのキャンプは、今年で7回目となります。

松本山雅FC社長らが市長を訪問1 松本山雅FC社長らが市長を訪問2

2月9日(土曜日)原子力防災訓練(郡山中央構造改善センター)

県内の関係自治体が行う原子力防災訓練にあわせて、本市独自の訓練を実施。郡山地域の住民の避難訓練や避難所運営訓練を森市長が視察し、「地域や関係機関の協力により充実した訓練ができた」と総評しました。

2019原子力防災訓練1 2019原子力防災訓練2

2月8日(金曜日)mark MEIZAN(マークメイザン)完成記念式典(mark MEIZAN)

ソフトプラザかごしまをリニューアルし、デザインや広告といったクリエイティブ産業のための拠点施設「mark MEIZAN」をオープンし完成記念式典を開催しました。

mark MEIZAN(マークメイザン)完成記念式典1 mark MEIZAN(マークメイザン)完成記念式典2

2月7日(木曜日)災害時における消防用水の確保に関する協力協定締結式(応接室)

鹿児島生コンクリート協同組合、垂水桜島地区生コンクリート協同組合と、火災や地震、風水害などの災害が発生した際に、コンクリートミキサー車を使用して消防用水を確保する協定を締結しました。

2019災害時における消防用水の確保に関する協力協定締結式1 2019災害時における消防用水の確保に関する協力協定締結式2

2月7日(木曜日)環境管理事業所認定制度における優良事業所表彰式(応接室)

本市では事業活動に伴う環境負荷の低減を図るため、平成17年度から「鹿児島市環境管理指針」に沿って適正に環境管理を実施している事業所を認定しています。そのうち、特に環境管理に熱意をもって取り組み、他の模範となる5事業所を優良事業所として表彰しました。

2019環境管理事業所認定制度における優良事業所表彰式1 2019環境管理事業所認定制度における優良事業所表彰式2

2月7日(木曜日)明治維新150周年記念 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式(本館特別会議室)

市内の9エリア44か所のラリーポイントを巡って応募する「ぐるっとかごしまスタンプラリー」の今年度の賞品贈呈式を行いました。

明治維新150周年記念 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式1 明治維新150周年記念 ぐるっとかごしまスタンプラリー贈呈式2

2月4日(月曜日)北前船寄港地フォーラム開催市共同記者会見(東京都)

江戸時代から明治にかけて日本海を中心に航行していた商船「北前船」にゆかりのある地域が交流する「北前船寄港地フォーラム」が来年1月に本市で開催されます。2019年度に開催予定の4市の首長らが開いた合同会見で、森市長は「鹿児島は北前船の恩恵を受けた地域。北前船をキーワードに生まれる新たな交流を街の活力に変えたい」と抱負を述べました。

北前船寄港地フォーラム開催共同記者会見1 北前船寄港地フォーラム開催市共同記者会見2

2月1日(金曜日)清水エスパルス社長らが市長を訪問(応接室)

鹿児島市でキャンプ中のJリーグ、清水エスパルスの左伴繁雄社長と杉田壮ホームタウン営業部長が森市長を訪問し、キャンプの近況や今季の意気込みを伝えました。同チームのキャンプは、今年で14回目となります。

2019清水エスパルス社長らが市長を訪問1 2019清水エスパルス社長らが市長を訪問2

2月1日(金曜日)ジュビロ磐田社長らが市長を訪問(応接室)

ヤマハ発動機株式会社の柳弘之会長と、鹿児島市でキャンプ中のJリーグ・ジュビロ磐田の小野勝社長が森市長を訪問しキャンプの近況や今季の意気込みを伝えました。同チームのキャンプは、今年で22回目となります。

2019ジュビロ磐田社長らが市長を訪問1 2019ジュビロ磐田社長らが市長を訪問2

1月30日(水曜日)GMOペパボ株式会社との立地協定締結式(応接室)

個人や法人にインターネットインフラを提供するGMOペパボ株式会社が、本市に事業所を新設するにあたり、立地協定を締結しました。森市長は「本市のIT人材の雇用や、経済活性化に寄与するよう期待しています」とあいさつしました。

GMOペパボ株式会社との立地協定締結式1 GMOペパボ株式会社との立地協定締結式2

1月30日(水曜日)鹿児島ユナイテッドFCキャンプの激励訪問(県立サッカー・ラグビー場)

本市で春季キャンプ中の鹿児島ユナイテッドFCの激励のため、森市長が練習前に訪問しました。森市長は、鹿児島黒牛の肉などを贈呈し「日本一に輝いた縁起のいい鹿児島黒牛を食べて、充実した練習を行ってください」とあいさつしました。

鹿児島ユナイテッドFCキャンプの激励訪問1 30年度ユナイテッド激励2

1月29日(火曜日)愛の福祉基金感謝状贈呈式(応接室)

