やさしいにほんご > きゅうきゅう・さいがい > 台風(たいふう)・洪水(こうずい)

ここから本文です。

台風(たいふう)・洪水(こうずい)

台風(たいふう)

鹿児島(かごしま)は 台風(たいふう)が 通りやすい(とおりやすい) ところです。
とくに 7月(7がつ)から 9月(9がつ)のあいだは 台風(たいふう)が 通りやすいです。
台風(たいふう)の ときに そとへ でる 必要(ひつよう)が あるときは、テレビや ラジオの 天気予報(てんきよほう)に 気をつけて(きをつけて)ください。

たいふうの ときは てんきよほうに きをつける

台風(たいふう)のとき 安全(あんぜん)のため、1から4を 準備(じゅんび)することが 大切たいせつです

1.そとに おいている ものが、台風(たいふう)で とばないように 固定(こてい)します。 固定(こてい) できない場合(ばあい)は 家(いえ)の なかに 入れて(いれて) ください。

2.台風(たいふう)で とんできたもので、窓(まど)が われると きけんです。
窓(まど)の 雨戸(あまど)や シャッターを しめてください。
しめることが できないときは、壊(こわ)れないように 窓に テープを×印(×じるし)に 貼って ください。

たいふうの ときは まどに ×で テープを はる

3.台風(たいふう)で、電気(でんき)・ガス(がす)・水道(すいどう)・電話(でんわ)が、とまる場合(ばあい)が あります。
避難持出品(ひなん もちだし ひん)に、天気予報(てんき よほう)を 聞く(きく)ための ラジオを いれて ください。

4.台風(たいふう)で、電気(でんき)が 使えない(つかえない)ときが あります。電気製品(でんき せいひん)を 使う(つかう)ために 電池(でんち)を おおく じゅんび してください。

危機管理課(ききかんり か)
鹿児島市山下町(かごしまし やましたちょう)11-1
TEL 099-216-1213

洪水(こうずい)の ときの 避難(ひなん)で 気をつけること

はきもの

はだし・長靴(ながぐつ)は きけんです。ひもで むすべる 運動靴(うんどうぐつ)が よいです。

ロープに つながって

はなれないように お互い(おたがい)の からだを ロープで むすんで ひなんする。
とくに こどもから 目(め)を 離(はな)さないように してください。

歩(ある)ける 深(ふか)さ

歩く(あるく)ことが できる 深(ふか)さは 男の人(おとこのひと)で およそ70cm、女の人(おんなのひと)で およそ50cmです。
水(みず)の 深(ふか)さが 腰(こし)まで あったら 水(みず)に はいらないで ください。
高い(たかい) ところで 救助(きゅうじょ)を まってください。

足元(あしもと)に気をつける

水(みず)の 中(なか)には どんな きけんが あるのか わかりません。
あんぜんを かくにんしながら 歩(ある)いて ください。

こどもや お年寄り(おとしより)を あんぜんに

お年寄り(おとしより)や からだの 不自由(ふじゆう)な 人は 背負(せお)って 歩(ある)きます。
小さい(ちいさい) こどもは 浮き袋(うきぶくろ)、赤(あか)ちゃんは ベビーバス(べびーばす:赤ちゃん用(あかちゃんよう)のお風呂(おふろ))を 使います。