やさしいにほんご > こうれいしゃ・しょうがいしゃ > 後期高齢者医療制度(こうき こうれいしゃ いりょう せいど)

ここから本文です。

後期高齢者医療制度(こうき こうれいしゃ いりょう せいど)

75才(さい)以上(いじょう)の人(ひと)や、 65才(さい)から 74才(さい)で 一定(いってい)の 障害(しょうがい)がある人(ひと)を 対象(たいしょう)にした制度(せいど)です。

医療機関(いりょう きかん:びょういんなど)の 窓口(まどぐち)で 支払(しはら)う 自己負担(じこ ふたん)は 1割(わり)(現役並み(げんえき なみ)の 所得者(しょとくしゃ)の いる世帯(せたい)は 3割(わり))です。

保険料(ほけん りょう)は、被保険者個人(ひ ほけんしゃ こじん)ごとに 等(ひと)しく 負担(ふたん)する「均等割額(きんとう わりがく)」と 被保険者(ひ ほけんしゃ)の 前年所得(ぜんねん しょとく)に 応(おう)じて 負担(ふたん)する「所得割額(しょとく わりがく)」を 合(あ)わせた 額(がく)になります。

 

保険料(ほけんりょう)の 軽減措置(けいげん そち)

世帯主(せたいぬし)+被保険者(ひ ほけんしゃ)の 総所得(そう しょとく)に 応(おう)じて 保険料(ほけんりょう)の 均等割額(きんとう わりがく)が 軽減(けいげん)されます。

総所得金額(そう しょとく きんがく)などの 合計額(ごうけいがく)が次(つぎ)の基準額以下(きじゅんがく いか)の世帯(せたい)

軽減割合(けいげん わりあい)

33万円(まんえん)(基礎控除額(きそ こうじょがく))で 当該世帯(とうがい せたい)に 属(ぞく)する 被保険者全員(ひ ほけんしゃ ぜんいん)が 年金収入(ねんきん しゅうにゅう) 80万円(まんえん)以下(いか)
(そのほかの 各種所得(かくしゅ しょとく)が ない)

9割(わり)

33万円(まんえん)(基礎控除額(きそ こうじょがく))

8.5割(わり)

33万円(まんえん)(基礎控除額(きそ こうじょがく))+ 26万(まん)5,000円(えん) × 当該世帯(とうがい せたい)に 属(ぞく)する 被保険者数(ひ ほけんしゃすう)

5割(わり)

33万円(まんえん)(基礎控除額(きそ こうじょがく))+ 48万円(まんえん) × 当該世帯(とうがい せたい)に 属(ぞく)する 被保険者数(ひ ほけんしゃすう)

2割(わり)

保険料(ほけんりょう)の 納(おさ)め方

  • 特別徴収(とくべつ ちょうしゅう)・・・1年間(ねんかん)に 18万円(まんえん)以上(いじょう)の 年金(ねんきん)を もらっている人(ひと)は、年金(ねんきん)から 保険料(ほけんりょう)が 自動的(じどうてき)に 引(ひ)かれます。
    (介護保険料(かいご ほけんりょう)と 合(あ)わせた 保険料(ほけんりょう)が 年金額(ねんきんがく)の 1/2を 超(こ)えるときを のぞく)
    ※申(もう)し出(で)により 口座振替(こうざ ふりかえ)に 変更(へんこう)できます。
  • 普通徴収(ふつう ちょうしゅう)・・・納入通知書(のうにゅう つうちしょ)や 口座振替(こうざ ふりかえ)で 納(おさ)める 方法(ほうほう)です。(特別徴収以外(とくべつ ちょうしゅう いがい)の人(ひと))

そのほか

  • 被保険者(ひ ほけんしゃ)が 死(し)んだときに、申込み(もうしこみ) することで、お葬式(そうしき)を 行(おこな)った人(ひと)(喪主(もしゅ))に対(たい)して 申請(しんせい)によって 葬祭費(そうさい ひ)を 支給(しきゅう)します。
  • いきいき受診券(じゅしん けん)を 使(つか)って「長寿健診(ちょうじゅ けんしん)」が うけられます。
  • はり・きゅう施術(せじゅつ)、外来人間ドック(がいらい にんげん どっく)、脳ドッグ(のう どっく)の 利用補助(りよう ほじょ)が あります。

問い合わせ(といあわせ)

長寿支援課(ちょうじゅ しえんか)
TEL 099-216-1268
FAX 099-224-1539