やさしいにほんご > きゅうきゅう・さいがい > 突然(とつぜん)の 災害(さいがい)に 備(そな)えて

ここから本文です。

突然(とつぜん)の 災害(さいがい)に 備(そな)えて

日頃(ひごろ)の 備(そな)えを しっかりと

避難(ひなん)するとき もつ 最小限(さいしょうげん)の 必需品(ひつじゅひん:せいかつなどに ひつような もの)は、あまり 欲(よく)ばりすぎないことが 大切です。
重(おも)さは だいたい 男の人で15kg、女の人で10kgです。
背負(せお)いやすい リュックサック(りゅっくさっく:せおう かばん)に まとめて おきます。

  • 携帯(けいたい)ラジオ
    嘘(うそ)の じょうほうに まどわされないように 正しい 情報(じょうほう)を 知るため。小型(こがた)で 軽(かる)く、FMと AMの 両方(りょうほう)を 聴(き)けるものが よい。
  • 懐中電灯(かいちゅう でんとう)・ろうそく
    停電(ていでん)の 時や くらいところの 移動(いどう)に 必要(ひつよう)。ろうそくは、太くて 倒(たお)れないものを。
  • ヘルメット(防災(ぼうさい) ずきん)
    屋根瓦(やねがわら)や 看板(かんばん)などの 上から 落ちてくるものから あたまを 守るため。
    避難(ひなん)する 途中(とちゅう)は 転倒事故(てんとう じこ:ころんで けがを すること)も 多いので かならず 用意(ようい)を。
  • 非常食(ひじょうしょく)・水
    非常食(ひじょうしょく)は 乾パン(かんぱん)など 火を 通さないでも 食べられる もの。
    水は ミネラルウォーターなど。赤(あか)ちゃんが いる場合は 粉(こな)ミルク など。
  • 生活用品(せいかつ ようひん)
    ライター(マッチ)、ナイフ、缶切(かんき)り、ティッシュ、ビニール袋(びにーるぶくろ)など。
    赤(あか)ちゃんが いる場合は 哺乳(ほにゅう)びんなども。
  • 衣類(いるい)
    下着(したぎ)、上着(うわぎ)、手袋(てぶくろ)、靴下(くつした)、ハンカチ、タオルなど。
    赤(あか)ちゃんが いる 場合は 紙おむつなども。
  • 救急薬品・常備薬(きゅうきゅう やくひん・じょうびやく)
    ばんそうこう、ガーゼ、包帯(ほうたい)、三角巾(さんかくきん)、消毒薬(しょうどくやく)、解熱剤(げねつざい)、胃腸薬(いちょうやく)、かぜ薬、鎮痛剤(ちんつうざい)、目薬(めぐすり)、とげ抜きなど。
    持病(じびょう)の ある人は 薬(くすり)も わすれずに。
  • 通帳類・証書類・印鑑(つうちょう・しょうしょるい・いんかん)
    預貯金通帳(よきん つうちょう)、健康保険証(けんこう ほけんしょう)、免許証(めんきょしょう)など。住所録(じゅうしょろく)のコピーも あると べんり。
  • 現金(げんきん)
    紙幣(しへい:紙のお金)だけでなく、公衆電話用(こうしゅう でんわ よう)の 10円(えん)硬貨(こうか:金属(きんぞく)のお金)も 用意(ようい)する。

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)では こんなものが 役立った

10円玉(えんだま)、ドライシャンプー、ボディー洗浄剤(せんじょうざい)、ホイッスル、ポリタンク、携帯(けいたい)コンロ、バール、常備薬(じょうびやく)、予備(よび)の めがね、補聴器(ほちょうき)など。

※阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい):1995年1月17日に おきた 兵庫県南部地震(ひょうごけんなんぶじしん)に よる 大規模地震災害(だいきぼじしんさいがい)

消火(しょうか)・救助用具(きゅうじょ ようぐ)も わすれずに

地震発生(じしんはっせい)の 後(あと)には 火災(かさい)が おこったり 家が こわれることが あります。
消火器(しょうかき)や、救出活動(きゅうしゅつかつどう)に 使える 工具類(こうぐるい)も 準備(じゅんび)しておくと べんりです。

  • 消火器(しょうかき)、三角バケツ(さんかくばけつ)、風呂(ふろ)などの 水の くみおき。
  • スコップ、バール、のこぎり、車(くるま)のジャッキなど。

安心(あんしん)ネットワーク119

火災(かさい)・救助(きゅうじょ)・自然災害情報(しぜん さいがい じょうほう)を はじめ、台風(たいふう)・大雨(おおあめ)などの 情報 (じょうほう)、避難勧告(ひなん かんこく)や 避難所(ひなんじょ)の 開設情報(かいせつ じょうほう)を メール配信(めーる はいしん)します。

登録方法(とうろくほうほう)

配信(はいしん)を 希望(きぼう)する 携帯電話(けいたいでんわ)、パソコンから 空メール(から めーる:何も 書かないまま おくる めーる)を 送信(そうしん)してください。

メールの送信先(そうしんさき)
ansin119@kagoshima-fd.jp

災害時(さいがいじ)の避難場所(ひなんばしょ)

避難場所(ひなんばしょ)とは、災害(さいがい)で 逃(に)げた 人たちが 集まる 場所(ばしょ)の ことです。
小学校などの 240カ所を 避難所(ひなんじょ)として 指定(してい)しています。

お近(ちかく)くの 避難所(ひなんじょ)は、サンサンコールかごしま などで 確認(かくにん) できます。

問い合わせ(といあわせ)

サンサンコールかごしま(さんさんこーるかごしま)
TEL 099-808-3333

自主的(じしゅてき)に ひなんする時は、地域福祉課(ちいきふくしか)、または 各支所(かくししょ)の 福祉課(ふくし か)・保健福祉課(ほけん ふくし か)に 連絡(れんらく)して ください。

問い合わせ(といあわせ)

地域福祉課(ちいきふくしか) TEL 099-216-1244

避難場所(ひなんばしょ)一覧(いちらん)

避難場所(ひなんばしょ)一覧(いちらん)(PDF:913KB)

 

避難行動要支援者(ひなん こうどう よう しえんしゃ)

避難行動要支援者(ひなん こうどう よう しえんしゃ: さいがいが おきたとき じぶんで 逃(に)げることが できない人)を 近くに住んでいる 人たちで 助け合うこと。
また、避難支援者(ひなん しえんしゃ:避難行動要支援者(ひなん こうどう よう しえんしゃ)に 対して(たいして) 災害(さいがい)の情報(じょうほう)を 教(おし)えたり、 にげる 手伝い(てつだい)を したりする 人)も 募集(ぼしゅう)して います。

避難支援者(ひなん しえんしゃ)は、ボランティア(ぼらんてぃあ)の 想い(おもい)に もとづいて 支援(しえん)するため、 要支援者(よう しえんしゃ)を 避難(ひなん)させることに 責任(せきにん)を もつものでは ありません。

さいがいが おきたとき じぶんで 逃(に)げることが できない人や 避難支援者(ひなん しえんしゃ)として 協力(きょうりょく) してくれる人は、危機管理課(きき かんりか)や 地域の民生委員(ちいきの みんせいいいん:困ったことの そうだんに のってくれる人)に 連絡(れんらく)して ください。

問い合わせ(といあわせ)

危機管理課(きき かんりか)
TEL 099-216-1213
FAX 099-226-0748

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。