やさしいにほんご > びょういん > 病院(びょういん)の 探し方(さがしかた)

ここから本文です。

病院(びょういん)の 探し方(さがしかた)

病院(びょういん)の 種類(しゅるい)

病院(びょういん)には、 入院(にゅういん)や 検査(けんさ)の 設備(せつび)が ととのった 総合病院(そうごう びょういん)と、身近(みぢか)な 個人病院(こじん びょういん)や 診療所(しんりょうじょ)が あります。
個人病院(こじん びょういん)や 診療所(しんりょうじょ)は 設備(せつび)が たりない ところも おおく、かるい 症状(しょうじょう)の ときに 診察(しんさつ)を うけます。
総合病院(そうごう びょういん)には 設備(せつび)が 揃って(そろって)いますので、必要(ひつよう)に なったら 総合病院(そうごう びょういん)で 専門的(せんもんてき)な 治療(ちりょう)を うけたほうが いいでしょう。
病気(びょうき)のときに あわてないように、ちかくに どんな 病院(びょういん)が あるか 調べて(しらべて) おきましょう。
また、診療(しんりょう)する 時間(じかん)や 予約(よやく)が 必要(ひつよう)か どうかは 病院(びょういん)によって ちがうので、いくまえに 確認(かくにん)しましょう。

診療科目(しんりょう かもく)

病気(びょうき)や けがに よって うける 診療科目(しんりょう かもく)が きまります。
おもな 診療科目(しんりょう かもく)は 内科(ないか)、外科(げか)、小児科(しょうにか)などです。
総合病院(そうごう びょういん)では 専門的(せんもんてき)な 治療(ちりょう)を うけられるように 診療科目(しんりょう かもく)が 細かく(こまかく) わかれています。
特定(とくてい)の 診療科目(しんりょう かもく)を 専門(せんもん)とする 病院(びょういん)も あります。

したに おもな 診療科目(しんりょう かもく)を 紹介(しょうかい)します。

内科
ないか

かぜなどの 一般的(いっぱんてき)な 病気(びょうき)を診ます(みます)。 なにの 病気(びょうき)か わからないとき、 はじめに 診て(みて)もらうと よいでしょう。

外科
げか

切り傷(きり きず)などの 外傷(がいしょう)に かかわる 治療(ちりょう)を おこないます。

小児科
しょうにか

小学生(しょうがくせい)までの こどもが 診て(みて)もらいます。

整形外科
せいけい げか

骨折(こっせつ)や ねんざ、 腰痛(ようつう)など ほね・関節(かんせつ)・筋肉(きんにく)に かかわる 治療(ちりょう)を おこないます。

眼科
がんか

目の 病気(びょうき)を 診ます(みます)。視力検査(しりょく けんさ)も おこないます。

歯科
しか

歯(は)の 治療(ちりょう)を します

そのほか、耳鼻咽喉科(じび いんこうか)、皮膚科(ひふか)、産婦人科(さんふじんか)、泌尿器科(ひにょうきか)、精神科(せいしんか)、脳神経外科(のうしんけいげか)などが あります。

総合病院(そうごう びょういん)で どの診療科(しんりょうか)に いけばよいのか わからないときは、 症状(しょうじょう)を つたえて 受付(うけつけ)で 聞いて(きいて) ください。