ここから本文です。

地震(じしん)

地震(じしん)発生(はっせい)の行動(こうどう)マニュアル(まにゅある)

にほんは 地震(じしん)が おおい 国(くに)です。いつ どこで 地震(じしん)が 起こっても (おこっても) 不思議(ふしぎ)では ありません。
また、 地震(じしん)が 起こると(おこると)、 津波(つなみ)も 起こる(おこる)ことが あります。
地震(じしん)が 起(お)きたときの 被害(ひがい)を ちいさく するために、 防災対策(ぼうさいたいさく)を 整え(ととのえ)ましょう。

時間別(じかんべつ)地震(じしん)が起こった(おこった)ときの行動(こうどう)マニュアル(まにゅある)

地震発生
(じしんはっせい)

  • あたまを 保護(ほご)し、 じょうぶな 机(つくえ)の 下に 避難(ひなん)する
  • あわてて 外(そと)に とびださない
  • 無理(むり)して 火を 消さない(けさない)

ゆれがおさまって

  • 津波(つなみ)や 山・がけ崩れ(くずれ)が 起(お)きやすい 地域(ちいき)に いる 人は、 すぐに 避難(ひなん)

0分-5分後

  • われた ガラスや 倒れた(たおれた) 家具(かぐ)に 注意(ちゅうい)しながら 火を 消したり(けしたり) 家族(かぞく)の 安全(あんぜん)を 確認(かくにん)する

5分-10分後

  • 避難(ひなん)する 出口(でぐち)を みつけて、 非常持出品(ひじょうもちだしひん)を 持つ
  • 元栓(もとせん)を しめて、 でんきの ブレーカー(ぶれーかー)を 切る
  • ラジオ(らじお)で 情報(じょうほう)を 聞く(きく)

10分-半日後

  • ちかくの 人に 声を かける人(とくに助けを必要(ひつよう)とする人)が いる いえには 積極的(せっきょくてき)に 声を かける)
  • 火災(かさい)が 広がるのを 防ぐ(ふせぐ) ための 消火活動(しょうかかつどう)や、 けが人の 救護(きゅうご)を する
  • いえが 倒れる(たおれる) 危険(きけん)が あれば、 避難場所(ひなんばしょ)や 広場(ひろば)に 避難(ひなん)する
  • 離れた(はなれた)家族(かぞく)の 安全(あんぜん)を 確認(かくにん)する
    (安全(あんぜん)の 確認(かくにん)は 災害用伝言ダイヤル(さいがいようでんごんだいやる)や、 災害用伝言版(さいがいようでんごんばん)を つかいましょう

半日-3日後

  • 地震(じしん)が 起こって(おこって)から 数日(すうじつ)の 間は、 水道(すいどう)、 ガス(がす)、 でんき、 でんわなどが 使えなく なります。
    また 食料(しょくりょう)の 供給(きょうきゅう)も なくなります。
    事前(じぜん)に 生活(せいかつ)で 必要(ひつよう)なものは、 準備(じゅんび)して おきましょう。
    【阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)の ときの、 復旧(ふっきゅう)に かかった 日数(にっすう)】
    でんき 1週間 でんわ 2週間 ガス(がす)・水道(すいどう) 3ヶ月

危機管理課(ききかんりか)
鹿児島市山下町(かごしまし やましたちょう)11-1
電話 099-216-1213

また、自治体国際化協会(じちたい こくさいか きょうかい)では、災害(さいがい)の時に やくにたつ じょうほうを がいこくごで あんない しています。
くわしい じょうほうは 下を みてください。

自治体国際化協会(じちたい こくさいか きょうかい)
外国人住民災害支援情報(がいこくじん じゅうみん さいがい しえん じょうほう)

いえのなかの安全対策(あんぜんたいさく)

1.いえの なかに 安全(あんぜん)な 場所(ばしょ)を つくりましょう。

いえの なかの にげる ばしょ

2.寝室(しんしつ)、 こどもや お年寄り(おとしより)の いる へやには 家具(かぐ)を おかない。 寝ている(ねている)ときに 地震(じしん)が 起きると 危険(きけん)です。こどもや お年寄り(おとしより)、病人(びょうにん)は 逃げ(にげ)おくれる 可能性(かのうせい)が あります。

こどもや おとしよりの へやには かぐを おかない

3.地震(じしん)で おおきな 家具(かぐ)が たおれると 危険(きけん)です。転倒防止器具(てんとうぼうしきぐ)で 固定(こてい)して 家具(かぐ)が たおれないように しましょう。

おおきな かぐは てんとう ぼうし きぐを つける

4.安全(あんぜん)に 避難(ひなん)できるように 出入り口(でいりぐち)や 通路(つうろ)に ものを 置(お)かないように しましょう。地震(じしん)が 起こった(おこった) ときに、出入り口(でいりぐち)を ふさいで しまうことが あります。

でいりぐちや つうろには ものを おかない

地震(じしん)による津波(つなみ)に備える(そなえる)

  1. 海岸(かいがん)を はなれて 高い ばしょへ。
  2. 地震(じしん)が 起きたら(おきたら) 海岸(かいがん)から 「遠(とお)い 場所(ばしょ)」よりも、 「高い場所(ばしょ)」へ 避難(ひなん) しましょう。
  3. ゆれ方(震度(しんど))と、 規模(きぼ)(マグニチュード(まぐにちゅーど))は 別です。
    小(ちい)さい ゆれでも 大津波(おおつなみ)が 起きる(おきる)かも しれません。
  4. 引き潮(ひきしお)が なくても 津波(つなみ)に 注意(ちゅうい)。
  5. 津波(つなみ)の まえに 引き潮(ひきしお)が あるとは かぎりません。
  6. 津波(つなみ)は くりかえし 襲って(おそって) きます。
    1回目で 安心(あんしん)しては いけません。
    落ち着く(おちつく)まで 注意(ちゅうい)しましょう。

じしんが おきたら かいがんから はなれて たかい ばしょへ にげる