• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 予算・決算・財政 > 財政状況 > 令和2年度 > 令和2年度固定資産台帳

ここから本文です。

更新日:2021年12月13日

令和2年度固定資産台帳

概要

国の示した統一的な基準により、令和2年度固定資産台帳を作成しました。

普通会計の有形固定資産

 

勘定科目 取得価額等 減価償却累計額 現在簿価
事業用資産/土地

309,758,525千円

0

309,758,525千円

事業用資産/立木竹

2,042,325千円

0

2,042,325千円

事業用資産/建物

422,402,175千円

250,366,002千円

172,036,173千円

事業用資産/工作物

58,589,101千円

27,561,134千円

31,027,967千円

インフラ資産/土地

54,441,996千円

0

54,441,996千円

インフラ資産/建物

14,164,986千円

6,235,201千円

7,929,785千円

インフラ資産/工作物

516,309,128千円

332,765,153千円

183,543,976千円

物品

13,064,393千円

6,031,199千円

7,033,194千円

有形固定資産の評価基準及び評価方法

取得原価を計上しています。

ただし、開始時の評価基準及び評価方法については、次のとおりです。

ア.昭和59年度以前に取得したもの

再調達原価を計上しています。

ただし、道路、河川及び水路の敷地は備忘価額1円としています。

イ.昭和60年度以後に取得したもの

取得原価が判明しているものは取得原価を、取得原価が不明なものは再調達原価を計上しています。

ただし、道路、河川及び水路の敷地は備忘価額1円としています。

有形固定資産の減価償却の方法

定額法によっています。

リース資産

所有権移転ファイナンス・リース取引(リース期間が1年以内のリース取引及びリース料総額が300万円以下のファイナンス・リース取引を除く。)を計上しています。

物品

購入価額又は評価価額が100万円以上の備品及び動物、二輪車を除く自動車を計上しています。

美術品は、100万円以上の場合に計上しています。

固定資産台帳のダウンロードはこちらから

事業用有形固定資産(エクセル:1,829KB)

インフラ有形固定資産(エクセル:2,269KB)

物品(エクセル:138KB)

よくある質問

お問い合わせ

企画財政局財政部管財課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1158

ファクス:099-216-1162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?