ここから本文です。

火災(かさい)

火災(かさい)が発生(はっせい)した場合

火事(かじ)の ときは、 「火事(かじ)だ!」と おおきな 声(こえ)で ちかくの 人(ひと)に しらせましょう。 天井(てんじょう)まで 火が 燃えて(もえて) じぶんで 消す(けす)ことが できないときは、 すぐに 避難(ひなん)して ください。

火事(かじ)が 発生(はっせい)したら 必(かなら)ず 消防署(しょうぼうしょ)(119番)に 電話(でんわ)して ください。

消防車(しょうぼうしゃ)が 出動(しゅつどう)したときは、 災害(さいがい)の 発生時間(はっせいじかん)、 場所(ばしょ) ・ 種類(しゅるい)を お知らせして います。
あなたは、 火災(かさい)が どこで 起(お)きているのかを 知(し)ることが できます。

※災害状況案内電話(さいがいじょうきょうあんないでんわばんごう)
電話 0180-999-009
IP電話(でんわ)の一部(いちぶ)、PHS、NTTドコモ以外(いがい)のプリペイド携帯電話(けいたいでんわ)は
電話 099-224-5000

火災(かさい)のときの避難(ひなん)

火災(かさい)から 避難(ひなん)するとき きを つけること。

  1. 天井(てんじょう)に 火が 燃(も)え移(うつ)ったときは すぐに ひなんして ください。
  2. お年寄り(おとしより:としをとった人)、 こども、 病気(びょうき)の 人から 先(さき)に ひなん します。
  3. 服(ふく)や 持ち物(もちもの)に こだわらずに、 できるだけ 早(はや)く ひなん します。
  4. 炎(ほのお)の 中は 一度(いちど)に 走りぬけます。 あたまから 水を かぶり、 ぬれた 布(ぬの)で 顔(かお)を おおいます。
  5. 煙(けむり)の 中を 逃(に)げるときは、 ぬれた タオルや ハンカチで 鼻(はな)と口(くち)を おおって、 からだを 低(ひく)くして 逃(に)げます。
  6. 一度(いちど) 外に 逃(に)げたら、 再(ふたた)び 家(いえ)に 戻(もど)っては いけません。
  7. 建物(たてもの)の 中(なか)に まだ 人(ひと)が いる ときは、 近(ちか)くの 消防隊(しょうぼうたい)に すぐ 知(し)らせて ください。

住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)

2011年6月1日から すべての 家の 寝室(しんしつ)などに 住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)を 設置(せっち)する 必要(ひつよう)が あります。
住宅火災(じゅうたくかさい)から 命(いのち)を 守(まも)る ためにも、 一日(いちにち)も 早(はや)く 設置(せっち)して ください。
悪質(あくしつ)な 訪問販売(ほうもんはんばい)などに 気(き)を付(つ)けて ください。