やさしいにほんご > びょういん > 病院(びょういん)に 着(つ)いたら

ここから本文です。

病院(びょういん)に 着(つ)いたら

はじめて みてもらう 場合

1.受付(うけつけ)

受付(うけつけ)に 「初診です(しょしんです: はじめて いしゃに みてもらう)」と いって 健康保険証(けんこう ほけんしょう)を 出します(だします)。

2.問診票(もんしんひょう) (申込書(もうしこみしょ))

問診票(もんしんひょう)、または申込書(もうしこみしょ)を うけとり、ないようを 書(か)いて 受付(うけつけ)に 出(だ)します。 問診票(もんしんひょう)は、 医者(いしゃ)が あなたのことを 知る(しる) たいせつな ものです。

※したの表(ひょう)は 一般的(いっぱんてき)な 問診票(もんしんひょう)を 解説(かいせつ)した ものです。

3.順番待ち(じゅんばん まち)

受付(うけつけ)に 問診票(もんしんひょう)を 出したら(だしたら)、じぶんの なまえが よばれるまで まっていて ください。
(ふつう、病院(びょういん)に 着いた(ついた) ひとから 順番(じゅんばん)に、診て(みて)もらえますが、 順番(じゅんばん)が 変わる(かわる)ことも あります。)

4.診察(しんさつ)

なまえを よばれたら 診察室(しんさつしつ)に 入り(はいり)、診察(しんさつ)を うけます。
気(き)になることが あったら、医者(いしゃ)に 質問(しつもん) しましょう。

5.会計(かいけい)

医者(いしゃ)に 診て(みて)もらったら、会計(かいけい)(料金支払い(りょうきん しはらい))です。
現金(げんきん)で 支払い(しはらい)ます。
ふつう、会計(かいけい)は 受付(うけつけ)と 同じ所(おなじ ところ)で できます。

6.薬(くすり)

薬(くすり)の うけとり方法(ほうほう)は 2つ あります。

  1. 会計(かいけい)の ときに いっしょに うけとる
  2. 病院(びょういん)の 外(そと)の 薬局(やっきょく)で うけとる
    この場合、会計(かいけい)の ときに 処方箋(しょほうせん:くすりの せつめいしょ)を わたされます。
    薬局(やっきょく)で 処方箋(しょほうせん)を 出して(だして) 薬(くすり)を うけとり、薬(くすり)の 料金(りょうきん)を 支払って(しはらって)ください。
    ※病院(びょういん)から ちかい 薬局(やっきょく)を 案内(あんない) されます。