「鹿児島市愛の福祉基金」に寄付をされた鹿児島電気工事業協同組合と鹿児島リバティライオンズクラブに、森市長が感謝状を贈呈しました。基金は、ひとり親家庭の子どもへの図書カード贈呈などに充てられます。

30年度愛の福祉基金感謝状贈呈式1 30年度愛の福祉基金感謝状贈呈式2

1月25日(金曜日)高規格救急車の購入のための寄附に係る感謝状贈呈式(応接室)

平和リース株式会社の代表取締役松田真義氏より、高規格救急車の購入費用として寄附をいただき、森市長が感謝状を贈呈しました。

30年度高規格救急車の購入のための寄附に係る感謝状贈呈式1 30年度高規格救急車の購入のための寄附に係る感謝状贈呈式2

1月19日(土曜日)ストリート陸上 in Kagoshima(天文館アーケード)

2020年開催の「かごしま国体・かごしま大会」をPRするカウントダウンイベントを開催。北京五輪メダリストの朝原宣治さんや昨年の福井国体成年男子100メートル6位の白石黄良々さん、公募で選ばれた小学生らが仮設の陸上トラックを駆け抜け、会場を盛り上げました。

ストリート陸上inKagoshima1 ストリート陸上inKagoshima2

1月14日(月曜日)西郷どん大河ドラマ館閉館セレモニー(西郷どん 大河ドラマ館)

昨年1月13日に開館し、55万3052人が訪れた「西郷どん 大河ドラマ館」の閉館セレモニーを行いました。森市長は「鹿児島を盛り上げ、郷土に愛着を持つ良いきっかけになりました」とあいさつしました。

西郷どん大河ドラマ館閉館セレモニー1 西郷どん大河ドラマ館閉館セレモニー2

1月13日(日曜日)新成人のつどい(市民文化ホール)、手をつなぐ育成会成人式(知的障害者福祉センター)

新成人のつどいと手をつなぐ育成会の成人式を開催し、それぞれの会場に合わせて約5000人の新成人が集まりました。色鮮やかな振り袖やスーツに身を包み、久しぶりに会う友人と写真撮影をしたり、思い出話に花を咲かせたりしていました。

31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式1 31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式2

31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式3 31年新成人のつどい、手をつなぐ育成会成人式4

1月13日(日曜日)消防出初式(消防総合訓練研修センター)

新春恒例の鹿児島市消防出初式を開催しました。消防演技や初参加の女性分団による小隊訓練などを通じ、防火・防災に対する意識を高めるとともに、今年1年が災害や事故のない平穏な1年であることを願いました。

31年出初式1 31年消防出初式2

31年消防出初式3

1月12日(土曜日)桜島火山爆発総合防災訓練(桜島溶岩グラウンドほか)

大正3年1月12日の桜島大噴火を教訓に、昭和46年から開始し、今回で49回目となる桜島火山爆発総合防災訓練を実施しました。新たに周辺自治体などと連携し、島内から市街地の避難所(長田中学校)へフェリーやバスで複数地区を経由して避難する訓練を行いました。

30年度桜島火山爆発総合防災訓練1 30年度桜島火山爆発総合防災訓練2

30年度桜島火山爆発総合防災訓練3 30年度桜島火山爆発総合防災訓練4 

30年度桜島火山爆発総合防災訓練5

1月11日(金曜日)吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に(本館特別会議室)

各界で活躍している方を通して、本市の魅力を広く全国に紹介する「鹿児島市ふるさと大使」を、吉俣良氏(作曲・編曲家)に委嘱しました。吉俣氏は、「鹿児島愛が人一倍強いと言われている。大使としての責任を果たしていきたい」と抱負を語りました。また同日、市役所みなと大通り別館であったランチタイムコンサートにも急遽出演し会場を沸かせました。

吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に1 吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に2

吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に3 吉俣良氏を鹿児島市ふるさと大使に4

1月11日(金曜日)大規模災害時における相談業務等に関する協定締結式(本館特別会議室)

大規模災害時の相談業務や家屋被害認定調査、平時の消防活動などについて、県弁護士会、県司法書士会、県建築士事務所協会、県解体工事業協会、南九州解体工事協力会と協定を締結しました。森市長は「各分野の専門家が相談に応じていただけることは、行政や市民の大きな助けになる」とお礼を述べました。

30年度大規模災害時における相談業務等に関する協定締結式1 30年度大規模災害時における相談業務等に関する協定締結式2

1月5日(土曜日)魚類市場・青果市場初競り(各市場)

鹿児島市中央卸売市場の魚類市場と青果市場で、新春恒例の初競りが行われました。両市場で森市長が力強く振鈴を鳴り響かせ、威勢のよい競り人のかけ声とともに、数多くの新鮮な魚や青果が次々と競り落とされ、活気あるスタートとなりました。

31年魚類市場・青果市場初競り1 31年魚類市場・青果市場初競り2

お問い合わせ

総務局市長室広報課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1133

ファクス:099-216-1134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?