• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 市街地まちづくり > 谷山地区連続立体交差事業 > 事業概要(谷山地区連続立体交差事業)

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

事業概要(谷山地区連続立体交差事業)

都市計画事業認可

谷山地区連続立体交差事業は、平成18年7月7日に鹿児島都市計画都市高速鉄道として都市計画決定後、国土交通省を始めとする関係機関との協議等を経て、19年12月25日に都市計画事業の認可の告示を、27年3月31日に都市計画事業の変更認可の告示を鹿児島県知事より受けました。

都市計画事業認可の内容

・当初:平成19年12月25日(鹿児島県告示第1948号)

・変更:平成27年3月31日(鹿児島県告示第296号)

1.施行者の名称

鹿児島市

2.都市計画事業の種類及び名称

(1)種類:鹿児島都市計画都市高速鉄道事業

(2)名称:1号九州旅客鉄道株式会社指宿枕崎線

3.事業施行期間

平成19年12月25日から平成30年3月31日まで(変更前:平成29年3月31日まで)

4.事業地

(1)収用の部分

鹿児島市東谷山二丁目、谷山中央一丁目、谷山中央六丁目、

谷山中央七丁目、下福元町及び慈眼寺町地内

(2)使用の部分

鹿児島市東谷山二丁目、谷山中央一丁目、谷山中央六丁目、

谷山中央七丁目、下福元町地内

事業の施行に伴い、事業地内においては、都市計画法に基づき、下記内容の許可が必要となりますが、当事業においては、新設する側道部(住吉線、大工田線の2箇所【いずれも谷山中央七丁目】)の沿線を除き、市民の皆様に直接該当する箇所はありません。

(建築制限)

告示の日(平成19年12月25日)以降、事業地内において、事業施行の障害となるおそれがある土地の形質の変更や建築物の建築、工作物の建設等を行おうとする場合は、鹿児島市長の許可を受けなければなりません。(都市計画法第65条)

(土地建物等の有償譲渡の届出)

公告の日の翌日から10日を経過した日(平成20年1月15日)以降に事業地内の土地建物等を有償で譲り渡そうとする場合は、当該土地建物等、価額及び相手方等をあらかじめ書面で施行者(鹿児島市)に届け出なければなりません。さらに、届出の後、原則として30日以内は、当該土地建物等を譲り渡すことはできません。(都市計画法第67条)

上記の許可申請及び届出先は下記事業課になります。

事業スケジュール

九州旅客鉄道株式会社との基本協定並びに平成19年度実施協定を締結したのち、工事に着手しました。

仮線工事については、慈眼寺山切部(県道玉取迫鹿児島港線交差部北側)ののり面工事から着手し、計4回の仮線切替を経て25年6月に事業の全ての区間で仮線運行となりました。

高架工事については、仮線切替を経ながら23年2月に着手し、27年10月に全区間の高架本体工事が完成しました。

28年3月26日に高架開業及び谷山駅・慈眼寺駅の駅舎が落成し、28年12月時点では、高架下の交差道路整備工事等を進めています。

また、関連事業として高架下等への駐輪場の整備を進めています。

スケジュール

 

その他

都市計画事業認可の図書については、下記事業課で縦覧しています。
この他、詳細なお尋ね等についても、下記事業課へお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

建設局都市計画部谷山都市整備課

〒891-0141 鹿児島市谷山中央5-26-7

電話番号:099-269-8435

ファクス:099-268-2602

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?