やさしいにほんご > きゅうきゅう・さいがい > 桜島(さくらじま)の 爆発(ばくはつ)

ここから本文です。

桜島(さくらじま)の 爆発(ばくはつ)

桜島(さくらじま)は 鹿児島市街地(かごしましがいち)から 4kmの 場所(ばしょ) にあります。
世界(せかい)でも 有数(ゆうすう)の 活発(かっぱつ)な 活動(かつどう)を 続けている 活火山(かつかざん:噴火(ふんか)を続けている山)です。
桜島(さくらじま)は 1914年に 大爆発(だいばくはつ)しました。 今でも 噴火(ふんか)を 繰り返して (くりかえして)います。
桜島(さくらじま)が大爆発(だいばくはつ)すると いろいろな 被害(ひがい)が 予想(よそう)されます。

大爆発(だいばくはつ)したときの ために 準備(じゅんび)を しましょう。
気象台(きしょうだい)からの 情報(じょうほう)や 前兆現象(ぜんちょうげんしょう)にも 注意(ちゅうい)しましょう。

1.噴石(ふんせき)

爆発(ばくはつ)したときに 火口(かこう)から 岩(いわ)の 破片(はへん)や 軽石(かるいし)が 飛び散り(とびちり)ます。
とくに 火口(かこう)から 2kmの 範囲(はんい)に おおく 飛びます(とびます)。
大爆発(ばくはつ)が おおきいときは 直径 (ちょっけい)1m(1めーとる) 以上(いじょう)の 石が 飛んで(とんで)きます。

 ※ 桜島(さくらじま)は、2kmの 範囲(はんい)には入(はい)れません。

2.火砕流(かさいりゅう)

数百度(すうひゃくど)の 岩石(がんせき)、火山灰(かざんばい)や ガス(がす)が 混じり(まじり)、 時速100km(じそく100きろめーとる)以上(いじょう)の 速さ(はやさ)で 山の 斜面(しゃめん)を 流れて(ながれて) きます。

3.溶岩流(ようがんりゅう)

マグマ(まぐま)が 火口(かこう)から あふれて、 山の 斜面(しゃめん)を 流れて(ながれて)きます。
速度(そくど)は おそいですが、 建物(たてもの)は 溶岩(ようがん)に 焼かれて(やかれて) 埋もれる(うもれる)ことが あります。

4.降灰(こうはい)

火山灰(かざんばい)が かぜに 流されて(ながされて) 降り積もり(ふりつもり)ます。
大爆発(だいばくはつ)が 起(お)こると 半径(はんけい)20km(20きろめーとる)以内(いない)では、 厚さ(あつさ) 1m(1めーとる)以上(いじょう)に なることがあります。

5.土石流(どせきりゅう)

山の 斜面(しゃめん)に 火山灰(かざんばい)が 積もった(つもった)あとに 雨(あめ)が降る(ふる)と 発生(はっせい)しやすく なります。

6.地震(じしん)

大爆発(だいばくはつ)が 起こる(おこる)と、 鹿児島市(かごしまし)や まわりの 地域(ちいき)で 震度6程度(しんど6ていど)の つよい 地震(じしん)が 起こる(おこる) 可能性(かのうせい)が あります。

7.岩(いわ)なだれ

爆発(ばくはつ)や 地震(じしん)によって 山の斜面(しゃめん)が 高速(こうそく)で 崩れる(くずれる) 可能性(かのうせい)が あります。

8.津波(つなみ)

地震(じしん)、 海底噴火(かいていふんか)、 岩なだれ(いわなだれ)などにより、津波(つなみ)が 起こる(おこる) 可能性(かのうせい)が あります。

9.火山ガス(かざんがす)

火口(かこう)や 山の 斜面(しゃめん)の ちかくで 有害(ゆうがい)な 二酸化イオウ(にさんかいおう)や 硫化水素(りゅうかすいそ)が 発生(はっせい)する 可能性(かのうせい)が あります。

桜島(さくらじま)の大爆発(だいばくはつ)の前兆現象(ぜんちょうげんしょう)

  1. 地震(じしん)が 1日に なんども 発生(はっせい)する。
  2. 地鳴り(じなり)が する。
  3. 井戸水(いどみず)、 温泉(おんせん)の 水位(すいい)や 温度(おんど)が いつもと ちがう。
  4. あたらしい 噴気(ふんき)、 地面(じめん)の 温度(おんど)が あがる、 地割れ(じわれ)が 起こる(おこる)。
  5. 草木(くさき)が 枯れる(かれる)、 どうぶつが 異常(いじょう)な 行動(こうどう)を するなど。

桜島(さくらじま)の 大爆発(だいばくはつ)への 準備(じゅんび)について

  1. 桜島(さくらじま)に、おおきな 変化(へんか)が あったら、市役所・警察・消防署(しやくしょ・けいさつ・しょうぼうしょ)に すぐ 知らせる。
  2. 放送(ほうそう)で、避難(ひなん:逃げること)の 合図(あいず)が 出たら、すぐに 避難(ひなん)する。
  3. まちがった 情報(じょうほう)に まどわされずに、正しい 情報(じょうほう)を 見つけて 行動(こうどう)する。
  4. 地震(じしん)や、津波(つなみ)、火砕流(かさいりゅう)に 気をつける。
  5. 防災訓練(ぼうさいくんれん)に 参加(さんか)して、ひなんの れんしゅうを する。
  6. 桜島火山ハザードマップ(さくらじま かざん はざーど まっぷ)を かくにんする。