ここから本文です。

更新日:2017年6月19日

中間検査

建築物の中間検査について

1.主旨

中間検査制度は、建築工事施工中に適正な工事が行われているかを検査することにより、安全・安心な建築物が建てられる事を目指した制度で、建築主は定められた工程で中間検査を受け、中間検査合格証の交付を受けなければ次の施工ができません。(建築基準法第7条の3)

中間検査が必要な場合の手続きの流れ

中間検査が必要な場合の手続きの流れ

2.指定する事項

法第7条の3第1項第2号により、以下の項目について指定します。

(1)中間検査を行う区域

鹿児島市全域

(2)中間検査を行う期間

平成29年6月20日から平成34年6月19日まで

(注)当初は、平成29年6月19日までの5年間としていたものを、平成34年6月19日まで5年間延長

(3)中間検査を行う建築物の用途等は、以下のA~C全てに該当するものとする。

  • A.構造が、鉄筋コンクリート造その他これに類するもの
  • B.用途が、法別表第1(い)欄(1)~(4)の特殊建築物
  • C.規模が、階数が3以上かつ延べ面積が500平方メートルを超えるもの

対象建築物の具体的用途・・・建築基準法別表第1(い)欄(1)~(4)項

劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場、病院、診療所(患者の収容施設があるもの)、ホテル、旅館、下宿、寄宿舎、学校、体育館、百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場その他これらに類するもの

(4)中間検査を受けるべき時期(特定工程)

2階の床及びこれを支えるはりの鉄筋を配置する工程(配筋工事)

(5)中間検査合格証の交付後でないとできない施工(特定工程後の工程)

2階の床等の配筋をコンクリート等で覆う工程(コンクリート打設工事等)

(6)適用除外

法第85条に規定する許可を受けた仮設建築物及び法第68条の20に規定する認証型式部材等である建築物

(注)建築基準法により上記以外の「階数3以上の共同住宅」も中間検査が必要ですのでご注意ください。

3.中間検査の手数料

中間検査の手数料

中間検査を行う部分の床面積の合計

中間検査

完了検査

中間検査済

中間検査不要

30平方メートル以内のもの

13,000円

13,000円

14,000円

30平方メートルを超え100平方メートル以内のもの

16,000円

16,000円

17,000円

100平方メートルを超え200平方メートル以内のもの

22,000円

22,000円

23,000円

200平方メートルを超え500平方メートル以内のもの

28,000円

30,000円

32,000円

500平方メートルを超え1,000平方メートル以内のもの

49,000円

52,000円

53,000円

1,000平方メートルを超え2,000平方メートル以内のもの

66,000円

69,000円

74,000円

2,000平方メートルを超え10,000平方メートル以内のもの

147,000円

161,000円

178,000円

10,000平方メートルを超え50,000平方メートル以内のもの

222,000円

252,000円

260,000円

50,000平方メートルを超えるもの

407,000円

445,000円

455,000円

建築物に係る検査手続きのフロー図

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1357

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?