やさしいにほんご > ふくし・けんこう > 生活(せいかつ)に 困(こま)った とき

ここから本文です。

生活(せいかつ)に 困(こま)った とき

生活保護(せいかつ ほご)

生活保護制度(せいかつ ほご せいど)とは

資産(しさん)や 能力(のうりょく)など、すべてを 使(つか)っても、生活(せいかつ)が できないほど 困(こま)っている場合(ばあい)の 制度(せいど)です。
困(こま)っている 程度(ていど)に 応(おう)じて 必要(ひつよう)な分(ぶん)のみ 生活(せいかつ)を 保障(ほしょう)して、自立(じりつ)を 助(たす)ける 制度(せいど)です。

生活保護制度(せいかつ ほご せいど)のしくみ

生活保護(せいかつ ほご)は、国(くに)が きめた 最低生活費(さいてい せいかつひ)と あなたの収入(しゅうにゅう)を くらべて きめられます。

保護(ほご)を 受(う)けられるとき

(最低生活費(さいてい せいかつひ)>収入(しゅうにゅう))

保護(ほご)を 受(う)けられないとき

(最低生活費(さいてい せいかつひ)<収入(しゅうにゅう))

問い合わせ(といあわせ)

保護第一課(ほご だいいちか)
TEL 099-216-1281
FAX 099-216-1234

民生安定資金(みんせい あんてい しきん)

生活(せいかつ)に 困(こま)っている人(ひと)や 体(からだ)の 不自由(ふじゆう)な 人(ひと)などが、新(あら)たに 事業(じぎょう)を はじめるとき、事業(じぎょう)を 続(つづ)けるための 設備資金(せつび しきん)などを かしつけています。

種類(しゅるい)

生業(なりわい)、母子厚生(ぼし こうせい)、身体障害者更生(しんたい しょうがいしゃ こうせい)、災害復旧金(さいがい ふっきゅうきん)

貸付額(たいふ がく:かすことが できる おかね)

100万円(まんえん)以内(いない)(利率(りりつ)は 年(ねん)3%以内(いない))

問い合わせ(といあわせ)

地域福祉課(ちいき ふくしか)
TEL 099-216-1244
FAX 099-223-3413

社協(しゃきょう)による 貸し付け(かしつけ)

生活福祉資金(せいかつ ふくし きん)

市内(しない)に 住(す)む 低所得(ていしょとく)・障害者(しょうがいしゃ)・高齢者世帯(こうれいしゃ せたい)に対(たい)し、経済的自立(けいざいてき じりつ)のための 資金(しきん)の 貸し付け(かしつけ)と 民生委員(みんせい いいん)による 援助指導(えんじょ しどう)を 行(おこな)っています。

種類(しゅるい)

総合支援資金(そうごう しえん しきん)、福祉資金(ふくし しきん)、教育支援資金(きょういく しえん しきん)、不動産担保型生活資金(ふどうさん たんぽがた せいかつ しきん)

連帯保証人(れんたい ほしょうにん)

原則必要(げんそく ひつよう)(緊急小口資金(きんきゅう こぐち しきん)は いりません)

小口融資資金(こぐち ゆうし しきん)

一時的困窮(いちじてき こんきゅう:おかねが なくなること)を たすけます。
思(おも)いがけず 突然(とつぜん)にお金(かね)が 必要(ひつよう)になったときなどに かかる資金(しきん)を 貸し付け(かしつけ)ています。
鹿児島市(かごしまし)に 1年以上(いじょう) 住(す)む 低所得世帯(てい しょとく せたい)(生活保護受給世帯(せいかつ ほご じゅきゅう せたい)をのぞく)が 対象(たいしょう)です

貸付額(たいふ がく)

6万円以内(いない)(無利子(むりし))

貸付期間(かしつけ きかん)

1年以内(いない)(据置期間(そち きかん)は2カ月(かげつ))

連帯保証人(れんたい ほしょうにん)

1人必要(ひつよう)

問い合わせ(といあわせ)

市社会福祉協議会(し しゃかい ふくし きょうぎかい)

市役所分室(しやくしょ ぶんしつ)
TEL 099-223-0704
FAX 099-223-0704

谷山分室(たにやま ぶんしつ)
TEL 099-267-6130
FAX 099-267-6130

吉田支部(よしだ しぶ)
TEL 099-294-2754
FAX 099-294-4701

桜島支部(さくらじま しぶ)
TEL 099-293-2969
FAX 099-293-2969

喜入支部(きいれ しぶ)
TEL 099-345-0221
FAX 099-345-0201

松元支部(まつもと しぶ)
TEL 099-246-7211
FAX 099-246-7215

郡山支部(こおりやま しぶ)
TEL 099-298-2278
FAX 099-298-2278