• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 広報・啓発 > 政治活動のために行う街頭演説等での文書図画の掲示の規制

ここから本文です。

更新日:2015年10月22日

政治活動のために行う街頭演説等での文書図画の掲示の規制

政治活動のために行う街頭演説等での文書図画の掲示の規制について

公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)の政治活動のために使用される文書図画(当該公職の候補者等の氏名又は氏名が類推されるような事項を表示するもの)及び後援団体の政治活動のために使用される文書図画(後援団体の名称を表示するもの)については、公職選挙法第143条第16項各号に規定するもの以外は掲示することが禁止されています。

したがって、公職の候補者等又は後援団体の政治活動の一環として、道路や駅頭などで行われるあいさつ行為や街頭演説において、当該公職の候補者等の氏名又は氏名が類推されるような事項が表示された、のぼり旗、プラカード、たすき、腕章等及び政治活動用ポスターを掲示(使用)することはできません。これに違反した場合は、罰則の規定(公職選挙法第243条)もあります。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1470

ファクス:099-216-1472

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?